2019年03月31日

キセキの出逢いと交流

以前より、インターネット上でお付き合いのある、宮城県のバレーボールチームとの交流試合が実現した。


第16回スポーツ少年団全国大会が3月28〜31日で開催される。
今年度の大会は大分県。

宮城県の予選を勝ち抜き、この大分県開催の全国大会へ宮城県の代表として出場を決めた
AngelSmile多〇城さんが大分県に来県される事になったのだ。

AngelSmile多〇城さんのホームページはコチラ→(https://www3.hp-ez.com/hp/tagajyo-jr/page1

以前からネット上でお付き合いのあるチームが大分県にやってくる。

練習試合で、いつもお世話になっている宮崎県の 「東〇少女バレーボールクラブ」の O監さんも
AngelSmile多〇城さんとネット上でのお付き合いがあり、AngeSmile多〇城さんが全国出場を決めてすぐに、
O監さんから、自分の所に連絡がはいった。

宮城から大分にやってくる AngelSmile多〇城さんと、東〇少女バレーボークラブさんと、新田ジュニアの3チームで
交流試合をやろうと言う提案だ。
O監さんの素晴らしい計画に、二つ返事で承諾。
すぐさま、交流試合の会場確保に動いた。
何とか、体育館を確保する事に成功。
交流試合の当日を楽しみにしながら、連絡を取り合い、その日を待った。

そして、いよいよ交流試合当日。
ネット上で繋がりはあるものの、遠く離れた東北で活躍するチームと実際に会って交流できることのキセキ・・・
インターネットが繋いだキセキの縁。
出逢いに感激である。
いつもパソコンの画面で見る人が自分の目の前に立っている。
まるで芸能人にでも会うかのような感激と興奮にみまわれた。

DSC_0284.JPG
DSC_0279.JPG

初めて会う オカン督様と多〇城の子供達。
初めましてだけど、初めましてではない何とも不思議な感覚でした。

挨拶を済ませて、子供達がアップをとる間、オカン督様と、O監さんと、〇籐コーチと4人で
数分ではありますが、お話をさせていただくことができました。
そして、ついに交流試合が実現。
宮城県のバレーボールってどんなだろう?
わくわくしながら、子供達の対戦を見ていましたが、バレーボールのルールが日本全国、いや全世界共通であるように
子供達が一生懸命がんばってボールを繋ぎプレイする姿は、宮城も宮崎も大分も変わりはないんだなと、
何だかうれしい気持ちになりました。
多〇城さんの、全国大会前の調整練習になったかはどうかは疑問ですが、思い出にのこる素敵な出会いが生まれ
素晴らしい交流ができたと思っています。
本当にありがとうございました。
12代目新田ジュニアの娘達である、夕〇 ・ 芽〇 ・ 〇胡 ・ 〇那 の4人にとっては新田ジュニア最後の活動となったのが
この、多〇城さんとの交流試合。
卒団した12代目の4人と、新田ジュニアの娘達にとって、大変良い思い出になりました。
そして、東〇少女バレーボールクラブのアミ組の子供達と会うのもこの日が最後となり、
自分にとって、とても感慨深い一日になりました。
参加していただいた、AngelSmile多〇城さん、東〇少女バレーボールクラブさん、ありがとうございました。
そして、平日にもかかわらず、この交流にご理解いただき協力してくれた新田ジュニア保護者会のみなさんに感謝いたします。
ありがとうございました。

この活動をもって、12代目新田ジュニアの4人の娘達の活動の全てを終了します。
この様なキセキの出逢いをもって、活動を締めくくれた事に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
本格的な新チームの始動は4月1日から。
13代目の娘達の活動にも頑張りたいと思います。

DSC_0295.JPG

posted by 新田ジュニア H監 at 21:06| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月25日

6年生を送る会

12代目新田ジュニアの娘達を、新田ジュニアから卒団させる日。
午前中、保護者会の企画で親子試合が行われた。
休日を子供達のために、親子試合に参加していただき、感謝いたします。

DSC_0273.JPG

新保護者会長さんの挨拶で、親子試合開始。
12代目新田ジュニア ・ 13代目新田ジュニア ・ 父チーム ・ 母チームの4チームで
1セットマッチの総当たり戦を行った。
ステージには、2年間の活動で12代目の娘達の獲得した楯やボールが見守る中、
楽しい親子試合の時間を過ごした。

DSC_0280.JPG

怪我もなく、無事楽しく親子バレーを終え、夕方からは
「6年生を送る会」を開催していただいた。
親子試合が終ったあと、「よーし、帰ってお風呂はいっておめかしして来いよー」と
体育館を出るときに、娘達に伝えていたが、
会が始まり、6年生が開場に入場してきた姿は、いつもバレーの練習や練習試合できていた
ピンクのパーカー姿。
DSC_0302.JPG

そして父・母も、いつも練習試合や試合で見せてくれていた応援着。

DSC_0305.JPG

6年生を送る会に、いわゆる 「正装」 で出席してくれた
卒団生とその保護者のみなさんでした。
自分にとってこの 「正装」 での参加はとてもうれしい事でした。

卒団生を送り出す、在団生による手作りの会。
12代目の娘達の2年間の活動を振り返る良い会となりました。
12代目の娘達らしい本当に笑顔いっぱいの送る会になりました。
12代目の4人の娘。
キャプテン 夕〇
副キャプテン 芽〇
セッター 〇胡
エースアタッカー 〇那

本当にお疲れ様。
そして、ありがとう。

そして、新田ジュニア保護者会を退会されるお父さん・お母さん、これまでの新田ジュニアへのご協力・娘達へのサポートありがとうございました。
大事な娘さんを、自分と出逢わせていただいたことに、この場を借りて感謝申し上げます。
ありがとうございました。

卒団おめでとう。
12代目新田ジュニア。

DSC_0297.JPG
DSC_0298.JPG
DSC_0299.JPG
DSC_0300.JPG
DSC_0306.JPG

posted by 新田ジュニア H監 at 15:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

6年生を送る会

本日、夕方から
12代目新田ジュニアの娘達の卒部式である、
「6年生を送る会」が執り行われる。
12代目の4人の娘達との活動を振り返り、しっかり次のカテゴリへと
送り出したい。
以下のブログに12代目の娘達とのジュニアバレーを振り返ってみたい。


posted by 新田ジュニア H監 at 09:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12代目新田ジュニア キャプテン 夕〇

平成26年 4月13日入部。
6代目新田ジュニア 未〇
10代目新田ジュニア 陽〇 の妹。

IMG_1334.JPG

いつも目標意識の高い夕〇でした。
そして、努力を惜しまない。
その姿がこの賞の受賞になったのでしょう。

20151012083943.jpg

3年生の時に上級生の中に入って出場した仏の里の大会で努力賞を受賞しました。
上級生不在であったため、5年生からキャプテンになった夕〇。
キャプテン就任の所信表明での大きな目標。
その言葉を目標に、努力し続けた夕〇です。

コートの中での自分との約束。
しっかり守り続けてくれた、自分の自慢のキャプテンです。
頑張る夕〇のおかげで、試合や練習試合の会場で他のチームの監督さんから沢山お褒めの言葉をいただくことができました。
夕〇が頑張る事で、監督である自分が褒めていただける。
夕〇に本当に感謝です。
目標を達成させてあげられなかった事。
本当に、ごめんなさい。
夕〇の大きな目標のおかげで、監督は沢山夢をみることができ、沢山頑張ることができました。
長い間のジュニアバレー、本当にお疲れ様。
監督と一緒にバレーボールをしてくれて、本当にありがとう。

DSC_0006.JPG

posted by 新田ジュニア H監 at 09:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12代目新田ジュニア 副キャプテン 芽〇

H26年10月20日入部。
バレーボールを始めたころは、こんなに長い髪の女の子でした。

IMG_1606.JPG
IMG_1503.JPG

2年間、副キャプテンとしてキャプテンをサポートし、チームを纏めてくれました。
いつもニコニコ笑顔の副キャプテン芽〇。
4人の娘の中では、一番感情豊かな娘ではなかったでしょうか。
12代目新田ジュニアは上級生が不在で、5年生チームで1年間、そして6年生になってからの一年間と、
2年間の活動をすることができてチームです。
5年生になってからの由布市の大会。
準優勝になって流した芽〇の涙は印象的でした。
練習では、出来るようになるためにはどうすればいいかと、常に工夫し
大人でも考え付かない様なひらめきで、課題を克服する芽〇でした。
そして、そのひらめきを他の仲間にも
「こうした方がやりやすいよ。」
と教えてあげれる優しいココロの持ち主でした。
そのひらめきと工夫する努力、そしてその優しいココロと笑顔はずっと持ち続けてほしいと思います。
長い間のジュニアバレーお疲れ様。
そして、監督とバレーボールをしてくれて本当にありがとう。

posted by 新田ジュニア H監 at 09:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12代目新田ジュニア セッター 〇胡

平成27年 3月14日入部。
12代目の4人の中で一番遅い入部でした。

IMG_1977.JPG
IMG_2074.JPG

入部当時の身長は117p。
小柄な〇胡が希望してポジションはセッターでした。
バレーボール以外でのお勉強にも頑張る〇胡。
5年生の時には英語塾にも通頑張っていました。
木曜の練習時間が、英語塾の時間とかぶってしまい、木曜の練習は一時間遅れての参加。
他の人より少ない練習時間の中で、しっかり努力し頑張ってきた〇胡です。
セッターへの技術要求は高く、練習の中でも〇胡は人一倍怒鳴られながら練習をしてきました。
セッターとして試合に出場するようになった時の身長は128p。
地元奥〇後加入チームおセッターの中では、最小でした。
6年生の時のスポ少全国予選。悔しい悔しい敗戦でした。
その敗戦のショックを乗り越え、奥〇後最後の大会では、九州大会出場チームを下し
優勝。
随所に見せた〇胡のトスアップ。
奥〇後最小・最強セッターに成長した〇胡でした。
自分の叱咤にも、負けることなく頑張ってくれた〇胡。
長い間のジュニアバ本当にお疲れ様。
監督とバレーボールをしてくれて、本当にありがとう。

posted by 新田ジュニア H監 at 08:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12代目 エースアタッカー 〇那

6代目新田ジュニア 那〇の妹。
姉と一緒にH26年5月8日入部。

IMG_1158.JPG

姉と同様に恵まれた体格であった〇那。
恵まれた体だけではなく、しっかり努力し上達し続けた〇那でした。
いつもきれいにまとめられたバレーノート。
自分の目標や、試合練習での反省点など多くの事が書かれていました。

IMG_1332.JPG

バレーボールを始めたばかりの頃は、まだまだあどけなさが残っていましたが、
今では、姿もココロもしっかりバレーボール選手として成長しました。
〇那のおかげで、多くの人と出逢い多くの夢を見る事ができました。
バレーノートに書き続けていた目標。
「人の気持ちを考えれる人になる!」
しっかりひとの気落ちを考えれる様になれたかな?
これから先、〇那のバレーボール人生がどのようになって行くのか楽しみです。
中学校での活躍、そして今後の活躍を期待します。
監督と一緒にバレーボールをしてくれて本当にありがとう。
新田ジュニア卒団、おめでとう。



posted by 新田ジュニア H監 at 08:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

H30年度 奥豊後バレーボール連盟総会

DSC_0275.JPG
H30年度の奥豊後小学生バレーボール連盟の年度末総会が、大野町週末居酒屋「どーも」にて開催された。今年一年間の事業報告及び、会計報告を行い、新年度に向けての方針を話しあった。
役員改正もあり、新体制で動き始める来年度の奥豊後バレーボール連盟の取り組みに期待したい。

総会資料の表紙に掲げられたスローガン。

「奥豊後から、再び全国へ!!」
大きな目標を達成出来るように頑張りたい。

今後ますます賑わう、奥豊後小学生バレーボール連盟である。
posted by 新田ジュニア H監 at 22:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月19日

三重体育館で練習試合

三重体育館にて、練習試合を行った。
東〇少女バレーボールクラブさんと2チームでのガチンコ練習試合。
いつもであれば、来る大会に向けてのスキルアップ、レベルアップのための練習試合・・・と言う事になるのだが
今回の練習試合の趣旨は、いつもの練習試合の趣旨とちょっと違う。
と、言うのも、今月末に大分県でスポーツ少年団小学生バレーボールの全国大会が開催されるのだが、
その全国大会に、かねてよりインターネット上でお付き合いのあった、宮城県のエンジェルスマイル多〇城さんが、
宮城県予選を制し、スポーツ少年団全国大会への出場を決めた。
エンジェルスマイル多〇城さんが大分県に来県。全国大会本選を前に、交流試合を行えることとなった。
東〇少女バレーボールクラブの O監さんも、ネット上で多〇城さんとのお付き合いがあり、
これは、是非3チームで交流を持てる機会を作ろうと言う事で、今回の交流試合の企画となった。

その、交流試合に向けて東〇少女バレーボールクラブさんと新田ジュニアで、宮城県対策のための練習試合。
6年生チームは、交流試合に向けての練習を。
新チームは、次の試合に向けての練習を、一日しっかり頑張った。

東〇の O監さんと、「宮城県のバレーボールってどんなじゃろうね〜」
と話しながら、わくわくしながら練習試合を行った。
この交流試合のおかげで、本来であれば6年生は練習に参加しても下級生のためのサポートを行っている時期であるはずなのに、
ガッツリ一日練習を行う事が出来る。
監督である自分も、この時季は卒団を控えた6年生の顔を見ながら、「もう少しこの娘達と、バレーボールをしていたいなぁ」と言う気持ちを抑えつつ、新チームの練習を行っている時期なのだが、交流試合のおかげで今年はその「もう少し」が出来ている。
ありがたい事だ。

そして、この偶然とは思えないネット上でのお付き合いから、交流試合への繋がり。
47年に一度しかない大分県でのスポーツ少年団バレーボール全国大会の開催のタイミングに、
本来出逢う事はなかったであろう、遠く離れた宮城県のネットで繋がりをもったチームがやってくるのだから
すごいめぐり合わせとしか言いようがない。
月末の交流試合が楽しみである。

新チームの13代目新田ジュニアの娘達も、来る宮崎県北・大分県南交流腕試し大会に向けてしっかり練習をがんばった。
新メンバーの加入で、13代目の娘達のチームカラーが少しだけ色付いてきた。
大会名の通り、どこまで出来るか腕試しである。

一日鍛えていただいた東〇少女バレーボールクラブさん
ありがとうございました。

DSC_0267.JPG


posted by 新田ジュニア H監 at 21:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

中学校への繋ぎ

12代目新田ジュニアの活動の仕上げとして、中学校との交流試合を行った。
12代目の娘達が中学校に上がって、少しでも部活動にスムーズに入って行ければと、
中学校の顧問の先生にお願いし、コートとネットは中学校の規格で、ボールのみ軽量4号球を
使用しての変則の交流試合を申し入れた。
快く交流試合をうけいれてくださった、顧問の先生に感謝である。
年度末の忙しい合間をぬって、時間をつくっていただいた。
本当にありがとうございました。
顧問の先生に、12代目の娘達を紹介し引き合わせることができた。
交流試合では、最後の大会を終え緩んだ気持ちを締めることができず、結果として
中学生の練習を邪魔するような形になってしまった。
ジュニアバレーの終わりを迎えてしまった娘達の気持ちを、ネットを挟んで戦う選手の気持ちにさせれなかったことを
残念に思う。
この取組を行った事が良かったのか悪かったのか・・・
疑問の残るところではあるが、しっかり反省して今後に繋げたい。
小・中の連携と、子供のやる気のココロを作ることの難しさ・・・
まだまだ、勉強不足だな。
posted by 新田ジュニア H監 at 21:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月15日

卒業式準備で・・・

3月12日〜22日までの間、新田小学校の体育館が卒団式準備のため使用できない。毎年気の時期に練習会場の確保に苦労する。
今年は運良く、スムーズに会場を確保する事ができた。
場所は、三重体育館。
旧勤労者体育館と言われるこの体育館は、自分が血と汗と涙を流し、バレーボールの練習に励んだ体育館だ。
懐かしさにひたりながら、娘達との練習に励んだ。
さっそく、新チームの試合も予定されている。
練習をしっかり頑張りたい。
posted by 新田ジュニア H監 at 12:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

3・11

あの、未曽有の大災害から、8年。
8年と言う歳月が流れたにも関わらず、いまだに2500人以上の方の行方が分からないままだそうです。
復興は進んでいるとはいえ、まだまだ不自由な暮らしをされている方たちが、多くいらっしゃるのでしょうね。
亡くなった方たちのご冥福と、被災地の復興をただただ、祈るばかりです。
8年前のこの日に起こった事は決して忘れてはいけない。
自分になにができるのかと言われたら、力になれるような事はないのかもしれませんが、
地域の消防団活動や、防災士の資格取得などで自分の出来る事を取り組んでいるつもりです。
自然災害に対しての恐怖と、人間の無力さを熊本・大分地震で思い知らされました。
過去の災害を忘れることなく、教訓を次の世代にのこすために何ができるか?
この日をきっかけに考えていきたいと思います。
posted by 新田ジュニア H監 at 21:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

平成30年度 スポーツ少年団 卒団式

平成最後となる スポーツ少年団卒団式が、緒方中学校体育館にて開催された。
12代目新田ジュニアの6年生4人も、本日をもってスポーツ少年団を卒団した。
平成最後の卒団式。
12代目の娘達を送り出すこの卒団式に、指導者代表激励の言葉を
スポーツ少年団の指導者を代表して、新田ジュニアのコーチである〇籐コーチが行った。
12代目の娘達を送り出す卒団式に新田ジュニアのコートが挨拶。
感慨深いものを感じた。
12代目の娘達との行事が、ひとつづつ終わって行く。
新田ジュニアからの卒団も、もうじきである。

line_343647654155417.jpg

posted by 新田ジュニア H監 at 21:02| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

新チーム始動 〜13代目新田ジュニア〜

DSC_0254.JPG
6年生お別れ大会翌日、チームを新チームに切り替え練習を開始した。
13代目新田ジュニアの活動がいよいよ始まった。

13代目新田ジュニア 新キャプテンには、◯流

13代目新田ジュニア 新副キャプテンには、ナッツ

を任命した。

二人の新6年生が、13代目新田ジュニアにどんなドラマをもたらし、どのような色にチームを染めてくれるのか。
一年間の活動が楽しみです。
新チームのスタートとともに、二人の新6年生は一歩一歩卒団へのカウントダウンが始まった事になります。
一年後、12代目新田ジュニアの娘達の様に、コートの中に忘れ物をする事なく、卒団させれる様に、我々指導者もがんばらなければなりません。

出来ない事満載の下級生達のスキルアップが緊急の課題。
徹底的に基礎練習あるのみです。
posted by 新田ジュニア H監 at 21:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月06日

6年生お別れ大会 〜決勝トーナメント〜

竹田南部小学校での午前中の予選を一位通過。
一位トーナメントが行われる竹田小学校へ移動しての昼食。
自分と〇籐コーチは、予選の試合結果の集計を頼まれ、遅れて会場移動。
先に移動していた娘達は、昼食を済ませて準備万端整っていた。

すぐに監督会議に出席し、午後からの決勝トーナメントは、組合せ再抽選。

line_139700897165144.jpg

12代目キャプテン 夕〇が引き当てたのは、シード枠を外しての、VS 竹〇ジュニアさんとの対戦となった。
決勝トーナメント初戦。
スタートから、ファーストサーバー芽〇のサーブが走る。
連続9得点。
セカンドサーバーの〇胡もサーブが走り、連続7得点を挙げる。
出だし好調で第一セットを、21−6でとった。

続く第2セット
相手の甘いサーブがコチラのコートに入る。
サーブレシーブをきっちり行い、超高速のBクイックが決まる。
〇胡と、〇那の超高速Bクイック。
最後の大会で、過去最高最速のBクイックを見せてくれた。
会場がどよめくほど、見事に決まったBクイックに、ベンチで〇籐コーチと雄叫びをあげた。
完全に流を掴み、今度はキャプテン 夕〇が連続12ポイントをサーブで上げる。
途中、竹〇ジュニアのキャプテンにアクシデント。
ネット際で、足をひねった様に見えた。
一時ゲームが中断するも、リズムを乱すことなく
21−7で第2セットをとり、決勝トーナメント初戦をとった。

審判を挟んでの、準決勝 VS 千〇ジュニアさん
公式戦では、いまだ負けなし。
ここで土を踏むわけにはいかない。
気持ちを引き締めて試合の臨んだ。
千〇ジュニアの子供達は、チーム立ち上げ当初から見てきた。
一緒に練習し、一緒に頑張ってきた自分にとっては、想い入れの深い子供達だ。
千〇ジュニアの子供達と出逢った当初は、まだ皆髪が長かった。
バレーボールと言うスポーツと出逢い、外見も内面も、本当にバレーボール選手として成長を遂げた千〇ジュニアの子供達との
最後の闘い。ひとつの試合の中でいろんな想いが頭をよぎった。
ネットの向こうでプレイする相手チームの子供も応援したくなる試合だった。
21−13
21−13
準決勝をとった。

試合終了後、千〇ジュニアの子供達が挨拶に来てくれた。
お疲れ様。と挨拶を交わす。
中学校での活躍を約束し、握手を交わした。

ついに上ったトーナメントの山。
決勝は津〇見ジュニアさん。
今年度、奥豊後の大会で何度も対戦し、県の大会でも戦ってきた。
練習試合も一緒に頑張ってきたチームとの決勝戦。
プロトコール前、娘達を座らせ最後の試合のコートに送り出す言葉をかけた。

line_139716198457794.jpg

副キャプテン 芽〇の闘志に満ちた顔が頼もしく思えた。
決勝戦で戦い方を変えたかったので娘達には、点差が離れていない時のサーブミスやスパイクミスは絶対に気にしない事と指示を出し、コートに送り出した。ファーストサーバー芽〇が、ストレートサーブを打ち込んで行く。
2番手の〇胡も、申し合わせたかの様に、ストレートサーブ。
この二人のストレートサーブで、良いリズムで試合を進めていくことができた。
離されることなく、リードする展開で試合が進んでいたがサーブレシーブが乱れる。
たまらず、タイムアウトを要求。
相手サーブの特徴を言い聞かせ、対処させる。
なんとか踏ん張るが、再度離される。
2回目のタイムアウトを要求し、1セット目を捨てる指示を出す。
気持ちが落ち込むより、いっそ2セット目から仕切りなおした方が良いと思ったからだ。
ただ、逆転する努力だけはする事を約束しコートへ。
流れがこちらにきそうになるが、つかみきれず14−21で第一セットを落とした。

チェンジコートを終えベンチにもどった娘達の表情は、よし、仕切りなおすぞ!と言う感じの良い表情をしていた。
ここで終わってはいけない。1セットでも多くみんなで試合をしようと約束し、2セット目のコートへ。
ファーストサーバーの芽〇がサーブで得点。スパイクでも得点を上げガッツポーズを見せた。
相手のサーバーが、過去の対戦経験から、ナッツを狙ってサーブを打ってきたが、大会前にナッツとしっかりサーブレシーブの練習をしてきた。
乱されることなく、こちらの攻撃となる。つかんだ試合の流れを離すことなく、21−18で第2セットをとった。

フルセットの決勝戦。
泣いても笑っても最後のセットだ。
約束通り、1セット多く試合が出来るな。
娘達にそう言うと、顔を見合わせ 「ニヤリ」
やってやるぞ!と言わんばかりの笑顔をみせた。
セット間で娘達に、いろいろな話をした。
長い長いセット間に感じた。
絶対にあきらめないキャプテンと副キャプテンの存在。
奥豊後最小・最強セッターの存在。
そして、県内トップレベルのエースの存在。
やることはいつもと同じ。
8点先取の指示を出し、コートの送り出す。

line_139728967519821.jpg

試合を動かしたのは、〇那のサーブだった。
決勝戦までの間、選手交代で〇那を2度コートに出した。
これから先、〇那のバレーボール人生の中で、交代でコートに出ることはおそらく無いだろう。
試合に出ない人の気持ちを知ってほしかったのと、ベンチにさがった時に、自分のリズムを自分のプレイで作ることを言い聞かせていた。
連続7ポイントを上げる。
相手キャプテンのスパイクも、芽〇 ・ 〇流がしっかりレシーブを受け何度も何度も上げた。
上げたボールをみんなで繋ぎ、攻撃して得点を重ねた。
相手に試合の流れが行きそうになった場面。
コチラのレシーブが、大きくネットを越えそうになった。相手スパイカーのダイレクト攻撃。
打たれたボールをセッター〇胡が片手で執念のブロック。
これがポイントとなった。
離れそうになった試合の流れを引き戻し、一気に得点を重ねる。

そして、
最後のホイッスルがなった。
15−7

フルセットの末、津〇見を破り、見事最後の大会で優勝を遂げた。

コートになだれ込むベンチの下級生達。
抱き合ってうれし泣きする娘達。
本当に本当に良くやった。
挨拶終え、自分の元に集まった娘達。
12代目の4人の娘達と、お疲れ様の握手を交わした。
色んな事があった12代目の4人の娘達との2年間。
この4人から、沢山の夢をもらった。
表彰式での最高の笑顔

line_139730039426643.jpg
line_139732157769038.jpg

夕〇 ・ 芽〇 ・ 〇胡 ・ 〇那
優勝おめでとう。
本当に本当に良く頑張った。
教えた事をすべて出し尽くしての優勝。

最高の最高の一日でした。

line_139697909337020.jpg

沢山の人達から祝福の言葉をいただきました。
バレーボールの終わりを惜しむかの様に、いつまでも体育館で話す娘達。
ライバルチームの子供達とも記念撮影。

line_139694803837959.jpg

バレーボールを通じて多くの人と出逢い、多くの仲間ができました。
近い将来、同じチームメイトとして、同じコートに立つ日が来るかもしれませんね。
お互いに、その時まで頑張ってほしいと思います。
ずっとずっと話していたい・・・なごり惜しい気持ちでいっぱいでした。

そして、体育館に挨拶。
12代目キャプテン 夕〇の最後の号令が響きわたりました。
line_139692857462282.jpg


posted by 新田ジュニア H監 at 22:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

6年生お別れ大会 〜予選リーグ〜

12代目新田ジュニアの娘達との最後の大会の朝を迎えた。
6:30新田小学校集合。
いつも通り体育館でアップを済ませ、皆で朝食をとる。
最後の試合前に、ホームの体育館で練習をとり、送りだせる事をうれしく思う。

8:15の代表者会議にあわせて会場入り。
着時間が遅く、受付順の組み合わせは空き枠の残っている場所。
Cパートにて、大◯ジュニアさんと湯◯院ジュニアさんとの対戦となった。

開会式終了後、予選会場である竹田南部小学校へ会場移動。
審判を終えてからの予選第一試合。
VS 湯◯院ジュニアさん。
大型エースのいるチームとの初戦だ。
緊張感の中、いよいよ始まった6年生最後の大会。
お互いの手の内を探りあうように、静かに試合が進んでいるような感じがした。
抜け出したのはこちら。
6年生の◯胡のサーブが走る。

「サービスエースをとるサーブは他の人に任せて、私は私の長所を活かしたサーブを打つ!
ノートに書いた言葉の通り、相手のサーブレシーブを乱す。
チャンスボールが返って来たところで、◯流がカットを入れる。
走り込んだナッツにあわせて、◯胡がAクイックを使う。
これが、強烈に相手コートに突き刺さった。完全にこちらのペース。21-15で第1セットをとる。
続く第2セット。
このセットも、◯胡とナッツのコンビが決まり、Aクイックが面白い様に決まる。
ブロックにつく暇を与えないスピード感抜群のAクイック。
練習したこと以上の力を発揮してくれた。
21-15でこのセットもとり、初戦を快勝で終えた。

連続で次の試合となり、予選第2試合
VS 大◯ジュニアさん
この試合でも、ナッツと◯胡のコンビが合う。
ほぼ完璧なタイミングでのAクイック。
良いテンポで第一セットをとる。

第一セットを獲った油断からか、第2セット出だしのテンポが悪い。
サーブレシーブの乱れから相手リードで試合が進む。
試合中盤で、ブロックのワンタッチの判定を受ける。
タッチしていないとアピールするも認められず・・・
先日の3学期大会でのリズムの乱れが頭をよぎる。
コートの中の勢いが失速・・・
相手に大量リードを奪われる。
最後の大会で、前回と同じ失敗をさせる訳には行かない。タ
イムアウトを要求仕立て直しを図る。
娘達も、何とか踏みとどまろうとしているのは分かったが、娘達にもこの前の試合のリズムの乱れのトラウマがあるのだろう。
同じ失敗をせぬよう言い聞かせコートに送り出す。

キャプテン の夕◯と、副キャプテンの 芽◯が、チームを盛り上げようと頑張っているのが良くわかった。
特に、副キャプテン 芽〇の表情と声掛けは前回の試合と明らかに違っていた。
芽〇の表情を見ていると、大丈夫と思えた。
その芽〇の努力が、伝わったのか◯胡がサーブで追い上げを見せるも一歩及ばず。
19-21で第2セットを落とした。

狂った歯車を、自分達で元に戻す努力をする事と8点先取りの目標を持たせて3セット目のコートに送り出す。
ファーストサーバーの副キャプテン 芽◯が気迫のサーブを打つ。
サーブ女王が復活の狼煙を上げた。
サーブが走る。
連続得点をあげ、完全試合が頭をよぎる。皆で芽◯のサーブを守れと声をかける。
最後にどうしてもとらせたかった完全試合。
相手の返球をレシーブ。セッター◯胡が選択したトスはバックトス。走り込んだ芽◯が渾身のスパイクを打つが、これがまさかのドシャット・・・
残念ながら自分でサーブを止めてしまう結果となったが、これは仕方がない。
けれどもチームは、しっかり流れを掴み15-4で3セット目をとった。

第2試合で1セット落とした事が心配されたが、何とか予選を1位で通過。
決勝トーナメントが行われる竹田小学校へ会場移動となった。
posted by 新田ジュニア H監 at 22:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月04日

奥〇後 6年生お別れ大会

12代目新田ジュニアの娘達の最後の大会となる
「奥〇後 6年生お別れ大会」 が竹田市内小学校を会場に開催された。

夕〇 ・ 芽〇 ・ 〇胡 ・ 〇那
4人の6年生達との最後の試合が終りました。
彼女達4人の小学生バレーボールの最後の大会。
新田ジュニアで、学んだバレーボールの全てを出し尽くし、
最後の大会を見事優勝で終える事ができました。

1試合でも多く、1セットでも長く、1秒でも長く、みんなで一緒に試合をしようと挑んだ最後の大会。
決勝戦はフルセット。
誓った通り、長くバレーボールを一緒にすることができました。


line_139697181830458.jpg

娘達の活躍は後日のブログでお伝えする事として、
今はただただ、頑張った子供達を褒めたいと思います。
最後の大会に全力を出そうと、頑張った6年生。
「6年生を絶対勝たせよう」
と、自分の力の全てを6年生の為に使った5年生。
そして、4年生以下の娘達も全員、ピンチサーバーとして6年生の為に全力でサーブを打ち込みました。
コートの中もベンチも、お父さん・お母さんたちの応援席もチーム一丸となって戦った最後の大会でした。
優勝を決めた瞬間、ベンチから飛び出す下級生達。
抱き合って、みんなでうれし泣き。

この12代目の4人は、5年生チームとしての一年間の活動と6年生になってからの一年間の活動
2年越しのチームでした。
12代目の娘達には、沢山悔しい想いをさせてきました。
なかなか優勝と言う気分を味あわさせてあげることができず、準優勝で大会を終え幾度となく悔しい想いをさせてきた娘達でした。
そんな悔しい想いを乗り越えて、最後の最後に大きな花を咲かせてくれた娘達。
この12代目の娘達は、2年間の活動でライバルチームからも沢山のものをいただきました。
〇岐UMEさんからもらった試合前コール。
昨日の最後の大会でも、大声で声をかけ、コートの中に走りこんでいました。
東〇少女バレーボールクラブさんからもらった、AクイックとBクイック。
昨日の試合では、今まで見たことのない様なAクイックが強烈に決まり、超高速のBクイックがブロックを振り切り
強烈にコートに突き刺さりました。
自分の教えをすべて出し切り、優勝をつかみとった娘達に多くの感動をもらいました。

line_139697909337020.jpg

夕〇 ・ 芽〇 ・ 〇胡 ・ 〇那 ありがとう。
そして、小学生バレーお疲れ様でした。
この4人にコートの中に忘れ物をさせずに最後の大会を終えさせることができて本当に良かった。

沢山沢山怒鳴られて、キツイ練習も沢山して、悔し涙もいっぱい流したけど
「最後の大会はうれし泣きで終わりたい」とノートに書いていた言葉の通り、有言実行できて良かったね。
明日からは、もう怒鳴られる事はありません。
残りの卒団までの時間、後輩のサポート・指導をよろしくお願いします。

子供達が頑張ることで、そこから多くの事を教えられます。
子供達の頑張りが、自分を指導者にしてくれているのだと言う事を改めて感じさせられました。
自分の行っている事を正解にしてくれているのは、子供達の頑張りなんですね。
頑張った娘達に、本当に感謝です。

幸い、もう少しだけ12代目の娘達と活動できそうです。
思い出を沢山のこして、次のカテゴリに繋げたいと思います。

夕〇 ・ 芽〇 ・ 〇胡 ・ 〇那
本当にお疲れ様。
優勝おめでとう。

そして

監督と一緒にバレーボールをしてくれて、本当にありがとう。

line_139694223769678.jpg

line_139695597258375.jpg

posted by 新田ジュニア H監 at 23:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月02日

最後の練習

本日、午前中に12代目新田ジュニアの4人の娘達の最後の練習を終えた。
明日は、奥◯後6年生お別れ大会。
12代目新田ジュニアの4人の娘達の最後の試合だ。
ジュニアのコートに忘れ物をさせない様にチーム一丸で頑張りたい。
posted by 新田ジュニア H監 at 13:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする