2015年12月31日

2015年を振り返って

2015年、今年も後数時間で終わろうとしています。


例年になく暖かい今年の冬。暖冬の異常気象で、ニュースでは時季ハズレのつくしや紫陽花の開花が報じられていました。


バレーボールをする環境としては、寒くないと言う事は活動しやすく例年心配されていたインフルエンザも影を潜めて、娘達も体調を崩すことなく、2015年の練習納めを迎えるきとができました。


今年の、「新田ジュニア」の活動を振り返って見ると、一言でいうなら


「夢を追いかけた一年」


であったと思います。



年明け一発目に行われた5年生大会。

準優勝という結果に大粒の悔し涙を流した娘達。

宮崎座論梅杯では、県外強豪チームとの試合を経験し、2位パート優勝を勝ち取った2月。


春が来て、最高学年の6年生に進級した9代目新田ジュニアの娘達にとっての新チームの腕試し大会とも言える、さんふらわぁ杯では、Fパートでの優勝。

同月行われた 「未来」杯 では、昨年度の笑顔の部 優勝から大きく飛躍し、未来の部での優勝を果たした4月でした。


目標にしてきた県大会出場。

予選で苦戦しながらも5年ぶりの県大会出場を手にしました。


九州・全国をめざして練習に取り組んできた6月〜11月。


届かなかった、辿り着けなかった夢の舞台。


夢をおいかけたその道のりの中で、ライバルチームとのしのぎを削った練習試合や大会での激闘に娘達の大きな成長を得る事ができました。



多くの感動と勇気を娘達にもらい、その娘達と一緒に、夢を現実にしようと頑張った一年でした。


結果を残す事が出来なかったのが悔やまれるばかりですが、得るもの多き充実の一年であったと思います。


2015年、娘達との充実した時間を過ごす事ができたのは、忙しい中娘達のバレーボール活動に惜しみ無く協力をいただいた保護者の皆さんのお陰です。

熱い日夏も、寒い冬も娘達を支えて頂いた事、度重なる遠征にも協力頂き娘達に沢山の経験をさせて頂けた事。


保護者のみなさんのご協力で娘達が大きく成長できたのだと、この場を借りて感謝申し上げます。


そして今年1年、新田ジュニア鍛えて下さったライバルチームの子供達、指導者の皆さん、ライバルチーム保護者会の皆さまにも、感謝の気持ちでいっぱいです。



新田ジュニアに関わった全ての方々に、良い年が訪れる事を祈りつつ、2015年のブログを閉じたいとおもいます。
監督である自分にとっても2015年は、忘れることのできない年になりました。


どうか、皆さん良いお年をお迎えください。

DSC_0098.JPG

posted by 新田ジュニア H監 at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

2015年 練習納めと、恒例の親子試合

2015年も残すところ、後数日となりました。

本日をもちまして、2015年の新田ジュニアの活動をしめたいと思います。

2015年の締めくくりとして、保護者会の主催による 「年末親子試合」で年内の練習を締めくくる事としました。

DSC_0029.JPG

歳の瀬の忙しい中に、この様な場所を作っていただいた、保護者会のみなさんに感謝申し上げます。

そして、この年末親子試合に新田ジュニアOG達にも声をかけたところ、
沢山のOG達が新田小学校体育館へ戻ってきてくれました。

歴代新田ジュニアのOG達

2代目新田ジュニア セッターの あ〇い

3代目新田ジュニア キャプテン 茉〇
4代目新田ジュニア 副キャプテン 美〇 と ゴン太ちゃん

DSC_0030.JPG


5代目新田ジュニア 副キャプテン 弥〇

6代目新田ジュニア 副キャプテン 結〇
6代目新田ジュニア エースアタッカー 〇里
6代目新田ジュニア セッター 果〇

7代目新田ジュニア 副キャプテン セッター は〇

DSC_0031.JPG

多くのOG達の参加に、嬉しい想いがこみ上げるとともに、OG達がコートに立つ姿をみて、OG達が頑張っていたあの時の体育館の中に
タイムスリップしたような感覚になりました。

懐かしいOG保護者の顔ぶれもあって、少ない時間を大変有意義に過ごすことができたことに感謝です。

OG達の多くの参加があり、今年の年末親子試合は、1セットマッチのガチンコトーナメント戦を行う事にしました。

参加チーム  

新田ジュニア 父チーム ・ ストロベリー ON THE ショートケーキーズ ・ 2代目・3代目・4代目新田ジュニアOGとその仲間達チーム ・ 5代目・6代目7代目新田ジュニア ・ 9代目新田ジュニア ・ 10代目新田ジュニアの6チーム。

組合せをキャプテンによるジャンケンによって決めました。

トーナメント 第1試合 
ストロベリー ON THE ショートケーキーズ VS 10代目新田ジュニア
出だし、サーブで得点を重ねた10代目新田ジュニア。
しかしながら、前衛お母さんのスパイクをレシーブできない場面が続く。
真〇乃母・和〇子母の両ウイングをセッターの芽〇母が攻撃させ得点を重ねる。
10代目新田ジュニア   11−21   ストロベリー ON THE ショートケーキーズ で ストロベリー ON THE ショートケーキーズが勝ち上がった。

第2試合 
2代目・3代目・4代目新田ジュニア VS 5代目・6代目・7代目新田ジュニア
OG同士の対決となった2回戦。
OG達が、白熱した試合を見せる。
サーブは、軽量4号球の軽さにとまどう娘達。特に5号球を扱う高校生たちには、球質の軽さからエンドラインを大きく超えるサーブミスがつづいた。

守備では、2代目・3代目・4代目チームが好レシーブを見せる。
ゴン太ちゃんの見事なレシーブを、3代目新田ジュニアキャプテン セッター茉〇が、さ〇かへとつなぐ。
対する5代目・6代目・7代目新田ジュニアは、レシーブが上がらずエース〇里までボールが繋がらず
21−14で 2代目・3代目・4代目新田ジュニアがトーナメントを上った。

第3試合
9代目新田ジュニア VS 父チーム
和〇子父率いるお父さんチームと現役ジュニアの娘との対戦。
故障で出れない史〇に代わって、川〇コーチがコートIN
久々のバレーボールを楽しんだ川〇コーチであった。

和〇子とーちゃんのスパイク、オヤジバレーキャプテンである は〇 とーちゃんのブロックに苦しめられる和〇子。
前半のスパイクをほぼ どシャットをくらうも、コースをねらったスパイクで反撃開始。
今回も、玲〇奈のサーブで引き離しにかかり
21−14 で9代目新田ジュニアの勝利となった。

トーナメント2回戦第4試合
ストロベリー ON THE ショートケーキーズ  VS  2代目・3代目・4代目新田ジュニア
OG達がボール感覚を取り戻したのか、サーブが走った。
特に、4代目新田ジュニア 副キャプテン 〇美が連続得点を重ねる。
3代目キャプテン茉〇のトスワークも冴え、3枚のアタッカーに多彩なトス回しを見せ、あ〇い ・ りょう〇 がそれに答えた。
21−12で2代目・3代目・4代目新田ジュニアが決勝に駒を進める。

敗者復活トーナメント
5代目・6代目・7代目新田ジュニア VS 10代目新田ジュニア
5代目新田ジュニア副キャプテン 弥〇 と 10代目新田ジュニア 副キャプテン 〇弥の姉妹対決。
姉のサーブを妹が受ける。
はじかれる妹、〇弥。
7代目新田ジュニア 副キャプテン は〇がセッターに入り、左利きセッターの絶妙なフェイントをみせる。
〇籐コーチの息子である総〇君の強烈スパイクに怜〇のレシーブで対抗するも、16−21で、
5代目・6代目・7代目新田ジュニアの勝利となり敗者トーナメント決勝戦にこまを進めた。

敗者トーナメント決勝は、父チーム VS 5代目・6代目・7代目新田ジュニア
セッターは〇が放つトスを総〇君がスパイクを打ってくる。
対する父チームはオヤジバレー部キャプテン〇輔、〇菜とーちゃん、和〇子とーちゃん3枚ブロックで対抗。
序盤に幾度も総〇君のスパイクをシャットアウト。
白熱の試合を見せたが、敗者トーナメントは、5代目・6代目・7代目新田ジュニアの優勝となった。

DSC_0026.JPG

いよいよ決勝戦。
9代目新田ジュニア VS 2代目・3代目・4代目新田ジュニア
9代目のセッターに監督である自分が入り、3代目キャプテン茉〇とのセッター対決を楽しんだ。
序盤、りょう〇くんの高いブロックに和〇子がつかまる。
セッター茉〇のトス回しにふられ、さ〇かのストレート攻撃に4点先行される。
盛り上がりを見せる試合を進めたが、この4点をどうしても埋める事が出来ず、
21−17で
2代目・3代目・4代目新田ジュニアの優勝となった。

DSC_0027.JPG

笑いと興奮の、年末親子試合となった。
沢山のOGの参加が、この親子試合をもりあげた。
あの日、あの時のバレーボール頑張った娘達の成長した姿を見れて、本当にうれしく感じることができた。
2015年の終わり。皆でバレーを楽しむ良き一日となった。
集まってくれたOGの娘達。中には受験を控える娘や、県外に進路を決めた娘もいる。
また、参加できなかったGOたちも、中学校や高校、就職先や進学先で頑張っている話も聞く。
頑張っているOG達がふとした時に、新田小学校の体育館にいつでも戻ってこられるように、まだまだこの体育館を守って行かなければならないなと強く感じた。
親子試合に参加してくれた歴代新田ジュニアの娘達に本当に感謝である。
「ありがとう」

そして、現役ジュニアの娘達も日頃の練習の成果をおとうさん・おかあさんにみせることができたのではないだろうか?
おとうさん・おかあさんもコートに入りボールを扱うことで、娘達があの小さな体でどれだけすごい事をやっているのか、身を持って体験できたと思います。

怪我もなく一日バレーボールを楽しめた事。
参加してくれたみなさんに本当に感謝申し上げます。

2015年年忘れ年末親子試合、大成功でした。

しかし、きっと今頃参加してくれたおとうさん ・ おかあさん そして OGの娘達・・・

筋肉痛に襲われてるんだろうなぁ〜(笑・笑・笑)
posted by 新田ジュニア H監 at 09:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

merry X'mas

練習の終わりに、バレーボールを頑張る娘達に、クリスマスプレゼントが贈られた。


後藤コーチから、お菓子の詰め合わせ。

DSC_0007.JPG

そして、将来はパテシィエを目指して現在頑張っている5代目新田ジュニア副キャプテン 弥○より、手作りカップケーキ。
カップケーキの上にのったクッキーには、名前が入っている、これまた特製カップケーキだ。

DSC_0008.JPG

そして、史○ばーちゃんからは、ロールケーキ。

玲○奈ばーちゃんからは、うまい棒。

娘達を想った暖かいプレゼントを頂いた。

最後にみんなで、「赤鼻のトナカイ」を大合唱♪

クリスマスイブの練習を終えた。


今晩は、クリスマスイブ。

いつもバレーボールを一生懸命頑張る娘達に、サンタさんが来てくれますように・・・!


そして、新田ジュニアに関わった全ての人達に、サンタさんが来てくれますように


「happy merry X'mas」
posted by 新田ジュニア H監 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新チーム始動! 〜 10代目新田ジュニア 〜

大友宗麟杯が終わり、年内の試合を全て終えた。


年明け一発目の試合は、2月に行われる 「5年生大会」である。


本日より、その5年生大会に向けて新チームを始動させその大会へと挑む。

10代目新田ジュニア、いよいよ始動である。


9代目新田ジュニアの2年間の活動の中、出場できる試合には、極力2チームで試合に出場してきた。

その出場してきた試合やそれまでの練習をみてきた上で、キャプテン・副キャプテンを選出した。


10代目新田ジュニア キャプテンに、○菜

DSC_0001.JPG

10代目新田ジュニア 副キャプテンに、怜○。

DSC_0003.JPG

この、2人で10代目新田ジュニアをまとめて行ってもらう事としました。


早速2人には、キャプテン・副キャプテンとしての所信表明を行ってもらいました。


副キャプテン 怜○の所信表明の中に、他の人に認めてもらえるように頑張りたい。なれなかった人の分まで頑張る!

言う言葉がありました。

10代目新田ジュニアの新6年生は、4人。

キャプテン・副キャプテンはきまりましたが、4人で力を合わせて最高のチームになって行ってもらいたいとおもいます。
DSC_0010.JPG

さあ、10代目新田ジュニアの4人が、卒団に向けて第一歩を踏み出しました。

終わりに向かって歩き始めた娘達を、後悔のないようにバレーボールに取り組ませたいと思います。


まずは、「5年生大会」!!

全力で取り組みたいと思います。
posted by 新田ジュニア H監 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

HAPPY BIRTHDAY

大友宗麟杯前日、誕生日を迎えた娘がいた。

6年生の、麗〇だ。

今回は試合会場での ハッピーバースディ― の大合唱で麗〇の誕生日を祝った♪

DSC_0004.JPG

もちろん、〇籐コーチのサーターアンダギィーのプレゼント。
麗〇にとっては、これが最後のサーターアンダギィーとなる。

特製サーターアンダギィーに、最高の仲間達と潮風を感じ、朝日を浴びての誕生日!

誕生日おめでとう!麗〇!
残りのジュニアバレーをしっかり頑張りましょう!!

DSC_0005.JPG
posted by 新田ジュニア H監 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大友宗麟杯

今年で第24回となった 「大友宗麟杯」 に参加させていただいた。

新田ジュニアが初めてこの大友宗麟杯に参加させていただいたのは、3代目新田ジュニアの時。
故 小手川監督からの手引きで、この大友宗麟杯へ繋いでいただいた。
今年で7回目の出場となる。

初めての出場の時は、前日に会場の場所の下見に行ったにもかかわらず、開会式後の会場移動の際に道に迷ったことを思い出す。
自分にとっては想いいれの深い大会である。

今回は、キャプテンである 史〇が大会を直前に右手小指を骨折してしまい、宗麟杯の出場を棄権しようと考えた。
しかしながら、保護者会のみなさんの気持ちに動かされチーム一丸となって出場する事を決意した。

朝7時、新田小学校集合。
6年の部に出場する、9代目新田ジュニア
5年の部に出場する5年生以下の娘達の2チーム。
お父さん・お母さんに挨拶を済ませ、出発となった。

開会式を済ませ、会場移動。
9代目新田ジュニアは、津久見第二中学校にて 佐〇ジュニアさん ・ 豊〇JVCさん ・ 玖〇ジュニアさんとの予選リーグとなった。

予選第1試合 VS 佐〇ジュニアさん
先日のスポ少九州予選にて、敗退をくらった。
娘達とリベンジに燃えての、予選第1戦。

負傷して出れない キャプテン史〇のためにも!と、気持ちをひとつにして戦った娘達。
特に、玲〇奈のサーブで得点の突き離す場面が多々見られた。先日の会長杯以来、玲〇奈のサーブ力が威力を増して
来ている。攻撃も和〇子の攻撃パターンを増やすことでキレッキレになってきた。
佐〇ジュニアさんのスターティングメンバーの選手が、駅伝大会出場にため、控えの選手がコートに入っていた。
新田ジュニアも史〇の負傷で5年生の〇菜をコートに立たせた。
条件は同じである。
21−15
21−19 で、見事リベンジを果たした。

予選第2戦 VS 豊〇JVCさん
レシーブ力のある素晴らしいチーム。このチームのレシーブは本当にお手本にしたい。
娘達のバレーノートにも良く、豊〇JVCの子供達を目標に頑張ると書かれている。
その娘達がお手本にしたいチームとの対戦だ。

セッターのトスが乱れて軟打のスパイクを打てば、走るレシーブで簡単にレシーブされてしまう。
相手の得意なレシーブを和〇子の強打で封じ込める。
コチラも走り負けるなと、〇菜 ・ 玲〇奈 のレシーブで頑張った。

21−12
21−15
予選1位通過となり、1位パート決勝トーナメント会場である津久見市民体育館へ移動となった。
移動後は、キャプテンによる抽選が行われた。

DSC_0020.JPG

キャプテン史〇が引き当てたのは、8番くじ。
結果対戦は、ライバルチームの青〇ジュニアさんとの対戦となった。

第1セット 立ち上がりエース ま〇 さんのサーブに2点差をつけられる
終始2点を追いかける試合展開。良いリズムで攻守するも、これで同点と言うところでサーブミス。
逆転の勢いを自分達で止めてしまう。そんな場面がちょうど3回・・・
その結果が現れた第1セット
21−17
で奪われた。

第2セット
サーブスタート。
今度はコチラのファーストサーバー 〇結が攻めた。
 4連続サーブポイントで波に乗る。攻撃も和〇子のスパイクが、青〇エース ま〇さんに負けてはいない。
そしてやはり、ここも 玲〇奈のサーブが光った。
21−18でセットを奪い返す。

フルセットにもつれたこの試合。
今年3回目の青〇さんとのフルセットの試合。
過去2試合ともセットカウント1−2で負けている。
今日こそは!と娘達をコートへ送り出す。

先に8点をとってチェンジコートしたかったのだが、連続のサーブレシーブミスで相手に8点を与えてしまう。
攻撃も和〇子のスパイクが、ま〇さんのブロックにつかまり始めた。
和〇子の狙ったスパイクコースにちょうどブロックがきてしまう。
タイムアウトをとり、ストレート打ちの指示を出す。
玲〇奈のサーブで崩し、那〇も渾身のダイレクトスパイクを決め、怒涛の追い上げを見せるも一歩及ばず・・・
13−15でこのセットを落とし、今回もセットカウント1−2
通算対戦成績 3敗となった。

すったもんだあった今回の大友宗麟杯の参戦。
娘達の頑張りが、出場して良かったと言う想いにさせてくれた。本当に頑張る娘達にはいつも学ばされっぱなしである。
2015年最終戦、入賞はなっかたが今年最後の試合を一番対戦したかったチームとの試合で締めくくれた事が本当に良かったと思う。
また一つ、9代目の娘達との試合が一つ終わった。
彼女たちとの残された時間は、わずかである。
全身全霊で。9代目の娘達との時間を大切に過ごしたい。
DSC_0027.JPG

9代目新田ジュニアの娘達にとって、明日からの過ごし方が大変重要になってくる。
この時間を有効に使わせたい。



posted by 新田ジュニア H監 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 大友宗麟杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

年内最終戦 〜 第24回 大友宗麟杯 〜

2015年の活動を締めくくる、年内最終戦である大友宗麟杯に参加させていただいた。

参加チームは、県内44チームとなった第24回 大友宗麟杯。

DSC_0007.JPG

主催していただいた、津久見市小学生バレーボール連盟
後援いただいた津久見市教育委員会、大分合同新聞社さん、(株)スポーツパークホンダさん、(株)モルテンさん
大会運営にあたられた地元津久見市のチームのみなさんに感謝である。

大会参加に先だって、監督である自分の下した決断がチームの娘達と、保護者のみなさんに混乱をもたらしてしまったことを、この場を借りてお詫びしたい。

開会式で、大会会長の小〇崎氏が行った挨拶の言葉の中に、
「苦しい時こそ、前に進め!!」
「大人になってもバレーの同窓会が出来る、仲の良いチームを作ってください」とのお言葉があった。

苦しい時こそ、前へ・・・
仲のいいチーム作り・・・

心にしみる大会会長の挨拶に、気持ちの引き締まる気がした。

6年生の部に、9代目新田ジュニアが。
5年生の部には、5年生以下の娘達が。

2015年最後の試合を、一生懸命にプレイした。

娘達の活躍については、後日のブログにてUPしたい。

ライバルチームである青〇ジュニアさんとの試合で、今年の試合を締めくくれた事が
非常にうれしく思えた。

2015年も、あと10日あまり・・・
この後、ゆっくりと1年間の活動を思い出してみたい。

今後のジュニアバレー活動において、自分自身が勉強させられた3日間であった。


posted by 新田ジュニア H監 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 大友宗麟杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月15日

9232のバレーノート 〜 10代目新田ジュニアの奥〇後会長杯 〜

奥〇後会長杯
試合前の調整で6時30新田小学校に集合!
1時間調整して出発前のキャプテン 〇菜 による目標発表

「大きな声を出して決勝で9代目と対戦する事です!」
〇菜の目標を達成させたい!!そんな想いで体育館を出発した。

予選 大野中学校Bコート
10代目新田・直〇ジュニアさん ・ 〇重Bさん ・ 〇住ジュニアさん の4チームリーグ戦

1試合目 10代目新田 vs 直〇ジュニア
21-11
17-21
15-12

3試合目 10代目新田 vs 〇重B
21-2
21-16

直〇戦
レシーブ力がすごい!何処に攻撃をしても上げてくる守りのチーム。
1枚攻撃である新田ジュニア。
10代目のキャプテン〇菜は柔軟性があり、理解力にたけている!
指示通りにこなしてくれる。強弱をつけストレート、クロスと相手を翻弄させた。
ストレートで勝てた試合が嬉し過ぎた?気の緩み?3セットまでもつれ込んだ。

その流れを変えたのが、〇胡。

日頃コートに出る回数も少ないがサーブで流れが変わった!
誰にでもチャンスはある!〇胡は、それを物にしたのだ!
直入戦2-1で勝利

〇重Bチーム戦
サーブ力がものを言う試合展開!
ファーストサーブ キャプテン 〇菜。
唯一ジャンプサーブが打てる〇菜だ。

21-0?みんなでカバーして!…残念ながらレシーブ力の弱い今のチーム繋ぐことは出来ずおしくも21-2で勝利
サーブレシーブをきっちりすれば得点に繋がった。一番はサーブかな?子供たちも気付かされた試合でした!
2セット目は、21-16で勝利。
2-0で全勝

1試合目に3セットしたため、第4試合の直〇ジュニアさんと〇住ジュニアさんとの試合結果で上がるか下がるか!
直〇さんが、〇住さんに勝利し、
新田ジュニアは予選1位通過となった!
DSC_0071.JPG

1位パートへ進出し、キャプテン 〇菜が目標とした9代目と対戦する結果となりました

1位パート、予選Bコート
10代目新田、千怒ジュニア、9代目新田

あらあら、1位通過も厳しいなぁ
初戦は千怒ジュニアさん
6年生2人が入ったチーム!センター攻撃からの強いスパイクを打ってくる!
サーブレシーブがキッチリかえれば点に繋がる試合であったが、試合経験と練習不足が足を引っ張った感じであった。

フォーメーションも変更したいが、ここに来て1人抜けている〇那の存在・・・
1セット目 6-21
少し気の緩みが見えた所で激を飛ばした!何とかサーブとスパイクでもぎ取った
2セット目は21-15

行ける?
サーブレシーブから入った3セット目は狙われた。
3-15

1-2敗戦
しかし1セットを取った事は自信にしてほしい

予選第3試合 9代目新田
2試合目に見た千怒ジュニア戦でのエースのわか子のスパイクが脳裏をよぎる!
日頃、9代目とは練習試合をしているが、全く歯がたたない。
強烈すぎる!和〇子のスパイクを真〇乃がレシーブ。
後少しでいい感じに!弾かれたものの上がった形にはなっていた!頑張れ!真〇乃!
1セット目5-21
2セット目4-21
完敗しました・・・。

個人個人のコメントは出てきはしなかったが全試合にみんなが出て練習の成果は十分に出た今回の大会でした。
今後を見据えての2チームの出場
10代目には大きな自信になったのでは?
また、9代目は6人の交替なしでの優勝!
個人のスキルが上がった試合になり今後に繋がる試合になりましたね。

少しづつですが、良い形になってきてます!残りの練習でどこまで行けるか!
今回のキャプテン〇菜が立てた目標!
みんな、必死についていきましたね。
良く頑張りました。
次は大友宗麟杯!
何処まで行けるか!楽しみです。
また、〇那!
早く怪我を治してくれ〜
全4試合10セット
本当に良く頑張りました!
また、応援をして下さった保護者の皆さん、他のチームからの応援もありがとうございました!

DSC_0070.JPG

〜 9232のバレーノートより 〜
posted by 新田ジュニア H監 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 9232のバレーノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月14日

H27年度 奥〇後会長杯

2017年も残りわずかとなった。
年内最終2戦のうちの一つ、奥〇後会長杯が市内小学校で開催された。

参加チーム 21チーム。
奥〇後バレー連盟登録チームのほとんどのチームが、
年明けの5年生大会をにらんでの
2チームの参加をしており、21チーム参加の大きな大会となった。

新田ジュニアも、9代目新田ジュニアと
10代目新田ジュニアの2チームで参加させていただいた。

6時半、新田小学校集合。
いつも通りの朝練からスタート。小一時間体を動かし試合前の調整をとった。
練習後は、皆で軽い朝食を済ませ、試合会場に向けて出発をした。

DSC_0066.JPG

試合会場に到着し、受付と同時に抽選。
組合せの抽選を自分が引くこととなった。

ところが、この朝一番のくじ引きで、思いっきりやらかしてしまう。
まさかの、一番引いてはいけないくじを引き当ててしまう。

対戦相手は、ファミリーマートカップ大分県大会優勝チームの
緒〇ジュニア さん。
この、引きの強さに自分でもドン引きだ・・・

やるしかない!!もうその言葉しか思い浮かばなかった・・・

くじ運の悪い自分の抽選の結果で、
9代目新田ジュニアは、Fパートにて 緒〇ジュニアさん ・ 、〇住 B さんと予選
10代目新田ジュニアは、Bパートにて 〇重 Bさん ・ 直〇ジュニアさん ・ 〇住 Aさんとの予選となった。
リーグ戦後は、順位別に予選を行い、上位1チームによる決勝戦が行われ
順位別優勝が争われる今回の会長杯。

予選を一位通過しなければ、本当の意味での優勝はなくなる。
何としても会長杯を取るべく試合に臨んだ。

予選第1試合 VS 緒〇ジュニアさん
9代目新田ジュニアにとっては本日初戦となるが、
対する緒〇ジュニアさんはリーグ戦1試合終えての2試合目となる。
こちらは、初戦と言う事で多少条件が不利。
案の定スタートから連続ミスで4点先行され、この差を縮めることができず、
試合は終盤までもつれた。

この4点の逆転のきっかけを作ったのは、玲〇奈だ。
見える壁のサーブ練習での成果をしっかりとだし、攻め気のサーブで得点を重ねる。
切り替えされても、相手の攻撃をブロックで阻止!!
ディユースにまでもつれ込み22−20で第1セットを獲った。
玲〇奈のサーブが完全に試合の流れを引き寄せた形となった。

続く第2セット、ファーストサーバー 〇結のサーブが走る!!
5本連続のポイントを稼いでくれた。この〇結が頑張った得点をしっかりと皆が守った。
特に麗〇のレシーブがこの得点を守ったといっても過言ではない。
以前までつながらなかったボールが、麗〇のレシーブカバーで落ちなくなった。
その繋がったボールはエース和〇子が得点にしてくれる!!
キャプテン 史〇も見事な美しいブロックで相手エースのスパイクを、どシャット!!
そして、ついに21−18。



勝利の女神が、新田ジュニアに微笑んでくれました。



ストレートで緒〇ジュニアさんから貴重な1勝を取る事が出来た。
緊迫した試合の中で、そのプレッシャーをまるで楽しむかのようにいい顔でプレイする
娘達の姿が頼もしくみえた。

予選第2試合 VS 〇住 Bさん
来年を見据えた5年生チームとの対戦。
5年生チームと言えど、コートの中では全力で勝負する事!!
手を抜いてプレイすることは、相手にとってとても失礼な行為だと娘達にはいつも言って聞かせてあります。
正々堂々、全力でプレイさせていただきました。
21−4
21−5 でこの試合も獲り、予選1位で 1位パートへと駒を進める事となりました。
そして、10代目新田ジュニアの娘達も練習の成果を出し、予選を見事1位通過。

1位パート予選リーグの組み合わせが VS 千〇ジュニアさん VS 10代目新田ジュニア との対戦となりました。
予選第1試合 VS 千〇ジュニアさん
21−11
21−7

予選第2試合 VS 10代目新田ジュニア
21−5
21−4

予選1位となり、決勝は VS 津〇見ジュニアさんとの対戦となりました。
長身の前衛がそろうチームですが、相手のスパイク力よりもこちらのレシーブ力の方が上回りました。
レシーブが上がれば、強烈な弾丸スパイクを和〇子が決める。
21−8
21−16

全試合ストレート勝ちにて、H27年度 奥〇後会長杯を 優勝で飾った。

DSC_0081.JPG

DSC_0079.JPG

スポ少全国予選から2週間。
娘達の頑張りが報われた勝利となった。
2週間と言うわずかな間での練習。短い時間の中で本当に自分達がやらなくてはいけない。本当に勝ちたい!!と
やる気のココロで頑張った成果である。

来週は2017年を締めくくる年内最終戦となる。
この勢いのまま、新しい目標に向かって頑張りたい!!

本当にうれしいうれしい優勝となりました。
勝利の女神よ!ありがとう!!

DSC_0086.JPG

posted by 新田ジュニア H監 at 23:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポ少玉入れ大会

スポーツ少年団の主催する、スポーツ玉入れ大会が地元スポーツ総合体育館で開催され,
参加させていただいた。

DSC_0051.JPG
スポーツ少年団に登録し、活動させて頂いている新田ジュニア。
市内のスポ少登録の単位団が一同に会しての玉入れ大会。

主催していただいたスポーツ少年団関係者の皆さんに感謝である。


バレーボールに取り組み試合や練習試合など、日頃の厳しい練習とはうってかわって、楽しいスポーツの時間を過ごさせていただいた。


3分の制限時間内に100個の玉をどれだけ短い時間で入れてしまえるかを競うスポーツ玉入れ。


失礼な話であるが、たかが玉入れだろ・・・なんて、なめた気持ちでいた新田ジュニアH監であったが、
これがまた盛り上がる、盛り上がる!!

やはり、何事も真剣に取り組まねばいけません!しっかりと反省し、全力投球で娘たちと挑ませて頂きました。


1チーム、8人編成と言うことで、新田ジュニアを2チームに分け、


新田ジュニアのドリームチームである、


チームNATHU と チームWAKA

にて参戦。
DSC_0054.JPG

DSC_0055.JPG

100個の玉を全力投球しました。


チーム NATHUは、見事時間内に100個の玉入れに成功。


チーム WAKAは、頑張りを見せるも残念ながら制限時間内に達成ならずでした。


玉入れを楽しんだのはもちろんですが、日頃バレーボールで競い合っているライバルチームもこの大会に参加しており、その子ども達と交流する姿を見ていると、日頃の活動がうまく行えているのだなぁ〜と娘たちを誇らしく思うことができた。


明日は、奥○後会長杯。

迷いは、もうない!!
残り少ない9代目の娘達との試合をしっかりと取り組みたい。
posted by 新田ジュニア H監 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月10日

信念を持って!!

信念を持ってやれば、絶対うまくいく!!

大切な人が教えてくれた言葉です。

娘達と一緒に信念をもって、ジュニアバレーボール活動に取り組んで行きたいと思います。
年内予定されている試合は2試合。

可能性のある娘達をまだまだ進化させれるように、
自分自身が揺るぎない気持ちを持たなければならないのだと思います。

休んでなんかいられない!!
僅かな練習の成果を娘達の進化につなげたいと思います。

DSC_0016.JPG




posted by 新田ジュニア H監 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする