2019年08月24日

体育館に入って来るなり・・・

治った、治ったぁ o(^-^o)(o^-^)o
聞いて、聞いて!!
治ったっちゃ(*≧∀≦*)

体育館の扉を開け、入ってくるなりしゃべりまくる。

6年生の、ナッツだ。
5月の県大会予選で腰痛を訴え、疲労骨折と診断され、安静を余儀なくされていたナッツだが、本日の練習前に病院に行き、お医者さんから、完治を知らされたとの事だった。

その事が、よほど嬉しかったのであろう。体育館に来るなり、挨拶もなしにはしゃぎまくっていた。

待ちに待った、エースのチーム復帰だ。
彼女のうれしそうな顔を見るだけで、こちらもとても嬉しい気持ちになった。

やっとの思いで勝ち取った県大会への出場権だったが、故障のため県大会のコートには立てなかったナッツだが、県大会のベンチから、頑張る仲間の姿を見て何か気がつく事があった様だ。

故障の間も、練習を休む事なく参加したナッツ。故障しててもできる練習に取り組んだり、ボール拾いや下級生のアドバイスなどを行ってきた。試合や練習試合では、スコアやサーブ成績などをに務め、そこから分かるアドバイスを仲間達にしていた。

故障して練習が出来なくても、チームのためにできる事がある。そんな想いで練習を休まなかったナッツだが、自分が故障している間のチームのサポートをしていて、彼女は多くの「気付き」があった。

・バレーボールが出来なくて悔しい気持ち
・自分がコートに立てない間に頑張る仲間達の姿
・自分が健康である事の幸せ
・ベンチでの監督やコーチの気持ち
そして、こんなにも自分はバレーボールが好きだったんだと言う事に気が付いたそうである。

故障の間、練習不足になってしまったが、この間に多くの気付きがあったことによる人間としての成長は大きい。
心の成長は、とても大切である。
得てして、健康なときは忘れてしまいがちだが、この貴重な体験をわすれない様にしてほしい。

怪我の再発防止に務めながら、復帰したエースの活躍を見守りたいと思う。
posted by 新田ジュニア H監 at 06:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月20日

夏の一日

8月も終盤にさしかかりましたが、まだまだ厳しい暑さが続いています。
夏休みも、もうすぐ終わり新学期も目の前です。
夏休みの暑い一日、練習に頑張りました。
夏休みお盆休み最終日と言う事もあり、数名休んだ娘がいましたが、
練習にきた娘達で暑い一日を乗り越えました。

課題であるボールの繋ぎと連続動作を集中的に練習。
まだまだ、課題は山積みですが、この夏確実に成長している娘達です。
その成長を試合中にしっかりかみ合わせられるかが今後の課題。
夏の練習の成果を次の試合で活かせるようにもう少し練習です。

今日この一日の頑張りが、確実に成長へと繋がっています。
実りの秋、しっかりと成果がでますように。
posted by 新田ジュニア H監 at 18:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

第39回全日本バレーボール小学生大会での出逢い

初めて、審判員として参加させていただいた
第39回全日本バレーボール小学生大会の中で、
自分の審判人生の中でも、大変貴重な出逢いをさせていただくことができた。

その出逢いとは、
身体に「脳性麻痺」と言うハンデを抱えながらも、
審判員として活動されている R氏 との出逢いである。

今大会、2日目の審判割り当てで、自分がファーストレフリーとして、
R氏 がセカンドレフリーとして組ませていただくことができた。

最初の正直な印象は、「大丈夫だろうか?」と言う心配な気持ちを受けたが、
いざ試合開始の吹笛をし、数回のラリーを経てその心配はすぐにかきけされた。
不自由であろう身体で、子供達のためにと、一生懸命ジャッジに努める R氏 の姿を審判台の上から見て、
心打たれた。
R氏 のレフリングに、勇気をもらい、試合が終る頃には、R氏から自分の未熟な審判技術を引き上げていただいた感覚になった。
そして、こんなに楽しく1試合を吹き終えれた事に、楽しささえ感じることができた。

身体にハンディを抱えているのだと言う目線で見る事は、失礼な事なのかもしれないが、
本当に、ただただ感動し、楽しさを感じることができたのだ。
R氏の、身体のハンディを感じさせないくらいの一生懸命さ・・・
それを想えば、自分の技術など、到底足元にも及ばない。
この、R氏との割り当てをいただけた事は、自分の審判生活の貴重な財産だ。

試合を終えて、連絡先の交換させていただき、少しお話をさせていただくことができた。
審判をはじめたきっかけや、経験年数なども教えていただき、貴重な話を沢山きかせていただいた。
R氏に比べたら、自分なんて本当にひよっこだ。

2日目の試合日程が終わり、最後にまたの再会を約束し握手をさせていただいた。
またどこかの会場で再会できたとき、自分も頑張ってきましたと胸を張って会えるよう、
これから先の審判活動を、またしっかりと頑張りたい。

R氏 に 負けない様に、自分も誰かに勇気を与えられるようなレフリーを目指して・・・


posted by 新田ジュニア H監 at 20:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

奥〇後 九電杯

東京から戻った翌日、奥〇後バレーボール連盟の主催する、

「九電杯」

に参加させていただいた。

奥〇後バレーボール連盟の自慢の大会である「九電杯」
地元豊後大野市三重町の九州電力様の協賛をいただいて開催されるこの大会だ。
バレーボールを頑張る子供のためにと、毎年協賛をいただける九州電力様に、
この場を借りて感謝申し上げます。
ありがとうございます。

DSC_0416.JPG

会場には、特設ブースが設けられ九州電力様のPRも行われていました。
開会式では、参加全チームにボールのプレゼント。
子供達のために、地域の方々が協力いただけることに本当に感謝です。

DSC_0414.JPG

開会式を終え、いよいよ試合。
キャプテン 〇流の抽選により会場を直〇中学校に移して
VS 直〇ジュニアさんとの対戦となりました。

自分と〇籐コーチが東京に行っている間、練習がほとんどできていない娘達。
合わせて、ミカサのNEWボールの扱いに戸惑い、サーブミスの連発。
個々のスキルUPは、僅かではありますが上がってきています。
ただ、そのあがってきている技術を繋ぎ合わせる事ができません・・・
繋ぎが命のバレーボールで、ここができない事はある意味致命的です。
レシーブが上がってもトスでつまづき、キレイなトスが上がっても、
得点に繋げられない。
得点に繋がらなければ、チームのリズムもあがらない。
第一セットを落としたものの第2セットは何とか取戻し、試合はフルセットになりましたが
及ばず、セットカウント2−1で初戦を落とします。
今大会は、トーナメント戦となっていたため、初戦敗退チームは、敗者トーナメントに駒を進めることとなりました。

敗者トーナメント第一試合 VS な〇せジュニアさん。
今年度、混成で活動されている な〇せジュニアさんとの対戦。
この試合でも、やはり繋ぎがうまくいかず、リズムに乗れません。
得点を得るために行うプレイが、全て失点につながってしまいます。
特に相手に攻撃された訳ではないのですが、こちらのミスで相手を勝たせてしまうような結果になってしまいました。
セットカウント 2−0
トーナメント戦のため、審判をして大会を終えました。
早い時間に終わってしまったため、ホームである新田小学校の体育館に戻って昼食をとってからの練習。
試合でみつけた課題克服のための練習を行いました。

練習の成果を試合で発揮するには、まだまだ時間がかかりそうですが、娘達は一生懸命頑張っています。
少しでも早い段階で、練習の成果を出せるように、繰り返し練習です。

次の試合に向けて、ただただ頑張るしかありません。
練習あるのみです。

posted by 新田ジュニア H監 at 22:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月11日

目標にしてきた大会への参加

第39回全日本バレーボール小学生大会に、運営役員として参加させていただきました。
まずもって、この様な大きな大会に参加させていただけたことに感謝です。

DSC_0412.JPG

大会期間中、審判員としてこの全国大会に携わらせていただきました。

バレーボールを指導する者として、娘達に正しいルールを教えなければならないとの想いから、
〇籐コーチと審判の勉強を始めました。
レフリーウエアに袖を通して審判台の上に立ったのが、4年前。
大分県大会や、全九州小学生大会大分県開催や、スポーツ少年団九州大会大分県開催、
スポーツ少年団全国大会大分県大会などの審判を経験し、今回の全国小学生大会への
審判参加でした。
大会を終えての感想は・・・

「力不足」
自分の審判としての知識不足、力不足を痛感しています。

この全国大会に臨むために、自分なりに練習を積んだつもりでいたのですが、
ただの自己満足でした。
ただ、ただ反省するばかりです・・・

自己評価をすれば、良い所はありませんでしたが
大会を通じて、多くの方たちとの出逢いがありました。
そして、審判員としても多くの学びと経験があったことは事実です。

子供達が気持ちよく試合ができるように、
大会運営にあたるスタッフ全てが一生懸命取り組んでいるこの様な大会に参加出来た事。
今後この経験をしっかり振り返って、自分のスキルアップにつなぎたいと思います。

そしてまた、しっかり自分の技術を上げるために頑張らねばなりません。
この夏の大きな経験を忘れずに、また一年間頑張ろうと思います。


posted by 新田ジュニア H監 at 20:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月09日

○藤コーチと二人で・・・

DSC_0410.JPG
○藤コーチと二人で、旅に来ています。
すごく貴重な体験をさせて頂ける事に感謝です。
詳しくは、後日のブログでUPしたいと思います。

沢山の経験、そしてこの旅の中で出逢えた方々に本当に感謝です。
posted by 新田ジュニア H監 at 00:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月05日

新田小学校で練習試合

DSC_0399.JPG
夏の暑い1日。
新田小学校の体育館にて練習試合を行った。
2チームでの、ガチンコ練習試合。
参加チームは、ZERO・○さん
目標とする大会に向けて、2チームで頑張りました。

予想していた程、暑くはならなかったものの、昼からの体育館の中は酷暑・・・
お昼からの一番温度が上がる時間を、コーディネーションリレーのトレーニングとし、暑い1日を乗り切りました。
練習の成果をどれ程実戦に活かせるかが今回の練習試合の焦点でしたが、まだまだ歯車の噛み合わないボール回しが続きます。
合格点をあげれる試合展開になるまでには、まだ時間がかかりそうです。
この夏の娘達の頑張りに期待です。

リレー練習では、仲間を応援する声や助け合って目標を達成する大切さを学ぶ場面が見られました。
バレーボールは、助け合いのスポーツ。
リレー練習での学びを、チームワークに取り入れる事が出来れば、チームの元気に繋がります。
元気いっぱいの子供らしいチームになってもらいたいものです。
子供達は、沢山経験する事で成長して行きます。

練習試合で沢山の経験と多くの友達を作ってくれるといいですね。

暑い夏の練習はまだまだ続きます。
参加していただいた、ZERO・○の子供達、指導者の方々、保護者の皆さんに感謝です。

機会がありましたら、また一緒に頑張りましょう!
posted by 新田ジュニア H監 at 23:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月02日

本当の夏がきた

DSC_0394.JPG
娘達は夏休みに入り、練習を頑張っています。
梅雨も明け、いよいよ夏本番。
各所で猛暑日が報告され、新田ジュニアの地元豊後大野市犬飼町でも、日中の最高気温の記録を更新しています。
夕方の時間帯と言えど、体育館の中は暑い。
そんな環境の中で、次回の大会に備えて力を蓄えている娘達です。
夏休み中の練習をしっかり取り組んで、夏休み明けには、できる事を増やせる様に、頑張ろうと思います。
少しずつ、成長している娘達。
次回の練習試合が楽しみです。
posted by 新田ジュニア H監 at 07:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする