2015年10月28日

娘達の成長

昨年の第1回 天童杯
予選敗退で、ふれあいトーナメントに進出。
ふれあいトーナメントでの優勝でした。

今年の第2回 天童杯は、天童トーナメントにての優勝。

昨年のふれあい杯をいただいた時と、今年の天童杯をいただいた時の
娘達の表情を比べてみました。

背番号 1 史〇
CA3H0332.jpg
DSC_0042.JPG

背番号 2 〇結
CA3H0333.jpg
DSC_0043.JPG

背番号 3 玲〇奈
CA3H0334.jpg
DSC_0044.JPG

背番号 4 和〇子
CA3H0335.jpg
DSC_0045.JPG

背番号 5 麗〇
CA3H0336.jpg
DSC_0046.JPG

背番号 6 那〇
CA3H0337.jpg
DSC_0047.JPG

上が5年生の時、下が6年生の時nお写真です。
1年で、本当に成長したな〜

9代目新田ジュニアの6人の娘達でした。
posted by 新田ジュニア H監 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天童杯優勝祝賀会

天童杯翌日、保護者会主催による優勝祝賀会がおこなわれた。


頑張った娘達に、お父さん・お母さんからご褒美である。

1446002493430.jpg
新田小学校の体育館にて、手作り感一杯の祝賀会。


お父さん・お母さんの愛情いっぱいの祝賀会となった。


忙しい中、段取りしていただいた保護者会の皆さん、本当にありがとうございました。
1446002456934.jpg

posted by 新田ジュニア H監 at 12:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 天童杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月26日

全員バレーの勝利

第2回となった、奥〇後 「天童杯」
当初、11月開催を予定されていたのだが、一部の小学校の土曜日授業の関係で
開催日が今月へと前倒しされた。

変更された日程は、10月24・25日で開催。
奇しくもこの日は、新田小学校の学校行事とかぶってしまった。
加を見送る事も考えたが、現在の新田ジュニアのチームのメンバー構成は、17名。
内、新田小学校在校の娘は6名。
ありがたい事に他校からの入部の娘達のおかげで、チームが存続できている。
新田小学校の学校行事の都合があっても、試合に出場できる条件は整うのである。
大会2日目新田小学校の娘達は、学校行事が終わり次第合流と言う事で大会参加をすることとした。

大会初日、4チームによる総当たり予選
対戦相手は、直〇ジュニアさん ・ 朝〇ジュニアさん ・ 豊〇ジュニアさん との対戦。
初日の予選を1位通過とし、2日目のトーナメントの抽選となった。

DSC_0058.JPG

キャプテン 史〇が1番くじを引き当て、第1シードで久〇Aさん VS 大〇Bさん の勝者との対戦となった。
トーナメントの山を登れば、2回戦はおそらく全国大会出場チームの緒〇ジュニアさんとの対戦となる。
新田小学校の学校行事終了予定時刻は13:30。
2回戦が行われる時間は、13:00くらい・・・
「試合に間に合わない・・・」不安が頭をよぎった。

学校行事と、大会の予定が同日になってしまった事・・・これは仕方がないことである。
新田小学校は児童数の少ない小規模校。
児童の欠席は、学校行事を成り立たなくさせてしまう。
そして、やはり小学生である娘達は学業が一番!

2日目を、残ったメンバーを信じ、コートを託すこととなった。
DSC_0061.JPG

監督である自分も、新田小学校のPTA会委員であるため学校行事へ参加。
〇籐コーチも、学校行事の役員を仰せつかっており、2日目は不在。
ベンチを神〇コーチに任せて大会2日目に挑む。

翌日は、現地集合。
監督である自分は、大会の事ばかりが気になりながらの学校行事参加となった。

学校行事の最中も、保護者の方から試合の途中経過の報告を受ける。
第1試合は、勝ち上がってきた大〇Bさんとの対戦。
「新田小学校の娘達が来るまで、絶対みんなで頑張ろう!!」
娘達の気持ちが伝わってくる。
21−15  ・  21−7でトーナメント1回戦をとったとの報告を受けた。
これで2回戦の対戦相手は、緒〇ジュニアさんとなった。

学校行事の終了時刻が時間的に第2試合に間に合わない。
試合会場に1秒でも早く駆け付けたい気持ちを抑えて、学校行事を優先させる事とする苦渋の決断を取ることにした。
仕方がない・・・
あきらめようとした、その時、学校側の特別なご配慮をいただき、
昼食をとったあとの閉会行事出席にめをつぶっていただき、大会会場に向かってよいとのお許しをいただいた。
第2試合に間に合う!
校長先生に何度もお礼を言って、娘達と大会会場へと急いだ。

プロトコール10分前に会場に到着。
アップを済ませ、VS 緒〇戦へと挑んだ。
第1セット、ブロック・レシーブと上手く機能している。
良い試合展開ではあったものの、サーブレシーブの位置どりと、スパイクがやや不発に終わり流れを
こちらに引き寄せられぬまま、第1せっとをとられた。

セット間で、サーブレシーブの位置取りに細かく指示をだし、コートへ送り出す。
サーブレシーブの乱れがなくなり、うまく機能し始める。
キャプテン史〇のディグとレセプションが光った事と、玲〇奈の好レシーブがチームのリズムを変えた。
更に、メンバーチェンジにて、5年生の〇菜を投入。
連続2ポイントのサービスエースがさらにチームを加速させた。
第2セットを取る。

試合はフルセット。
8点を先取してチェンジコートすることを伝え、コートへ送り出す。
ファーストサーバーは、〇結。
ここに来て、絶対の信頼をおいていた〇結が、サーブミススタート。
狙いを定めた意思のあるサーブであったがアンテナをかすめてしまった。
ここから、連続失点・・・
脅威の追い上げを見せるも、7−8で相手に先取されチェンジコートとなる。
チェンジコートごタイムアウトを取り、指示を出してコートへと送り出した。
終盤まで終始相手リードで進んで行く。
何かリズムが欲しい・・・
そんな場面で麗〇が、相手スパイクを見事に上げる好レシーブをみせた!
相手の攻撃をしのいで、サーバーは麗〇。
サーブの調子が出ない麗〇であるが、先ほどのレシーブを上げた麗〇をここは信じた。
その麗〇のサーブが走る。
14−14・・・15−14・・・
そして、見事準決勝の、緒〇ジュニア戦を制し決勝戦へと駒をすすめた。

学校行事が重なり出場できないのではないかとの心配があった中での
劇的な勝利であった。

そして、決勝戦 VS 大〇Aさん
奥〇後の中でも、もっとも侮れないチーム。
娘達の気持ちの緩みえお引き締めなおして決勝のコートへ送り出す。
相手は、レシーブがものすごくいい。
しかしながら、先ほどの準決勝の勢いは止まらない。
セットカウント 2−0

昨年の悔しさから1年。
第2回の天童杯を制し、見事優勝を遂げた。

DSC_0033.JPG

学校行事を途中で抜ける事、気が引ける気持ちと、先生方に申し訳ない気持ちでいっぱいであったが、
娘達が、良く頑張って大会に参加して良かったと言う結果にしてくれた。
先生方が、早退を許してくれたのも、娘達が学校での生活態度や学習態度が良いからの事であろう。
頑張る子供達には本当に感謝である。
そして、遅れてくるチームのメンバーのために全力でコートを守った娘達。
まさに、全員バレーで勝ち取った第2回天童杯優勝となった。

この優勝を自信にし、さらにレベルUPを図りたい。

最後に、この天童杯に協賛をいただいた地元企業にみなさんはもちろん、2日間で大会運営に努めていただいた
地元大〇ジュニアの保護者のみなさんにこの場をかりてお礼申し上げます。
2日間、本当にありがとうございました。
posted by 新田ジュニア H監 at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 天童杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

第2回天童杯を終えて

第2回となる
奥〇後 天童杯にて、

娘達がやってくれました!!
まるで、ドラマのような試合・・・

まさに、娘達全員で勝ち取った
優勝です!!

DSC_0037.JPG

2日間の娘達の活躍については、後日のブログにてお伝えしたいと思います。

この、天童杯のおかげでまた一つ、娘達がレベルアップすることができました。

本当に、ありがとうございました。

DSC_0041.JPG
posted by 新田ジュニア H監 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 天童杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

第2回 奥〇後 天童杯

第2回となる 奥〇後 天童杯が、地元企業の(株)天童さん、和田葬祭さん、セイコウ建設さん、小田原工務店さんに協賛をいただき、今年も盛大に開催された。

奥〇後バレーボール連盟主催による2日間の大会。
バレーボールを頑張る子供達のために、このような大きな大会を地元で開催していただける。
協賛していただいた、地元企業の関係者の方々に感謝である。

DSC_0008.JPG

〇後大野市・〇田市で活動するジュニアバレーボールチーム16チームが参加し、
2日間で、天童杯・ふれあい杯を争い交流を深めるこの大会。
大会会場の大〇中学校にて開会式が開催された。

協賛をいただいた(株)天童さんより、大会開催にあたり挨拶をいただいた。

DSC_0010.JPG
DSC_0011.JPG

沢山の子供達に、沢山の活躍のチャンスを!との
子供達に対する想いをこめられた(株)天童さんの
開会式の挨拶に、2日間で行われるこの大会での大きな趣旨を感じた。

そして、バレーボールの大会ではめずらしい?主催者のみなさんの始球式によって
2日間の大会の幕が切っておとされました。

初日は4チームによる総当たり戦。初日の試合結果で2日目の対戦相手が決まります。
翌日2日目は、トーナメントによる天童杯争奪戦です。

新田ジュニアは初日の予選にて
直〇ジュニアさん ・ 朝〇ジュニアさん ・ 豊〇ジュニアさん との対戦となりました。
試合の結果は、後のブログにてUPしたいと思います。

3試合目終了後は昼食時間となりました。
その昼食時間に、開催地元チームの大〇ジュニアの保護者会のみなさんと、協賛いただいた地元企業のみなさんが
豚汁の無料配布を行ってくれました。
参加チームの子供達・指導者・保護者のみなさんの分まで、約400食分の豚汁。
大変おいしく頂きました。

DSC_0024.JPG
DSC_0025.JPG
スポンサーさん自ら炊き出しの陣頭指揮をとられる天童社長さん。
このおもてなしに、本当に感謝いたします。
ご馳走様でした。

初日の予選を終え、夜は指導者懇親会。
スポンサーさんを囲んで、バレー談義に熱い語らいの時間を過ごさせていただきました。

DSC_0065.JPG

DSC_0066.JPG

同じ地域でバレーボール指導に携わるもの同士の宴の席。
子供達のバレーボールについての語らいに多いに盛り上がりをみせました。

奥〇後バレーボール連盟の指導者間の交流も、この大会によって、本当に良い形で盛り上がってきています。

子供達のバレーボールのレベルUP、指導者同士の繋がりが、
今後の奥〇後バレーボール連盟の活性化につながってくるのだなぁ〜と感じることができました。

この、天童杯がますます盛大になり、今後も続いて行ってくれるようにと想いながら、
初日の天童杯を終えることができました。



posted by 新田ジュニア H監 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 天童杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

第2回 天童杯に向けて

週末に行われる、「天童杯」に向けて、月曜 ・ 木曜と練習を行った。

この練習が、予想外にチームのレベルをあげている。
「天童杯」に参加する事で、思ってもみなかったチームへの相乗効果あった。
「天童杯」への参加がなかったら、絶対に行わなかったであろうはずの練習。

この練習で大きく視点を変える事が出来た。

大変充実した練習が行えた2日間。

練習の成果がしっかりと現れるように、第2回の 「天童杯」 を楽しみたいと思う。

posted by 新田ジュニア H監 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月21日

遠い星を数えて

本日、10月21日〜22日未明にかけて、オリオン座流星郡が見られるそうです。

この歌に載せて、流星群を眺めてみようと思います。


それから、本日 2015年 10月21日は、
映画 バック・トゥ・ザ・フューチャーのデロリアンが、未来に向けてタイムスリップして
訪れた日でもあるそうです。

夜空に流れ星、そしてデロりアンの姿を見る事ができるかな?

posted by 新田ジュニア H監 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9232 のバレーノート 大会2日目

10代目新田ジュニア 大会2日目 銀太刀の部 (3位・4位パート) 予選2次リーグ
初日の予選リーグとは違い、レベルの均衡してくることになると思われた。
しかし、今のチーム状態で、試合を制することができるのか?
まだまだ、自信を持って言えない。
どうにか1勝したい!
目標1勝と得失点差を少なくと臨んだ試合。

予選リーグ  VS 〇幡ジュニアさん  VS と〇く少女さん

第1試合 VS 〇幡ジュニアさん
Fコーチには、以前1度4代目新田ジュニアの娘達を指導していただいた事がある。
熱い男だ。
前日の試合内容を考慮し、攻撃できるようにフォーメーションを変えてみた。

1セット目 21−23
あれ?負けてしまった・・・肝心なところでサーブミス・・・
確実に入れておけば、なんてことはないのだが・・・
1セット選手しておけば、余裕もでてくるのに・・・
次は取り返すよ!再度声掛けをした。
ありがとう!
2セット目は22−20
よっしゃ〜!
ギリギリでヒヤヒヤしたが、何とか取り返した。
気持ちが上がると、不思議とかわるもんだね。
3セット目 15−8
2セット目で気持ちを良くしたのか、サーブが走った!
最初に得点を取る!テクニカルタイムアウトを先にとる!サーブレシーブを1本でとめれるか?
その一つ一つが大事になった試合でした。
どんな形であれ、まず1勝したことが子供達のこれからに繋がっていく事でしょう。
よっしゃ〜まず1勝!

2試合目 VS と〇くさん
リーグ戦の4試合目だったので、高〇さん VS と〇くさんの試合を観戦した。
互角の闘い。ちょっとの油断でどっちがかってもおかしくない試合であった。
やっぱり強いな・・・
1セット目 12−21
経験がものをいう。
取れそうで取れない・・・
21点中の半分の得点・・・
練習不足であったが、良く頑張ったと思う。
2セット目 10−21
力尽きた感があった・・・でも頑張った。みんな良く頑張った。
セッター〇那は、3年生。
2本目のボールはセッターの仕事。
ネット際、端から端まで走り回ったね。
キャプテン 〇菜
オールラウンドプレイヤー
サーブレシーブからスパイクとすべてのポジションを走り回ったね。

全ての試合が終り、会場責任者から声がかかった。
個人賞がもらえると・・・
センターで頑張った夕〇!
満場一致で決まったらしい。
いろんな大会に出場したが、初めての個人賞受賞!
賞状には、「努力」の文字が!
賞状と楯と記念品をいただいた。
誰のおかげでもない。頑張った成果が個人賞受賞につながったのだと思う。
夕〇には、これからも努力を惜しまず頑張ってほしい。

DSC_0004.JPG


結果、10代目新田ジュニアは得失点差で決勝トーナメント進出にはなりませんでした。
夕〇の個人賞受賞が大きな成果であった仏の里の大会でした。

ココロの矢印はいつも上向きで!1人でもいたらだめだよ!

気持ちがあがっているときっていつ上がるの?
それとも、上げる?
まだまだ、あげれるほどのムードメーカーはいない。
素直な気持ちで戦っている。
下がった時は、なおさら気持ちを上げれるように努力をしてみよう!

〜 〇籐コーチのバレーノートより 〜

posted by 新田ジュニア H監 at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 9232のバレーノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月20日

9232 のバレーノート

仏の里大会、10代目のベンチには、
〇籐コーチに座っていただきました。

仏の里の10代目の活躍は、〇籐コーチのバレーノートより、このブログに残したいと思います。

DSC_0019.JPG
〜 〇籐コーチのバレーノートより 〜

第9回読売杯仏の里小学生バレーボール大会 10代目新田ジュニア初日
Eパートにて、大〇少女さん ・ 延〇南さん ・ I〇Iクラブさんの予選リーグ。
10代目としての経験や練習量は少ない。
どれくらい失点を抑えきれるか・・・
5年生がどれだけっスターティングメンバーとして使えるか?頑張れるのか試したかった。

予選第一試合 VS 延〇南さん
ここは以前対戦したことのあるチーム。 「強い」 と言うイメージしかない。
サーブで点が取れれば楽に行けるが、その後のレシーブ力も必要になってくる。
サーブもだれが良いかわからない。誰かのサーブが走ってくれれば・・・
ミスが出れば後が続かない。
ファーストサーバーは、桃〇。良いサーブが入るものの、攻撃をくらい得点をあげられなかった。
緊張もあったのか、1セット目は 6−21
サーブは3人しかまわってこなかった。
1セット目からポジションを変える訳にはいかない。

2セット目 もう一度チャレンジ!
相手のミスも手伝って、サーブもまわってきた。
しかし、日頃の練習量と力の差は・・・言うまでもない。
勝てそうで勝てない・・・一人一人がサービスエースを取っていたら・・・
2セット目は、15−21
届きそうで届かない面白い試合であった。

2試合目 大〇少女さん。
9代目も苦戦するチームとの対戦。
10代目も一度対戦させていただいている。
1セット目 3−21
サーブレシーブができず、崩れたところをまた狙われる。
足が動かない、一気に歯車が崩れていく、抵抗もできないまま
2セット目、7−21
同じようにやられてしまった。
10代目としての練習をほとんどやっていない中での挑戦。
点の取り合いになれば面白さもあるが、あっけない負け方であった。
得点を取るために何ができるのか?
スパイクはまだまだ。みんなが出来るのは唯一サーブだけ。
しかし、まだまだ安定感はない。
まだまだ、練習が必要だ・・・

3試合目 I〇Iクラブさん
互角の闘いができるのでは?と感じた。
これも、ベンチでの見方、第3者としてみる見方・・・
少しの判断で内容が大きく変わってくる。
セット間の2回のタイムアウト、テクニカルタイムアウト、選手交代と、あの手この手を使ったつもりが負けてしまった。
1セット目 15−21
あと少しと言うところであった。
2セット目 12−21
勝つ流れを1セット目で完全に見失ってしまった。
雰囲気が違う・・・私自信も嫌な感じがした。
狂った歯車は戻らない。采配のむずかしさ・・・
1セットでも取りたかった。
予選リーグ3戦3敗
子供達には、
「予選なのだから声だけは負けないように」
と言いましたが、観戦された方はいかがでしたか?

思うように子供達を使う事ができませんでした。もっともっと試合に出したかった!と思いますが、日頃の練習の成果、頑張りを見ながら試合に出したと思っています。
勝つための試合なのか?
楽しむだけの試合なのか?
見ている人が感動するためには・・・
なかなか思うようにはいきません・・・

2日目は銀太刀の部へ駒を進める事となりました。
気持ちを引き締めて仕切り直しです!

〜 〇籐コーチのバレーノートより 〜
posted by 新田ジュニア H監 at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 9232のバレーノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

ホームでの練習試合

新田小学校の体育館で、練習試合を行った。
参加チームは、前回と同じく
東〇少女バレーボールクラブさん ・ 青〇ジュニアさん

遠いところ、遥々お越しくださり狭い体育館であるにもかかわらず、練習試合をして頂けることに感謝です。
DSC_0002.JPG
DSC_0001.JPG

チームの看板であるエースが圧倒的な存在感を持つ両チーム。
終日練習試合で、新田ジュニアを鍛えていただきました。

バレーボールの技術はもちろんの事、バレーボールに取り組む姿勢の在り方も
お手本となる両チーム。
目標の試合に向けてまだまだやらないといけない事が沢山ある事に気がつかされた練習試合となりました。

練習試合でお世話になるにもかかわらず、東〇少女のO監さんから、鰯の押し鮨をいただきました。
保護者の方の分まで沢山のお寿司をいただきまして、お心使いに本当に感謝いたします。

20151018200323.jpg

昼食に美味しく頂きました。
O監さんのお寿司に加えて、キャプテン史〇のおばあちゃんからは山菜おこわの差し入れ、
そして新田ジュニアOGである、5代目新田ジュニア 副キャプテンの弥〇からは、だし巻卵の差し入れをいただき
大変豪勢な昼食となりました。
ご馳走様でした。

練習試合の終わり、娘達にバレーボールに取り組む姿勢のあまえを指摘しました。
練習試合に来ていただいた、本当にお手本としたい両チーム。

娘達には、自分達が置かれた環境について今一度考えてほしいと思います。
「バレーボールが上手になりたい!」
その想いに、自分に厳しく努力できるか?
目標が絵に描いた餅にならない様に、しっかり取り組ませていきたいと感じました。

本日の練習試合、ありがとうございました。
また、機会がありましたらよろしくお願いいたします。




posted by 新田ジュニア H監 at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

仏の里大会 〜 個人賞受賞 〜

先日行われた仏の里の大会。
新田ジュニアは2チームで参加させていただきました。

10代目新田ジュニアの2日目の予選終了後、会場責任者の方より、呼び出しの声がかかりました。

個人賞の受賞です!

各試合で会場責任者の目にとまる活躍をし子供に、大会協賛をいただいた読売新聞社様より、個人賞が贈られるとのことでした。
なんと、その個人賞に、10代目新田ジュニアから、3年生の夕〇の活躍が大会役員さんの目に留まったようで、
見事個人賞の受賞をうけることとなりました。
ステージに呼び出され、賞状と立派な縦をいただきました。

20151012093526.jpg

新田ジュニア 3年生の夕〇。
最近、メキメキと上達を見せています。
学校では、少々やんちゃな夕〇の様ですが、バレーボールを上手になりたいと言う素直な気持ちが、夕〇の技術を上げています。
そんな夕〇の今回の個人賞の受賞!
発展途上の夕〇にとって、この個人賞の受賞は大きな自信になった事だと思います。
そして、新田ジュニアにとっても、個人が表彰されると言う経験は初めてのこと。
この夕〇の個人賞の受賞は、新田ジュニアにとっても大変うれしい出来事となりました。

個人賞おめでとう!!夕〇!!
もっともっと、バレーボールが上達できるように、賞状に書かれている 「努力」 を忘れないように頑張りましょう!!

20151012093723.jpg


posted by 新田ジュニア H監 at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 読売杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月16日

誕生日おめでとう!!

仏の里の大会初日。
誕生日と試合が重なった娘がいた。
9代目新田ジュニア キャプテン 史〇だ。
大会当日は6時新田小学校集合。
出発前の一番に、史〇の誕生日を皆でハッピーバースデーの大合唱で祝った♪

DSC_0003.JPG

3年生から入部してきた史〇。
同級生は皆、1年生からバレーを始めていた。
まわりの同級生に追いつけるかと保護者の方はご心配されていたようだが、
史〇の、その真面目な性格で同級生たちとの差を埋めてメキメキと上達していった。

決して騒がしい方ではない。どちらかと言えばおとなしい方であろう史〇であるが、
バレーボールに取り組む姿勢は、本当に一直線だといえる。
その一直線な姿勢が、キャプテンとして皆を引き付ける理由であろう。

〇籐コーチからのサーターアンダギィーのプレゼント。
試合に向けて出発前であったので、お父さん・お母さんとも記念撮影をさせていただきました。

DSC_0006.JPG

セッターとして、レシーバーとして、キャプテンとして頑張る史〇。

誕生日おめでとう!!史〇!!

また一緒に練習を頑張りましょう!!
posted by 新田ジュニア H監 at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

仏の里大会を盛り上げろ!!

9代目新田ジュニアの娘達の仏の里の大会は、
決勝トーナメント初戦で幕を閉じました。

悔しさをかみしめての審判を終え、帰宅となるところではありますが、
「仏の里小学生バレーボール大会」を盛り上げるため、決勝トーナメントを勝ち進むチームの応援することとしました。

ネットを挟んで対峙するときは、ライバルとして。
試合が終ればバレーボールを共に頑張る友達として。

大会要項に書かれていた趣旨の一つである「友達を沢山作る」
そして何より、スポーツ少年団活動の理念でもある「フェアプレー」の精神です。

そして、決勝トーナメントを勝ち進むチームは、練習試合などでともに頑張るライバルチーム達。
新田ジュニアの娘達は応援せずにはいれません。

本来試合の決勝戦とは、一番の盛り上がりを見せるもの。
地元の大会でも思う事ですが、決勝戦のになると、試合を終えたチームは帰ってしまい、残っているチームも少なく
淋しい決勝戦の印象をうけます。

大会を勝ち抜いた素晴らしいチームが戦う決勝戦!
やっぱり盛り上がった方が良い。

娘達と保護者のみなさんも一緒にライバルチームを応援させていただきました。

どこのチームを応援と言うことはありません。
娘達は半々に分かれて応援。1セットが終れば、こんどは交代して反対のチームを応援。

娘達には
「試合が終っても残って応援をしよう。」
「自分達が、応援する事を一生懸命に行えば、新田ジュニアが決勝戦に残ったときには、きっと他のチームが応援してくれるようになる。」
そういって応援をしています。

決勝戦は、地元のバレーボールチームの安〇KAEDEさん VS 神〇ジュニアさん との対決となりました。
地元チームと県外チームとの対戦。

決勝戦に残るにふさわしい両チームの対戦をしっかりと盛り上げさせていただきました。

神〇ジュニアさんとは、昨年の夏の合宿で大変お世話になったチーム。
安〇KAEDEさんとは、昨年の仏の里銀太刀の部で決勝戦をたたかわせていただいたチームです。

1年で大きく成長した両チームの闘いは、まさに決勝戦にふさわしい試合となりました。

優勝は、神〇ジュニアさん。
子供達指導者の方々、保護者のみなさん、本当におめでとうございました。
DSC_0054.JPG

ライバルチームたちの活躍を目にしながら、また決意を新たにした仏の里の大会でした。

そしてこれからも、新田ジュニアはフェアプレーの精神を持ち続けて行きたいと思います。

posted by 新田ジュニア H監 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 読売杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

仏の里小学生バレーボール大会 2日目

大会2日目。
初日の予選をFパート2位通過し、いよいよ2日目の決勝トーナメント目指してのリーグ戦に臨みました。
大会前の組み合わせで対戦チームの予測を立てていました。

選で最も当たりたくない相手との対戦。
茨の道を選んだ娘達の試練の対戦なりました。

2日目、予選リーグ 第1試合 VS 青〇ジュニアさん。
本年度、練習試合で良く交流させていただいているチームです。
とにかく、エースが素晴らしい!!
パワーと上手さを併せ持ったまさしくスーパーエースです。

練習試合でも、まったく勝たせてもらった事がありません。
しかしながら、先日の敗戦の反省とライバルチームとの対戦が、朝の娘達の試合に臨む態勢をしっかりと作ってくれました。
しっかりとした気持ちで会場につくなり、アップに入る事ができました。
試合に対する気持ち作りも勉強する事ができました。

DSC_0040.JPG

いよいよ、試合開始。
終盤までは、離されずについていく事ができました。
いつもなら、サーブレシーブでの連続失点やサーブでのリズムの足止めをしてしまう娘達ですが、このセットは練習の成果が良く出ていました。
しかしながら、相手エースのスパイクの決定力がすごい。
フォーメーションの位置と相手エースのスパイクの落球ポイントのズレの修正に間に合わず、14−21で第1セットを取られました。

セット間でレシーブの位置取りを細かく指示をだし、コートに送り出します。
ファーストサーブから果敢に攻める〇結。度胸と気迫あふれる攻めのサーブの〇結です。
第1セットと同じく、離されないまま終盤へ。
レシーブ位置の良さで、相手エースのスパイクを上げれる本数が増えてきました。
そして今度はこちらがブレイク。
練習してきたサーブの効果をほとんどの娘が出す事ができました。
21−15で第2セットを取る事ができました。
青〇さんから初めて奪った公式戦での貴重な1セット。

このまま勢いに乗りたいと第3セットを戦いますが、テクニカルタイムアウト明けから連続サーブミスが続き、9−15で予選第1試合を落としてしまいました。

つづく第2試合、VS 護〇さん
先日の懇親会で、護〇さんの監督さんと自分は同級生であることが判明しました。
試合前の握手。同級生対決です。
予選第1試合で集中力を使い過ぎたのか、勢いに乗れない娘達。
つまらないミスが続きます。
自らのミスで勢いを足止め・・・流の悪いまま 何とか21−17  21−15で第2試合をとり2位通過で決勝トーナメント進出tなりました。

会場移動し、キャプテンによる抽選が行われました。

DSC_0048.JPG

キャプテン 史〇が引き当てたのは、先日の予選で苦渋をのまされた、財〇寺南さん。
願ってもないリベンジのチャンスがやってきました。

気合充分で臨んだ決勝トーナメント初戦。
娘達のリベンジの気持ちが前にでた試合となりました。接戦で迎えたマッチポイント。
何とかとりたかったのですが、相手エースのうまさにまたもや翻弄されました。
小学生ながらに戦う術を知っている財〇寺南さんのエース。
23−25で第1セットを取られます。

第2セットは、相手エースのボールをこちらのブロックが良くとらえました。
和〇子 ・ 那〇 のブロックが機能し、レシーブのコースを拾いやすく作ってくれました。
21−18で第2セットを取ります。

第3セット
コートの中に混乱が起こります。
セッターの〇結の表情が明らかにおかしい。
コートの中でココロが折れそうになっていました。
原因は・・・


控えの選手もおらず、正直指揮を出さないといけない自分も混乱してしまい、娘達に適格な指示を出すことができず
11−15でこのセットを落としてしまいました。

決勝トーナメント初戦敗退・・・
9代目新田ジュニアの2度目の仏の里の大会も、悔し涙の幕切れとなってしまいました。

初日の予選・決勝トーナメントと同じチームに勝てなかったこと。
悔し涙が溢れる娘達。
この仏の里の大会は9代目新田ジュニアの娘達にとって、2年連続で悔しい想いの大会となりました。
しかしながら、昨年の悔しさが、娘達を大きく成長させてくれたのは事実です。
今回の敗戦も、またひとまわり娘達を大きく成長させてくれたのだと思います。
負けて学んだ事をしっかりと次の大会で活かしたい!

目標に向かってまた努力です。
DSC_0056.JPG

posted by 新田ジュニア H監 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 読売杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

仏の里大会番外編 〜国東散策〜

初日予選が終わり、今大会で予定されていた懇親会に〇籐コーチと二人で出席予定にしていました。

懇親会の開催時刻まで、空き時間があったため、〇籐コーチと国東散策をしてきました。
試合終了後は、まずお風呂。

試合会場近くの海の見える眺めの良いお風呂で、初日の反省をしました。

DSC_0026.JPG

試合終了後のひとっぷろ!
これは、格別です!〇籐コーチとハダカの付き合い。初日の反省・明日に向けての作戦。
このお風呂でのひと時は、本当に試合での疲れを癒してくれます。

そして、懇親会までの時間、せっかく国東の来たのだからと、仏の里でも代表的な 「両子寺」を目指す事としました。
以前から、行ってみたいとおもってはいましたがなかなか機会に恵まれませんでした。
ナビをたよりに目的地までドライブ。
到着までの時間も〇籐コーチとバレー談義でした。

そして、目的地の 「両子寺」 に到着。

DSC_0027.JPG

有名な仁王像と記念撮影。
風流な参道を、ココロ静かに散策しました。
紅葉シーズンにもう一度訪れたいですね。

阿吽の呼吸で仁王立ちする銅像。
新田ジュニアの娘達・指導者・保護者が阿吽の呼吸になるといいな〜と、
願いをこめました。
DSC_0034.JPG

仁王像と同じ様に、像の前には樹齢何百年であろう大木が。
懇親会までの時間を有意義に過ごすことができました。

そして、懇親会会場に到着。
参加されたみなさんと、バレー談義に花を咲かせました。

DSC_0038.JPG

2日間の大会初日終了後の懇親会。
参加チームの指導者の方、保護者会代表の方たちとの大切な交流の場所です。
この懇親会で、情報交換や交流を深めライバルチームとしての絆をも深める事が出来ます。
新たなご縁が生まれ今後の交流に繋がったり、練習試合をとりつけたりと実に良い交流の場所となっています。
何より、みなさんがバレーボールと言う競技を通じて熱い想いを語り合える大切な場所。
想いや悩み、目指すものが同じもの同士の集まりは、話が尽きる事はありません。
この様な会宴を催してくれる、実行委員会さんのおもてなしのココロに感謝です。
大会を裏で支える大会スタッフのみなさんの気持ちが、参加して良かったと思わせてくれます。
本当にありがとうございました。

この懇親会での指導者のみなさんの繋がりが、ジュニアバレーを頑張る子供達に大きく反映されることを願いたいと思います。
有意義な懇親会に参加させていただき、本当にありがとうございました。




posted by 新田ジュニア H監 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 読売杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

仏の里 小学生バレーボール大会 初日

仏の里 大会初日は、国東中学校会場での予選となりました。

9代目新田ジュニア ・ 10代目新田ジュニア 両チームともに同一会場。
大会事務局のご配慮に感謝いたします。

開会式終了後、予選会場へ移動。
4チーム総当たりの予選リーグに臨みました。
9代目新田ジュニアは、
VS と〇く さん
VS 別府〇山さん
VS 財〇寺南さん との予選。

10代目新田ジュニアは、 
VS I〇Iクラブさん
VS 延〇南さん
VS 〇内少女さん との予選となりました。

9代目新田ジュニア 予選リーグ 初戦 VS と〇く さん
大会初日の大事な初戦。リズム良く戦いたかったところですが、娘達のココロと体がバレーモードに
突入できません・・・
気持ちは入っていても体調が整わない・・・
この様な感じで試合に入って行ってもチームの勢いは上がりません・・・
一人のリズムの悪さにいつの間にやらコートの中の全員が引き込まれていきました。
21−9  21−11で不安を残しながら初戦を取ました。

リズムの悪さを注意し臨んだ2戦目、VS 別府〇山さん
21−5 ・ 21−5で取りはしたものの、チームのリズムの悪さに気がつきません・・・

そして迎えた予選最終戦 VS 財〇寺南さん。
自分達の試合に臨む姿勢の悪さに気がつかぬまま、この試合にもリズムの悪さが出ます。
1・2試合目で狂った歯車を、元に戻すことは容易ではありません。
コートの中で、「これではいけない!」
と娘達が気がついたのは、第1セット終盤・・・
気がつくのが遅すぎで、さらに気持ちに焦りが生まれ、案の定第1セットを 17−21で落とします。

第1セットを落とさなければ、気がつけない・・・
あれほど、第1試合・第2試合間で言っていたのにと、娘達に伝えるむずかしさをあらためて感じました。
やっと、エンジンがかかった娘達でしたが、財〇寺南さんのエースの攻撃に撹乱されっぱなし・・・
24−26で予選最終戦を落とし、2位通過となってしまいました。

上位2チームが 「仏の里の部」進出と言う条件があったからよかったものの、トーナメントの大会であれば、
審判をして、はい、さようなら!です。
きちんと試合を進めて行けば、翌日の予選が少しでも有利になると言うのに、
どうしても茨の道を選んでしまう9代目新田ジュニアの娘達です・・・


小学生である娘達を試合に臨ませる前の態勢作りのむずかしさを、あらためて知ることとなった初日の予選となりました。
DSC_0021.JPG

予選終了後、娘達を集めて試合に臨む前の過ごし方について再確認をしました。
予選を終え、翌日は決勝トーナメント進出をかけた予選リーグが行われます。
娘達が、翌日どのような気持ちで大会2日目を迎えるのか?
選手としての自覚をしっかりと持ってもらいたいと思います。

昨年の悔しい想いを思い出せ!!

頑張ろう!!新田ジュニアの娘達!!


posted by 新田ジュニア H監 at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 読売杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第9回 読売杯 仏の里小学生バレーボール大会

第9回となる 仏の里小学生バレーボール大会が今年も、国東市で盛大に開催された。

本年度もこの仏の里の大会に出場させていただける事にココロから感謝したい。

県内外から、36チームが仏の里に集まった。佐賀県・宮崎県がらもチームの参加があり、日頃対戦できないチームと試合や交流を深める事が出来るこの大会。

この様な素晴らしい大会を企画していただいた、大会実行委員会さん、
そして、市の教育委員会さんや観光協会さんの国東市を上げての後援、
バレーボールを頑張る子供達のために、協賛いただいた 読売新聞富久販売店さん・大塚製薬さん・(株)モルテンさん
本当にありがとうございました。

朝6時、新田小学校集合。
今大会は、ありがたいことに2チームでの出場をさせていただく事が出来、9代目新田ジュニアと10代目新田ジュニアの2チームで試合に挑む事となりました。
DSC_0004.JPG
DSC_0005.JPG

お父さん・お母さんに挨拶を済ませ、開会式会場へ向けて出発しました。
8時に開会式会場である安岐中央小学校へ到着。体育館に入り、参加チームの指導者のみなさんに挨拶を済ませ開会式を待ちました。
開会式では、地元国東市のゆるキャラである 「さきち君」 が子供達を出迎えてくれました。
DSC_0013.JPG

「さきち君」は国東市に住んでいる妖精なのだとか。
尻尾に触って鈴を鳴らすと幸せが訪れるそうです。
バレーボールを頑張る子供達に沢山の幸せが訪れますように。。。

そして、地元バレーボールチームの安〇KAEDEさんの子供達が温かい歓迎の挨拶をしてくれました。

DSC_0016.JPG

気持ちのこもった歓迎色いっぱいの開会式にココロが温かくなりました。

この大会の趣旨は、
「小学生バレーボールのレベルUPを図るとともに、バレーボールを通じて沢山の友達をつくることを目的とする」
と大会パンフレットに書かれていました。
県内のチームはもちろんの事、県外チームの子供達、指導者の方々、保護者のみなさんと交流できる貴重な大会です。

今年もこの「仏の里」の大会に参加できて本当に良かったなと、開会式を見なが感じる事ができました。

新田ジュニアの娘達の大会での活躍は、後日のブログにてUPしたいと思います。

今後もこの「仏の里小学生バレーボール大会」が、ますます盛大に続いて行ってくれる事を願いたいと思います。
そして、この様な素晴らしい大会にずっと出場させて頂けるチームであり続けたいなと、
特別な日に感じた1日となりました。
posted by 新田ジュニア H監 at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 読売杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月11日

新田ジュニア 8周年記念日

本日、10月11日をもちまして
新田ジュニア創部8周年を迎えることができました。

「バレーボールを始めませんか?」
と言う呼びかけに集まった子ども達と初めて体育館で練習を行ったのが、2007年10月11日でした。

あの日から8年。

初めてあの体育館の扉を開けたときの事を懐かしく思い出します。

バレーボールを通じて出逢った娘達。

その娘達が、沢山の感動を与えてくれました。

娘達が沢山の出逢いをもたらしてくれました。

バレーボールを頑張る娘達との駆け足の8年でした。

娘達に大きな怪我もなく、ジュニアバレーボールの活動が出来たことに感謝です。

そして、縁あって監督である自分と出逢い、一緒にバレーボールをしてくれた歴代新田ジュニアの娘達と、これまで新田ジュニアに関わって頂いた全ての方々に、この場をかりて感謝の気持ちを伝えたいとおもいます。

9年目のスタート。
明日は、国東でのバレーボール大会の2日目です。

8周年の記念日に、娘達としっかり頑張りたいと思います。

そして、9年目の活動が益々充実した活動となるように娘達と一緒に頑張りたいと思います。

誕生日おめでとう。新田ジュニア。

この8年に想いをはせつつ、今後の活動に繋げるためにも大切な記念日を充実した1日にして過ごしたいとおもいます。




posted by 新田ジュニア H監 at 01:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

1年を経て

明日から3連休。
この連休中に、大会が行われる。

「仏の里・小学生バレーボール大会」である。

昨年のこの「仏の里」の大会。

5年生チームで大会に挑んだ娘達が、忘れる事の出来ない経験をした。
この大会で学んだ敗戦・・・
初めて娘達がココロの底から、負けることの悔しさを知ることになった。

あれから1年・・・

成長した娘達と、明日から再び「仏の里」の大会に挑む。
2日間の大会の中で、昨年の敗戦からどれだけ成長できているのか、確かめる試合となる。
気持ちを引き締めてバレーモード全開で臨みたい。

2日間の娘達の活躍に期待である。


posted by 新田ジュニア H監 at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月04日

復活の千〇ジュニア

ある事情により、活動を休止していた隣町のジュニアバレーボールチーム 千〇スマイルさん。

その千〇スマイルさんが、新たな指導者と集った子供達によって
千〇スマイル改め、

「千〇ジュニア」 として復活を果たした。

そして、本日はその千〇ジュニアさんと、合同練習をすることになり、新田小学校の体育館に
千〇ジュニアさんが来館してくれた。

DSC_0003.JPG

本年度より、新チームとしてチームを立ち上げた千〇ジュニアさんと新田ジュニアの2チームで、1日合同練習に頑張りました。
バレーボールを始めたばかりの子供達との練習。
一生懸命バレーボールに取り組む子供達から、自分も新田ジュニアの娘達も多くの刺激を受けました。

自分の座右の銘の一つに、 「初心忘れるべからず!」と言う言葉があります。
ちょうど今月の11日で、8周年を迎える新田ジュニア。
本日の千〇ジュニアさんとの合同練習で、自分が新田ジュニアを立ち上げたときの事を思い出して懐かしさを感じました。

8年前の自分も、自分の元に集まってくれた娘達もこんな感じだったなぁ〜と初心に戻る事ができたことに感謝です。
亡くなられた、旧千〇スマイルの 故 小手川監督からも
「迷った時は初めにもどれ!!」と、よく叱られたものです。

今回の合同練習も、小手川監督がつないでくれたのかもな。
なんて思ってしまいました。

新田ジュニアの娘達が、一生懸命、千〇ジュニアの子供達にバレーボールを扱うコツなどを教えていました。
他人に教えるためには、自分がきちんと理解できていなければ伝えることはできません。
伝える事に四苦八苦しながら、新田ジュニアの娘達も多くの学びがあった事だと思います。

DSC_0006.JPG

共に練習を頑張った後に、数セット練習試合を行いました。

少し早めの11代目新田ジュニアの娘達がコートに入り試合をすることができました。
練習の成果をしっかりと出したのが、〇流です。
連続6ポイントのサーブポイントをとりコートを笑顔で走り回っていました。
IMG_1602.JPG

1日で沢山の学びがあった、合同練習となりました。
機会がありましたら、また一緒に練習しましょう!!

posted by 新田ジュニア H監 at 21:20| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

中学校バレー

本日は、久々の土曜日休み。

ジュニアの練習もOFFであったため、中学校のバレー部の練習を覗きにいってみた。


現在、中学校バレー部では、7代目新田ジュニアキャプテン あ○さが、籍を置き頑張っている。


先日の新人戦の決勝戦では、惜しくも優勝を逃してしまったとの事。

悔しさをバネに練習に励んでいた。


部活動の見学に行って感じたことであるが、部活動の難しい部分は小学生の時バレー経験のある部員とバレー経験のない部員との共存であると感じる。


ジュニアバレーを経験した部員が、日頃の練習でいかに中学校からバレーを始めた部員達と共に練習が出来ているかと言うことだ。


自らスキルアップも大事であるが、この部分の占めるウエイトは大きい。

そう言う意味でも、キャプテンとしてのあ○さの役割は重要なのである。


あ○さの中学校バレーの時間は既にもう1年ない。残りの時間を大切にしっかりと頑張ってもらいたい。


来年の中体連、あ○さが輝ける事に期待したい。


がんばれ!

あ○さ!!
posted by 新田ジュニア H監 at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

マラソンサーブ

数年ぶりにマラソンサーブ練習を行った。

マラソンサーブ・・・
サーブにおける1点の重み。サーブの重要性と、サーブミスがチームをピンチに陥れる事の意味。
バレーボールにおいて、自分のミスがどのように仲間を苦しめる事になるのか・・・

この練習で、沢山の事を知る事が出来る。

練習内容はアップする事を控えたい。

練習を課した監督である自分でさえも、見ているだけでココロが痛むような辛い練習であることだけはお伝えしておきたい。

(過去のマラソンサーブ練習の記事はコチラ)

自分のミスがチームや仲間に及ぼすこと、自分勝手なプレイや自己中心的な考えは、バレーボールにおいて仲間を苦しめることに直結します。
自分のプレイの後にボールを触る人を思いやる心がなければ、できないスポーツです。

本日のこの練習で、すこしでもそのことに気がつき自分のプレイに磨きをかけれる人になってほしいと思います。
きつい練習の中からでも、何かを見出し成長できる人になってほしい。

娘達の頑張る姿を見ながら、指導者としての責任を再度実感しました。

サーブの入らない娘を、サーブが入るように導く事が指導者としての役目。
甘い事ばかりでは、ピンチを乗り越えられない娘達になってしまいます。
時には、厳しく娘達を導くのも指導者としての責務です。

辛い練習に耐え抜く娘達を見て、指導者としての責任の重要性を再確認させられました。

この娘達と一緒に、これからもしっかりと頑張らねばならない!
今日も、娘達に教えられた1日となりました。


posted by 新田ジュニア H監 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする