2016年12月31日

2016年を振り返って

今年も後数時間で終わりを迎えようとしています。

今年も、あっと言う間の一年でした。
先代の9代目新田ジュニアの娘達を、最後の試合で準優勝と言う形で送り出し、悔しさの残る形で活動を終えた3月。

4月からの新チーム10代目新田ジュニアのスタート。
先代の9代目の娘達に比べると小柄な体型の10代目の娘達。

どうなる事かと走り始めた10代目のスタートでしたが、今年のチームもまた多くの感動と勇気を与えてくれました。

4月の奥〇後交流大会でのキャプテン〇菜の選手宣誓から始まり、
新チームの腕試しとなる「さんふらわぁ杯」では、5位パートではありましたが、劇的な優勝を勝ち取り、副賞である
さんふらわぁー無料乗船券をGETしました。


連戦が予定されていた4月でしたが、突然の大地震に見舞われ大会延期となった未来杯。
自然災害の恐ろしさを体験しました。

夏のローカル大会、白丹温泉杯では湯〇院ジュニアさんとの激闘の末優勝。
第3回となった奥〇後天童杯では、見事銅メダルGETと頑張る娘達から沢山の活動をもらえた1年であったと思います。

自身の反省としては、指導力の無さゆえに娘達に満足な結果を残す試合をさせられず、お叱りを受けたこともありました。
また、ずっとずっと良き関係でいられるはずであったライバルチームの消滅・・・
指導以外にも、審判員としての挑戦の取り組みと新しい活動にも挑むことができ、多くの体験のあった年であったと思います。

残り数時間で今年も終わってしまいますが、娘達に大きな怪我もなく、新田ジュニアがいろんな活動に取り組めたのは、
娘達のために貴重な休日もご協力いただいた保護者のみなさんのおかげだと感謝いたしております。

また、沢山のタイトルも取らせていただけたのは、新田ジュニアを鍛えてくださったライバルチームの子供達・指導者の方々・関係チームの保護者のみなさんのご協力のたまものだと、この場を借りて感謝申し上げます。

大変お世話になりありがとうございました。

新しい年も、今年以上に未来ある子供達のためにジュニアバレーボールの活動に精進したいと思います。

今年一年、新田ジュニアに関わった全ての方たちに良い年の訪れのある事を願って、2016年のブログを閉じたいと思います。
ジュニアバレーの活動は人と人との出逢いであると感じるこの頃です。

新田ジュニアと出逢った方々に良い年が訪れますように!
一年間、ありがとうございました!!
posted by 新田ジュニア H監 at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

2016年 練習納め

本日が、2016年新田ジュニアの練習納めとなりました。
4月からの新チーム移行。
10代目新田ジュニアの活動をはじめて、あっと言う間に歳の瀬を迎え、月日の経過の速さを身に染みて感じています。

朝9:00集合
いつも通りの元気な挨拶に始まり小一時間ほど練習を行いました。

DSC_0009.JPG

長期の休みは、娘達からバレーボール感覚を簡単に奪ってしまいます・・・
過去の経験から、長期の休みの間隔をできるだけ開けない。
「一日休めば、感覚を取りもどすのに、3日かかる」
恩師の教えでもあります。
お正月の間の自主練習。頑張っておいてほしい娘たちです。

練習終了後は、恒例の体育館の年末大掃除。
一年間、怪我もなく練習を行えたことに感謝し、体育館の掃除を行いました。

更衣室の掃除トイレ掃除
娘達を守ってくれた体育館の神様に感謝です。

DSC_0011.JPG

玄関は体育館の顔。
皆でキレイに掃除です。

DSC_0015.JPG
DSC_0013.JPG
マットのホコリもキレイに払いました。

そして体育館のホコリを払い、フロアのモップ掛け
DSC_0010.JPG

そして皆で床をぴかぴかに磨き上げました。

DSC_0016.JPG
DSC_0022.JPG
DSC_0018.JPG

仕上げは、全員で雑巾がけ競争!
新田ジュニア雑巾がけダービー2016です。

DSC_0028.JPG

出走馬はこんな感じ。

最後にボール磨きをおえて2016年の練習を納めました。

DSC_0026.JPG

今年も沢山のバレーボールに頑張った娘達。
新しい年が娘達にとって良い年になることを願ってやみません。

活動の統括は後日のブログで伝える事にして、練習の無い年の移り変わりに
今年の活動を振り返り、新しい年の活動に備えたいと思います。

また、今年一年、10代目新田ジュニアを鍛えていただいたライバルチームのみな様方に、
この場をかりてお礼申し上げます。

ありがとうございました。



posted by 新田ジュニア H監 at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

○藤コーチの誕生日

練習日と〇藤コーチの誕生日が重なった。


いつも娘達の誕生日を手作りサータアンダギィーで祝ってくれる〇藤コーチ。
今日は、反対に娘達から誕生日を祝ってもらった。


自分が祝ってもらった時の気持ちが嬉しいからこそ、他人を祝ってあげたいと思うものである。
どんな高価なものよりも、人の気持ち(愛情)のこもった物程、うれしいものはないと自分は思います。
人の愛を感じられるからこそ、幸せな気持ちに包まれるのだと思うのです。


人の気持ちを感じられる人間に娘達がなってほしい。
〇籐コーチのアンダギィーには、そんな想いがこめられているのだと思います。

バレーボールは、相手を思いやる心が本当に必要なスポーツだと思います。
〇藤コーチの愛情が娘達にたくさん広がってくれる事を祈ります。


誕生日おめでとうございます!
〇藤コーチ!

未来ある子供達のために、また一緒に頑張りましょう!

DSC_0007.JPG
posted by 新田ジュニア H監 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

新チームの絆

大友宗麟杯終了後、年明けの5年生大会に向けて新チームを始動させた新田ジュニア。
今、まさに5年生大会に向けて猛特訓中です。

ネットを挟んで、相手コートの対戦相手を倒すため攻撃を仕掛けるバレーボールと言うスポーツ。
ネットの向こう側の相手からの攻撃から逃げては、試合に勝利することはできません。

強烈なスパイクに向かって行きレシーブしなければ、コチラに攻撃のチャンスは生まれません。
ピンチの時に折れそうなココロを奮い立たせることが出来なければ、ボールに向かっていくことはできないのです。

新チーム切り替えまでは、なかなか試合に出る事がなかった下級生達ですが、いよいよ世代交代。
コートの中に立つ時がいよいよやってきました。

いくら小学生バレーボーラーと言えど、コートに立つ!と言う事は、それなりの責任と覚悟が必要で、コートに立つ資格は大人でも子供でも同じ事だと自分は思います。

キツイ練習は嫌いだけど、試合には出たい・・・では、ただのわがままです。
コートに立つ以上は、どんなことがあろうと、仲間達と頑張る!
そんな、意思をもってほしいとの想いから、少し意地悪な練習をしています。

その指導に、今日も涙を見せた娘がいました。
その娘だけに課した、トレーニング。
その娘は涙を理由に立ち止まろうとしました。

その時です。
他の娘達が、一斉にその娘の周りに駆け寄りその娘に課したトレーニングを皆で一緒にこなしたのです。
「頑張れ!頑張れ!」と周りの娘達に励まされながら、涙していた娘はトレーニングをやり終えました。

11代目新田ジュニアも大丈夫!
そう思えた瞬間でした。

キツイ事、嫌な事、辛い事から逃げ出したい・・・
そんな想いは大人にでもあるもので、成長過程の子供なら当たり前の事でしょう。
しかしながら、そんな成長過程の子供達に、逃げていてもだめなんだと気がついてもらいたい。
弱いココロに打ち勝てる、ピンチの時を乗り越えれる強いココロを持ってほしい。
素晴らしい仲間に囲まれて、その中に自分がいる事に気がついてもらいたいと思います。

5年生大会に向けて、娘達の気持ちをワンランク上に引き上げたいと思います。

熱いココロを持ったバレーボーラーになってもらいたい!
頑張れ!11代目新田ジュニアの娘達!!

頑張ろう!真〇乃!!

posted by 新田ジュニア H監 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

年末親子試合 2016

毎年恒例となった年末親子試合。
今年も忘年会翌日の開催となりました。

毎年、OGに親子試合開催のお知らせのハガキを送り、参加を呼び掛けています。
今年も数名のOG達が新田小学校の体育館に戻ってきてくれました。

お父さん ・ お母さん方も、今日は子供達に負けじとハッスルしていただきました。

懐かしいOG達の顔ぶれ。
お父さん ・ お母さんたちのハッスルプレー

楽しさ溢れる新田小学校の体育館となりました。

チーム編成は以下の通りです。

DSC_0013.JPG
父チーム

DSC_0009.JPG
母チーム

DSC_0008.JPG
2代目新田ジュニア 〜 7代目新田ジュニア

DSC_0007.JPG
9代目新田ジュニア

そして、10代目新田ジュニアと11代目新田ジュニアの娘達。

OG参加は、
2代目新田ジュニア  玲〇 ・ 愛〇
4代目新田ジュニア副キャプテン 〇美
5代目新田ジュニア副キャプテン 弥〇
6代目新田ジュニア副キャプテン 結〇 ・ セッター果〇
7代目新田ジュニアキャプテン あ〇さ

でした。2代目新田ジュニアの娘達は年が明ければ、成人式を迎えます。
4代目の娘達は高校卒業。
7代目の娘達は受験生です。

皆それぞれ、頑張っている様子。
そして、卒団して数年が経っても体育館へ足を運んでくれる事、そして変わらない笑顔の娘達に感謝です。

OG達と一緒に退会した保護者の方の参加もあり親子試合を盛り上げてくれました。
先代保護者会長のS氏、
和〇子パパありがとうございました。

トーナメント戦の末、優勝は2代目~7代目新田ジュニアOGチーム

敗者トーナメントは9代目新田ジュニアの優勝となりました。

楽しい親子バレーの時間をありがとうございました。

DSC_0025.JPG

posted by 新田ジュニア H監 at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新田ジュニア 大忘年会 2016

保護者会の企画により、新田ジュニアの忘年会が
クリスマスの夜盛大に行われた。

企画してくださった保護者会のみなさんに感謝である。

今年一年を振り返って、娘達の活躍を振り返りながらの楽しい忘年会となりました。

4月からの新チーム切り替え。
初戦の奥〇後交流大会のキャプテン 〇菜の選手宣誓から始まり、10代目新田ジュニアの娘達の残された試合は
後、2試合となりました。

振り返ってみると、9代目からの世代交代。
チームの平均身長は格段に下がり、どうなる事やらとスタートをきった4月でしたが、
ふたを開けてみれば、数多くのタイトルを獲得してくれた10代目の娘達でした。

さんふらわぁ杯では、5位パートではあったものの劇的な優勝を果たし、見事さんふらわぁ旅行をGET
天童杯においては、激戦の末勝ち取った銅メダル。

娘達の頑張った証が沢山残る、活動となりました。

頑張った娘達を支えてくださったお父さん・お母さん今年一年、お疲れ様でした。
また、来年も娘達のために、なにとぞよろしくお願いいたします。
楽しい時間をありがとうございました。

DSC_0034.JPG

posted by 新田ジュニア H監 at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

2016年最後の練習試合

今年最後の練習試合に出掛けた。
毎年恒例となりつつあるこの年末の練習会
〇KIUMEのT監さん主催の合同練習会だ。

自分はこの時期仕事が立て込んでくるため、まだ参加させていただいた事がない。昨年に引き続き、〇藤コーチにお願いしての新田ジュニアの参加となった。

通常の練習試合とは違い、この年末練習会には〇KIUMEの T監さん ならでわの内容の濃い練習会となっている。

子供達の先のバレーボールへの繋ぎとなる試みや、選抜を意識した取り組み。
女性監督ならでわの、子供達を楽しませる指導盛りだくさんの練習会だ。
毎年呼んで頂ける事に感謝である。
残念ながら自分は仕事の都合で参加できていないため、子供達の活躍は9232のバレーノートより抜粋、ここに残したい。



2016年  12月23日(金) 祝日
〜 9232のバレーノートより 〜
練習試
新田小学校6時30分集合
12月最後の練習試合です
新キャプテンの号令で始まった

今日の目標
「みんなで声をだす!」

8時35分に〇岐中学校に到着
ほとんどのチームがアップを行っていた
高校生を含め12チームの過密スケジュールになるためスパイク、サーブを行い試合開始が始まった。

1チーム出られないチームがあり急遽国〇高校3年生の5人が午前中の参加してくれた。その中に○方ジュニア卒団生が入っていた午前中のみの参加である。

1482549315515.jpg

高校生ともなると楽しみながら丁寧に最後まで追いかけるプレーが見えた
見習いたいものです。
子供たちに、どんな風にみえたのでしょう?
午前中4試合、午後8試合
昼食は、〇岐UMEジュニア T監の計らいにより保護者による炊き出しを全員で頂いた。
私は3杯食べましたよ!
お腹いっぱいになりました。美味しかったです!ご馳走さま!!

1482549318170.jpg

昼食を体育館で頂いたため、遊び心を入れながらも学年別に別れ雑巾かけ競争
5年生が一番あがり。
最後の学年は6年生!
罰として皆のまえでPPAPの物真似でみんなを賑やかした!
T監さん、さすがです。

1482549361968.jpg

午後からは、小学校に移動。
試合開始の前にゆいさんが、頭が痛いと言う事で戦線離脱。
チームにとって大きな大打撃です。

現在チームは、10人
6年生は4人一人欠けると試合が出来なくなる。練習試合でかけるだけならまだ良い来年は、体調管理が大事になってきます。
出来るものだけが動くでは、先が見えない。常日頃からしてる3人レシーブを活かすためには、全員が動かねば!
スパイカーもフェイントをとる。穴の開いた所は、カバーに入る!前衛に入ればスパイカーになる!
失敗しても良い!失敗しない限り先には、進めない。
1人休めば穴埋めするためにチャンスボールになってしまう…
みんなが、同じように出来ればもっと、上にあがれる。
狙えるサーブは、攻撃のチャンスが広がる。
みんなで、考えながら声出しながら頑張ってほしい!


全12試合が終わり時間調整で6年生は中学校でドリームチーム
4、5年生以下は、小学校でスパイク、レシーブ練習。
3年生以下は、マット運動。
時間一杯に使った今日の練習試合
みんなが楽しかったと、喜んでいた。

楽しかったぁって思える様に指導者も考えていかなければならない1日となりました。
また、明日からみんなで頑張ろう!!

○岐UMEの皆さん、保護者の皆さんありがとうございました。

また、多くの参加されたチームの監督さんコーチの皆さんありがとうございました。


以上、9232のバレーノートでした。



posted by 新田ジュニア H監 at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

春高目指して!

決勝トーナメント進出ができなかった大友宗麟杯。
試合終了後空き時間ができ、どうした物かと思っていたら

高校バレーを頑張っている6代新田ジュニアの〇里が、津久見高校に練習試合に訪れているとの情報をキャッチ。
めったにない高校バレーの見学が出来るとあって、〇籐コーチと津久見高校を目指した。

体育館の中をのぞくと、やってるやってる。
高校バレーを頑張る〇里の姿が見えた。

体育館に入り、顧問の先生に挨拶し練習見学の許可をいただいた。
〇里のチームメイトの中に、何やら見覚えのある顔がちらほらと・・・

東〇少女OGの み〇がいたのに驚いた。

チーム状態はまだまだ、これからのチームと言った感じであったが、皆バレーボールを頑張っていた。
地元の高校のバレーボール部の活動の状況を見れてよかった。

中学校・高校とバレーボールに取り組める環境がいまだに整っていないのが現状だ・・・
奥豊後小学生バレーボール連盟加入チームでバレーボールを頑張っている子供達の数は非常に多い。
しかしながら、先の道に進んだ時のバレーボールをする環境は、決して良いとは言えない・・・

そんな中でも、一生懸命バレーボールに取り組む〇里の姿を見れて良かったと思う

小・中・高とバレーボールの繋がりが出来ぬものかといつも考えているが、良い方法が見つからない・・・
諦めずに模索しなければならない。

少人数だったバレー部を部員勧誘し、存続させて頑張っている〇里。

これからも、しっかり頑張ってほしいものである。
posted by 新田ジュニア H監 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

11代目新田ジュニア 始動 !!

大友宗麟杯翌日、

いよいよ、新チーム始動の日を迎えました。

2016年最後の試合を終え、年明け最初の試合は新人戦と言える、5年生大会です。
毎年、年内最後の試合を終えた翌日から、5年生大会までの約一か月間、新田ジュニアは新チームに切り替えて練習を開始します。
今年もその時期がやってきました。

11代目新田ジュニアの始動です!

11代目新田ジュニア キャプテンには、夕〇
11代目新田ジュニア 副キャプテンには、芽〇を任命しました。

来年の新チームには6年生はいません。
5年生チームとして県内の6年生チームを相手に戦っていかなければならない。
厳しい活動になる事に、間違いはありません。

新キャプテン・新副キャプテンの下、歴代の娘達の活躍に勝れるように、11代目の娘達と一緒にがんばって行きたいと思います。

毎年恒例の、新キャプテン・新副キャプテンによる

「所信表明」

を今年もやってもらいました。
〇野又顧問がコーチでおられた時から、ずっと続けられているこの所信表明。

新キャプテン・新副キャプテンが、前へ進み始める大事な行事です。

11代目のキャプテン・副キャプテンもこの所信表明で、しっかりと第一歩を歩み始めました。

DSC_0004.JPG

DSC_0002.JPG

まだ聞きなれない新キャプテンの号令で動くチームの姿を見ながら、
昨年の同じ時期を思い出しました。

あの時、やっぱりぎこちなかった10代目の娘達も1年を経て大きく成長し、卒団を目前に控えています。
後2試合を残しての新チームへの切り替え・・・

この時季の活動が自分にとっては、一番難しく辛い活動の時期です。

残りの試合の為に6年生に全ての時間を費やしたいと言う想いと、
新チームへの期待を同時進行させる事に多大なエネルギーを使わなければならない自分です。

そして、残りの試合に向けての気持ちを途切れさせる事の無いように、6年生の気持ちを最後の試合に向けて繋ぐ事。

10代目の娘達にとっても、11代目の娘達にとっても
大事な時間を大切にしたいと思います。

まずは、年明けの5年生大会。
11代目の娘達が、どんな感動を自分に教えてくれる事になるのか?

この娘達と、一緒にバレーボールを学んでいこうと思います!!

DSC_0005.JPG

頑張ろう!!
11代目新田ジュニア!!

posted by 新田ジュニア H監 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〆の一杯

大友宗麟杯前日、大切な仲間とお酒を酌み交わす事ができた。


久しぶりの友との、お酒を飲みながらのバレーボール談義。


バレーボールの事、子供達の事。

たくさんの話に花が咲き、楽しい時間を過ごさせて頂いた。


新田ジュニアを成長させ、たくさんの経験をさせてくれた恩人と言える友との楽しいひととき。


この繋がりは、ずっと大事にして行きたいと思う。


最後に食べた、〆の釜飯の味は最高でした。

DSC_0003.JPG


新しい取り組みの話もできて、今後のお付き合いも楽しみです。


また次回も楽しみにしています。

楽しい夜をありがとうございました。
posted by 新田ジュニア H監 at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

2016年 最終戦  大友宗麟杯

2016年の最終戦となる、「大友宗麟杯」 が、津久見市を会場に行われた。

今年で第25回大会を迎える歴史ある大会に参加させていただける事に感謝である。

DSC_0006.JPG

県内30チームを集めての大きな大会となった。
年内最終戦と言う事で、2016年の有終の美を飾るべく試合に臨んだ。

新田ジュニアは、Fパートにて VS 明〇ドリームさん 、 VS 童〇 さんとの対戦となった。
年内最終戦にふさわしい強豪チームとの対戦。
新年度になってから両チームともに、数度対戦させていただいているが
未だ勝ち星は上げていない。
特に童〇さんとは、先日の奥〇後会長杯、その前の岩室杯と苦汁を飲まされている。

今回は、何とか頑張りたかったところであるが、
予選第一試合 VS 明〇ドリームさんでは、初戦と言う事もあり相手のミスも手伝って
第一セットでは18−21
後一歩のところで第一セットを落とした。

第2セットは相手も体が温まってきたのと、こちらのレシーブミスが大きく響き、
10−21で初戦を落とした。

予選第2試合 VS 童〇さん
今年3度目の対戦。前回の敗戦からリベンジとなったこの試合であったが、
サーブレシーブミスの連続失点と、レシーブが上がってもそのあとのつなぎの部分でのミスが連発。
トスが上がらねば、スパイクは打てずスパイクが決まらなければ、チームの勢いも生まれない・・・

8−21
7−21
と、またしても完敗となった・・・

年内最後の大会で、不甲斐ない試合を子供達にさせてしまった事が情けない。
また、練習のやり直しである。

10代目の娘達に残された時間はあと僅かである。
一秒たりとも無駄にできない。

3月の彼女達の引退試合に、彼女達の実力の全てと数年間学んだバレーボールの全てが出せるように、
残りの時間を有効に使いたい。

本当に、本当に残された時間は、わずかである・・・
posted by 新田ジュニア H監 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 大友宗麟杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平日練習試合

年内最後の大会である大友宗麟杯を前に、地元で活動する○重ジュニアさんに、無理をお願いして練習試合をして頂いた。

快く引き受けて頂いた○重ジュニアさんに感謝である。
年内最後の試合を前に、課題であるディフェンスの練習をさせて頂いた。

2016年最後の試合。
10代目の4人の娘たちにとっては、今大会を含めて残り3試合。数少ない残された大会の中で、すこしでも娘たちの活躍する姿を目に焼き付けたい。

そんな想いを持っての練習試合となった。
練習してきた事の成果が少しでも出せる形をみつけたいと思ったが、なかなか簡単見つかるものではない。
自分スキル不足を痛感させられる形となった。

いよいよ年内最後の試合となる。
気持ちをしっかりと持って、年内最後の試合に挑みたい!
posted by 新田ジュニア H監 at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

練習試合

スポーツ玉入れ終了後、午後からの半日であるが、
奥〇後登録チームである大〇ジュニアさんと練習試合をおこなった。

大会前日であるにも関わらず、新田ジュニアをきたえてくださった、大〇ジュニアのみなさんに感謝でる。

大〇ジュニアさんは、翌日の会長杯にて数年ぶりに開催される「5年生の部」に下級生チームを出場させるとのことで、
11代目の練習も合わせて行うことができた。

翌日が試合と言うのに、娘達の気持ちがなかなか上がってくれません。
一セットの中で、サーブレシーブミスによる失点が必ず8本以上・・・
相手の事を良く知っている同士の練習試合と言う事もあり、こちらのウィークポイントを見事につかれ欠点を浮き彫りにされた練習試合となった。

悪い部分が良くみえた事でその部分の修正を図れる。
新田ジュニアにとって大変良い練習となりました。
ありがとうございました。

娘達がアップをとる間、大〇ジュニアのG監さんと、今後のチームの活動方針や、奥〇後バレー連盟の今後の活動について少しお話させていただきました。
大〇ジュニアのG監さんも、熱いバレーボールスピリットを持たれている方です。
熱い想いが奥〇後バレー連盟に広がり、連盟が活性化するといいなぁと感じました。

また、この様に一緒に練習ができるように、今後もよろしくお願いいたします。

大〇ジュニアの子供達もありがとうございました。

DSC_0001.JPG
posted by 新田ジュニア H監 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10代目新田ジュニア 奥〇後会長杯

H28年度奥〇ご会長杯が、三重町内の体育館を会場に開催された。
三重町内の開催と言う事で、奥〇後バレーボール連盟事務局より、会場設営を依頼され、新田ジュニアは東小学校体育館の開場設営担当となった。

朝6:30に東小学校集合
早朝より保護者のみなさんにも加勢いただいて、会場設営を行った。
会場設営を保護者のみなさんに加勢いただいてる間、娘達はアップ。
体を動かし、大会に備えた。

アップ終了後は、皆で軽い朝食をとりました。
こうやって朝練後に皆でご飯を食べるのも後、数回・・・
残りわずかとなってきた10代目の活動です。

DSC_0035.JPG

お父さん・お母さんに挨拶をして元気に開会式会場である三重体育館に移動しました。

DSC_0036.JPG

奥〇後登録チーム 17チームを集めての開催。
開会式前の監督会議でキャプテンによる抽選が行われ、組合せが決まりました。
キャプテン〇菜が引き当てたのは6番クジ。
混成の部全国大会出場チームである直〇ジュニアさんとの対戦となった。


開会式では、昨年 「9代目新田ジュニア」の娘達
(史〇、〇結、玲〇奈、和〇子、麗〇、那〇)が獲った会長杯の返還が、副キャプテン 玲〇によって返還されました。

DSC_0042.JPG

この日、4年生である〇那が朝から熱を出していた。
本人の意思と保護者の方の判断で、解熱薬を飲んでの試合出場となった。
明らかにキツそうな〇那であったが、コートに立つ事は自分で決めたこと。
絶対に表情に出さない事と、無理だと感じたら我慢せずにすぐ伝える事を約束し、コートに立たせた。

12月だと言うのに温かい日が続いていた今年の冬でしたが、この会長杯の日はやっと冬らしい気温の低い一日となりました。
体育館の中のひんやりとした空気がなかなか体を温めっせてくれません。
先に体があったまって動けるようになったもん勝ちのような感じの試合展開となりました。
朝練で体を動かしていたせいか、娘達の動きがよかったように思えました。

初戦を勝利し勝者トーナメントへ進出。
トーナメント第2戦は、VS 〇ぎジュニアさん
2回戦、解熱薬を飲んで出場をした〇那でしたが、小学校4年生の体力はここまで・・・
続行はできないと判断が下りました。
小学4年生のジュニアバレーボーラー。これが彼女の引退試合となれば、何としてでも!との想いもありますが、彼女のバレーボール人生はまだまだこれから。大事をとって帰宅させてもらうことにしました。
体に無理をしてコートに立った経験はきっと今後の〇那のバレーボールに活かされるに違いありません。
本人のやる気もさることながら、コートに立つことを許してくれたお父さん・お母さんの気持ちにも感謝いたします。
〇那の欠場は少なからず、コートの娘達に動揺をまねいた様でした。
試合開始直後、相手のスパイクがバックライトを守っていた〇弥の顔に痛打。
その直後、コート内のリズムはガタガタに崩れます。
〇那の欠場とココロを乱した〇弥の負の雰囲気がコート内に広がって行ったように見えました。
21−23
第一セットを落とします。

第2セットに入っても〇弥のココロの乱れは戻る気配は見られませんでしたが、桃〇のレシーブとサーブでなんとかそれをフォロー
21−12で第2セットを取り戻しました。

第3セットを獲れば次は準決勝。
自らの力で、このセットを獲らなければ準決勝を戦う資格はない。
準決勝を戦うにふさわしいチームなのかを問われるセットとなった。
コートの中に広がった負のココロ・・・
中々、取り除いてやる事はできません・・・
こんな時のベンチワークスキルをもっと磨かなければと、指導者として感じた試合となりました。
15−12・・・リズムに乗れぬまま、準決勝進出です。

準決勝は、VS 童〇さん
先月の岩室杯以来の再戦。
前回はほとんど何もさせてもらえなかった対戦であったため、今回こそはとリベンジを誓ったのですが、
またしても、まったく歯が立たず試合を終える事となりました。
万全の態勢で臨めなかった事もありますが、気持ちを持ってすればもう少し奮戦できたはず。
娘達のやる気のココロを引き出せなかった自分の責任です。
運の良い事に、年内最後の大会でもう一度対戦が決まっています。

「3度目の正直!」

次こそは一矢報いたいと思います。

H28年度 奥〇後会長杯

優勝  〇方アローズさん
準優勝 童〇さん
第3位 桜〇丘ジュニアさん ・ 新田ジュニア

DSC_0056.JPG

2016年 残りの試合は、
大友宗麟杯の日と試合を残すのみとなりました・・・
posted by 新田ジュニア H監 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月13日

スポーツ少年団交流スポーツ玉入れ大会

H28年度豊後大野市スポーツ少年団交流会が行われた。
今回の交流会の競技種目は、「スポーツ玉入れ」

たかが玉入れと思われるかもしれないが、これがまた楽しい!
最後の一つの球を入れる時の盛り上がり。
結構燃えて、楽しめるスポーツ玉入れだ。

娘達を10代目新田ジュニアと、11代目新田ジュニアに分け2チームで大会に参加させていただいた。

DSC_0012.JPG

200個の玉を3分以内にどれだけ早く入れてしまえるかを競うこのスポーツ玉入れ。
200個目の最後の一つとなる大玉は、他の玉を全て入れてしまってからのフィニッシュショットとなり、200個全ての玉を入れ終えたタイムで順位を決める。
3分以内に全ての玉を入れ終えない時は、残った玉の数の少ないチームが勝ちとなる。

2回競技を行い、合計の記録で勝敗が決まる。

体育館内に、楽しさいっぱいの声が溢れた。

DSC_0022.JPG

10代目は、一回戦は3分以内に玉を入れてしまうことができず、残玉数3個。
11代目は、残玉数5でした。

第2回戦
10代目は、小玉を全て入れ終えて、最後の大玉を入れる事にてこずり、無念のタイムアップ。残玉数 1
11代目は残玉数 7で勝負の軍配は10代目に上がりました。

スポーツ玉入れを、楽しんで、記念品をゲット!

DSC_0031.JPG

楽しんだ娘達でした。


posted by 新田ジュニア H監 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

ホームにて練習試合

12月に入り、今年もあとひと月。
年内に開催される大会は、2試合。
6年生の残されたわずかな大会に向けて、ホームでの練習試合に臨んだ。

新田小学校の体育館にて、地元奥〇後バレー連盟登録チームを招いての練習試合。

大〇ジュニアさんと戸〇ジュニアさんにお越しいただき、終日新田ジュニアを鍛えていただいた。
参加チームの子供達、指導者のみなさん、保護者の方々に感謝である。

練習の成果がどれほどの物であるか?問題点はどこにあるのか?
一日の練習試合で見極めを行った。

課題はセッターのトス。
時間をとって練習しているセッター練習がどれだけ効果がでるかを試した。

練習中の4人は、行ってきた練習の正解をしっかりと出していた。
練習してきた事を試合の中でしっかりと出せていた。
まだまだ合格点を上げれるほどの効果は見れなかったが、練習の成果としては問題ない。
練習を繰り返し、精度を上げていきたい。

反射神経を刺激しながらのレシーブ練習もまた、効果が現れてきている。
特に怜〇、桃〇のレシーブが良くなってきている。

4年生の〇那のブロックも、午前中の戸〇さんとの一セットでかなり良いものが見られた。

画題は数本のサーブレシーブミスと、スパイクをネットにかけてしまうミスだ。
次の大会までに、しっかりと修正を図りたい。

ここにきて、娘達が伸びている。
この伸びを試合と言う発表の場所で披露できるように頑張りたい。

次回の大会は、奥〇後会長杯。
今回の大会で、数年ぶりに5年の部の試合枠が設けられることとなった。

数年前、この5年の部で活躍した新田ジュニアの娘達の事を思いだした。
久々の5年の部の復活。
あの時の新田ジュニアの娘達の様に、5年の部に出場する子供達は頑張ってもらいたい。

数日後の会長杯が楽しみである。
posted by 新田ジュニア H監 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする