2014年09月30日

明日から10月 〜9月のまとめ〜

暑い夏が過ぎゆき、早いものでもう9月が終わってしまいます。


少し気が早いですが、2014年のカレンダーも残り3枚となりました。


娘達も学校では、夏休みが終わり運動会を経てココロも体も成長した一か月であったと思います。


新田ジュニアにとっても、9月のひと月は大きく成長できたひと月でした。練習方法を見直し、基礎練習中心の練習を繰り返してきました。この練習で娘達は上達するのか?と不安な思いにかられながら、自分のはやる気持ちを抑えての基礎練習。


その不安を打消し、これでよかったのだと証明してくれたのは娘達でした。


練習の成果を100%出し切って戦った仏の里の大会。喜びも悔しさも味わって、指導者も娘達も成長できた大会を経験することができました。春にまいた種が大きく実をつけた9月。収穫を間近に控えて豊作の予感です。


10月は、刈り入れの月。大きく膨らんだ実がたくさん収穫できるように、10月で追い込みをかけます。


首を垂れる稲穂のように、収穫多き10月になるように活動して行こうと思います。
posted by 新田ジュニア H監 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月29日

久しぶりの平日練習

勤務の都合で一週間練習に出れなかったが、久しぶりに平日の練習に出る事ができた。

一週間娘達の練習を見ていないので、心配であったが今日の練習を、気持ちよく終えることができた。

基礎練習の効果がしっかりと出てきている。

そして、自分が練習に出れなかった一週間を、○籐コーチと、神〇コーチが娘達に熱い指導を施してくれたのが良くわかった。頼れるコーチ陣の存在に感謝である。

練習の残り15分に、ゲーム練習をしたが、随所に娘達の成長がみられた。

キャプテン 史○の考えたプレイから伸び伸びとバレーをする娘達の姿が見られた。

10代目新田ジュニアでは、○菜のスーパーレシーブ、桃〇のスパイクポイントと戦えるチームになりつつあるチビさん達だ。

来月頭に、仏の里の大会が終わり次の目標に据えた大会が開催される。監督である自分のビジョンは見えてきた。娘達と一緒に目標を達成させたい。

ひと月後、成果が出せるように、練習に取り組みたい。

来月が楽しみである。
posted by 新田ジュニア H監 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月27日

第一小・東小 秋季第運動会

本日は先週の新田小学校秋季大運動会に引き続き、第一小・東小の秋季大運動会が開催されてた。


町内の小学校でも「マンモス校」であるこの2校。この2校から、新田ジュニアに入部してくれている娘達がいる。5年生の和〇子 ・ 那〇 4年生の陽〇 2年生の夕〇 ・ 結〇 5年生の麗〇 ・ 桃〇だ。その娘達の頑張る姿を見にいってみた。


なんせ児童数の多い学校のため、どこにいるのかわからなかったが、かろうじて 和〇子 と 桃〇を発見することができた。


IMG_1531.JPG
IMG_1533.JPG


学校でも、一生懸命に頑張る娘達の姿をみることができた。
posted by 新田ジュニア H監 at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月26日

バレーがしたいです!

仕事の勤務の都合で、一週間バレーの練習に行けていません…



こんなに、長くボールに触らない日が続くのは久しぶりです…



バレーボールがしたいです…
posted by 新田ジュニア H監 at 04:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月25日

ブログ 「監督のバレーノート」 リニューアル

本日をもちまして、「監督のバレーノート」 リニューアルであります。
引き続き、新田ジュニアに関わる娘達の活動も記録を、書き綴っていきます。
これからも、「監督のバレーノート」を、よろしくお願いいたします。


H0039.jpg
posted by 新田ジュニア H監 at 04:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月22日

新田ジュニア ダイエットクラブ

体育館に、久しぶりに来館したOGの姿があった。


2代目新田ジュニア セッターの あ○い だ。



Img_1530



現在高校3年生。バレーボールは続けていない。監督である自分の娘だ。


何でも最近、自分の体重を気にしている様子。絶対来ないだろうと思ったが、「ジュニアの練習に来れば〜」と軽く言っておいたところ、シューズを持って練習着に身をつつみやってきた。


目的は何であれ、OGの来館はうれしいものである。


ダイエット用のメニューは用意していないので、娘達と一緒に体を動かした。中学校バレー引退後から3年のブランクがあるものの、体が覚えたバレーボールの動きは、忘れてはいない様子。気持ちよく汗を流せたようであった。


もうすぐ、新田ジュニアを立ち上げて丸7年が経とうとしている。卒団していったOGは、23名。残念ながら卒団させてあげることはできなかったが、新田ジュニアに関わった娘も数名いる。そんな23名のOG達も、今それぞれの道で活躍している。


中学校バレー部で活躍する娘、高校バレーで春高を目指している娘。バレーボールを続けてはいないが、しっかりと自分の道で活躍している娘。


新田ジュニアでバレーボールに取り組んだことは、きっと何等かの形で、彼女たちの役にたつ事があるはずだ。


OG達がいつでも、やってこられるように、まだまだ頑張らなければならないな。


あ○い さん、少しは減量できたかな?

数日後には、きっと筋肉痛に襲われるんだろうな・・・

posted by 新田ジュニア H監 at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

新田小学校秋季大運動会

新田小学校秋季大運動会
本日は、新田小学校秋季大運動会の開催である。


バレーボールだけでなく、学校でも一生懸命頑張る娘達の姿を見る事ができた。


何にせよ、子供達の頑張る姿は元気と感動をもらえるものです。

posted by 新田ジュニア H監 at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月19日

アニメ・ハイキューに救われた

仏の里大会を終えて帰宅した。

帰りの道中、○籐コーチと悔しさをかみしめながら帰った。

練習の成果を出し切った娘達の試合・・・本当に良く頑張った。

しかしながら、娘達を勝たせてあげる事が出来なかった自分のふがいなさに悔しい気持ちでいっぱいだった。

なかなか、気持ちの切り替えが出来ない自分のこの性格がたまに嫌になる。

この仏の里の大会の敗戦の気持ちを切り替えるため、帰宅して毎週楽しみに見ているテレビアニメ 「ハイキュウ―」 を見て気持ちの切り替えをしようと思った。

ご覧になられている方はわかると思うが、烏野高校 VS 青葉城西のクライマックス。ディユースを取るかとられるかで先週の放送を終えていた。

烏野高校が勝つ場面をみて、気持ちを切り替えるはずが、まさかの烏野高校の負け・・・

新田ジュニアも負けて、烏野高校もまけて気持ちの切り替えどころではないじゃん・・・とおもったのだが、このアニメ 「ハイキュー」 の中の言葉に救われました。


〜バレーボールアニメ ハイキュー #24 より〜

「負けは弱さの証明ですか?」

「負けると言うことは、地に這いつくばった後、また立って歩けるのかと言う試練なのではないですか?」

「そこに這いつくばったままならば、それこそが弱さの証明です!」

〜バレーボールアニメ ハイキューより抜粋〜



くよくよしている自分に問いかけられた気分でした・・・

這いつくばってはいられません!!前進あるのみです!!

このアニメのセリフに、気持ちを切り替えることができました。

また、娘達と一緒に、練習に励みたいと思います!!

バレーボールアニメ 「ハイキュー」・・・永久保存版です。

posted by 新田ジュニア H監 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月17日

仏の里大会2日目〜長い一日〜

国東半島での夜から一夜明け、大会2日目の朝をむかえました。前日のお酌攻撃にも負けることなく、気持ちの良い朝を迎える事ができました。

○籐コーチと朝食をコンビニで済ませ、2日目予選会場の安岐町体育館へ着きました。

到着後、前夜の懇親会でご一緒させていただいた〇岐UMEのお父さんたちにご挨拶。○岐UMEの子供達は早々にUPをしていました。早朝の空気をさいて〇岐UMEの子供達の元気な声が響き渡っていました。数分後、我らが新田ジュニアの娘達も試合会場に到着。

さっそくPUに取り掛かりました。

Img_1514

2日目、銀太刀の部(前日予選3位・4位チームによる下位パート)予選を、○岐UMEさん ・ 真〇Bさん ・ と○くさんとの4チームリンクリーグで対戦させていただきました。

予選第1試合 VS ○岐UMEさん

娘達も自分も気合万全で臨みました。元気いっぱいの〇岐UMEの子供達。練習試合で〇岐UMEのチームの取り組みを真似させてもらっている新田ジュニアです。本家本元のチームに恥じない様にと娘達に伝え気合をいれて声だししました。

2日間の長距離の移動が心配されましたが、朝からリズム良くスタートをきることができました。○岐UMEさんと付きつ離れずの試合展開に、リズムを変えたのはピンチサーバーの桃〇・玲〇でした。第一セットで引き寄せたムードがそのまま出て、第2セットは気持ちの良い試合。21−16  ・  21−13  で試合を制した。

2日目予選第2試合 VS 真〇Bさん

全国大会出場経験のあるこのチーム、先日の国〇高校杯では、監督さんからアドバイスもいただいた。そのチームの下級生チームのようだ。

第1試合の勢いのまま、この試合に突入。練習してきた「送りのレシーブ」の成果が今大会では随所にみられた。特に玲〇奈は丁寧に良くボールが運べていた。その送りのレシーブの効果で、セッター史○のトスPUの乱れがなくなった。安定したトスで面白いようにスパイクが決まり、21−7で第一セットをとった。続く2セット目は、5年生がんばってもらうべく、和○子を外した。6人いる同級生であるにも、どうしても和○子頼みのバレーボールになってしまう娘達。和○子がいなくても頑張れるところをみせてほしかった。これは、9代目新田ジュニアの今後の大きな課題ともいえる。何とか21−17で第2試合もとることができた。

結果Cパート予選1位で決勝トーナメントの駒を進める事ができた。

決勝トーナメント会場である安岐中学校へ昼食を済ませて移動となった。

Img_1506

会場移動後、キャプテンによる抽選にて、決勝トーナメントの対戦相手は、第2試合の香〇地さんと桜〇丘さんの勝者との対戦となった。その結果、桜〇丘さんとの対戦がきまった。

地元奥○後の大会や練習試合で何度か対戦させていただいているが、一度も勝てていない相手だ。監督のY監さんとは、前日の懇親会でいろいろお話させていただいた。和やかなムードで試合が始まるのかと思えば、前日とは全く違う表情のY監さん。ベンチに座る勝負師の表情に自分の気持ちも引き締まった。

準決勝開始!この試合開始から終盤まで、お互いにブレイクはなく、着いては離れるの繰り返し・・・流れを変える何かがほしい!!前日から何度も新田ジュニアに流れをひきよせた桃〇をコート―に投入した。この采配が見事に的中!桃〇のおかげで何とか逃げ切り、21−16でこのセットをとった。

チェンジコートでベンチに戻った娘達に、「まだ勝ったわけではない!1セット取っただけ!気持ちを抜くな!」と伝えた。2セット目のコートに戻る前、皆で手をつながせ、めをつぶり、2セット目を勝った場面をイメージさせた。

第2セットも得点をなかなか引き離せない。打っては拾ろわれ、拾っては打つの繰り返し。第1セットと同様に桃〇を投入するもブレイクまでは至らなかったが、ここで流れをつかんだのは、那〇のブロックポイントだった。ブロックポイントで勢いが加速。和○子もエースアタッカーとして本当に良く頑張った。そして最後に劇的な幕がおとされる。相手のサーブを玲〇奈がレシーブ!きれいにセッターに返球されたボールを何と、史○がツーアタックのフェイントで最後の1点をとったのだ。そして、初めて桜〇丘さんに勝つことができた。

1か月の基礎練習の成果がすべて出せたこと。そして何より頑張った下級生の活躍に新田ジュニアの選手層が増したことを感じた。本当に良い経験をすることができました。

そしていよいよ決勝戦。この仏の里の決勝戦に嬉しいサプライズがありました。決勝戦の選手のコートへの入場が、全日本ワールドグランプリのTVと同じように一人一人が選手コールを受けコートに入場していくのです。TVでみている場面をまさか自分たちが体験できるとわ!!本当に娘達の良き思い出になったと思います。何だか感動でした。

そしていよいよ決勝戦!

VS 安〇KAEDEさん

まさか行けるとは思いもしていなかった決勝戦の舞台と、思いもよらなかったサプライズに少し舞い上がり、2日間の試合の疲れ、準決勝の激戦の体力の消耗と、準決勝を勝った達成感による気持ちの緩みが出てはいけない場面ででたように思えます。第1セット終盤でのサーブミスとカットミス・・・ほんの僅かなミスにチームのリズムが乱れました。21−19で第1セットを落とす。

第2セットも勢いが上がりません。娘達は頑張っていました。しかしながら体は正直・・・そして、そんな疲れたときにでも、残った体力を振り絞る事ができない精神力の弱さが出てしまいました。2本のサーブレシーブミス2本のサーブミス・・・明らかに疲れがでた〇結と○菜をメンバーチェンジしましたが壊れた歯車は二度と元には戻らず21−14でこのセットを落とし仏の里 銀太刀の部の準優勝で大会を終えました。

準優勝・・・最後のセットを落として娘達は泣いていました。あの時もう少し頑張っていれば・・・あのサーブが入っていれば・・・あのスパイクが決まっていれば・・・そんな想いの涙なのでしょう・・・

試合が終ってからそんな想いがこみ上げます。でも後からそんな事を思っても、やり直しはできません。

まだまだ、勝つにふさわしいチームではないと言う事!勝つ事への執着が弱いのでしょう。

この悔しさ、娘達の涙を忘れないように今後の練習に励みたいと思います。

初めて見せた娘達の悔し涙

きっとこの娘達は、成長できる。改めて確信できたこの仏の里の大会でした。

Ca3i0011

posted by 新田ジュニア H監 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 読売杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月16日

仏の里 指導者懇親会

仏の里大会初日の日程を終え、指導者懇親会に参加させていただきました。

本来であれば、チームの娘達と一緒に宿泊したかったところですが、今回は自分と○籐コーチの二人で子の懇親会に参加させていただきました。

試合日程を終え、懇親会会場である宿泊施設のお風呂で初日の疲れを癒させていただきました。海が見えるパノラマ大浴場。○籐コーチと娘達の活躍を振り返りながらのつかの間の贅沢な時間を過ごしました。

懇親会までの時間を宿泊先でのんびり過ごし、懇親会会場へ向かいました。

懇親会会場には、バレーボールを通じて知り合った指導者のみなさんや、保護者のみなさんの顔ぶれがありました。

Ca3i00050001

皆さん、いつも子供達のために、熱くバレーボールの指導をされている方たちばかり。

懇親会が始まる前から、バレーボールについての語らいがされていました。今日の試合の事、日頃の活動やチーム事情、チームの子供達の事。話は尽きません。

そしていよいよ会が始まり、乾杯の発声を〇海少女バレーボールクラブ監督であられる、O監さんの、指導者のみなさんに向けられた熱いメッセージによって懇親会が始まりました。

Ca3i00020001

この沢山の方々との出会いも、歴代の新田ジュニアの娘達の頑張りが繋ぎ、めぐり会わせてくれたもの。娘達には本当に感謝ですし、この事だけは絶対に忘れてはいけないのだと感じました。

懇親会の中で初日の対戦成績と2日目の予選組み合わせが配布されました。

2日目第1試合は、〇岐UMEさんとの対戦となりました。懇親会では、○岐UMEの保護者のみなさんも多数参加されており、前日からベンチを潰す「お酌攻撃」を受けました。(笑)

練習試合でお世話になってい〇ヶ丘のY監さんとの会話で、なんと同級生だと言うことが判明!同級生同士で良いお話をさせていただく事ができました。

〇ヶ丘のチームに同伴されていた、I さんより、Y監さんの秘密の話も聞くことができ、(大きいとか、高いとか・・・)楽しい懇親会となりました。

この様な懇親会を開催していただいた、大会実行委員さんにも、本当に感謝です。

熱い熱い国東半島の夜となりました。

ありがとうございました。

posted by 新田ジュニア H監 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 読売杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月15日

仏の里バレーボール大会 〜初日〜

早朝6:00に新田小学校集合。

お盆明けの、奥○後夏季大会以来となる久々の試合となった。

集合時間の6:00は、めっきり涼しくなり少し肌寒ささえ感じる。

そして、この日は、地元中学校の体育祭が開催された。少し雨がぱらついてお天気が心配であったが、何とか開催されたようであった。娘達の姉達であり卒団していった娘達も今日は体育祭。試合と体育祭が重なり、保護者のみなさんも行事が重なり送迎が心配されたが、娘達のおじいちゃん・おばあちゃんの協力を得て仏の里までの送迎協力をいただいた。

孫のためとは言え、早朝から長距離移動の送迎のご協力、本当に感謝致します。おじいちゃん・おばあちゃんの協力がなければ、参加できなかった今大会。沢山の人に新田ジュニアは支えられ存在しているのだと、改めて感じる事ができました。ありがとうございました。

そんなおじいちゃん・おばあちゃん達に娘達の活躍を見てもらいたいと臨んだ今大会。

初日予選リーグは、4チームによる総当たり戦で行われました。

VS ○海少女バレーボールクラブさん

VS 〇陽ドリームさん

VS ○川ジュニアさん と、Cパートにて予選を戦うことになりました。

〇海さんとは、練習試合でいつもお世話になっており、監督のO監さんは自分の手本となる指導者像を持たれている方で、娘達と一緒に胸を借りるつもりで対戦させていただきました。

〇海さんのサーブを受けこちらの攻撃に持ち込みたいところでしたが、サーブレシーブができず何もさせてもらえぬまま、さらにこちらのミスも連発し胸を借りるまでもなく敗戦・・・10−21と4−21と言う結果になりました。まだまだ及ばず力不足・・・練習を重ね出直したいと思います。

続く第2試合 VS 〇陽ドリームさん

ひと月練習をしてきた基礎練習の成果が大きくでた試合となりました。結果は、17−21 ・ 14−21で敗戦ではあったものの、サーブについては娘達は皆練習の成果を出す形となりました、特に〇結は前日からの目標であるサーブ成功率を100%にし要所要所で得点を挙げてくれました。今自分が思っている9代目新田ジュニアのキーマンとなるであろう那〇と麗〇も沢山の活躍をみせてくれました。特に第一セットのスタート、相手のフェイントを飛び込んで拾い上げ、こちらの攻撃につなげた麗〇の2本のレシーブに練習の効果を見る事ができました。そして、那〇のブロックが、予想以上に機能し味方のレシーブの負担を軽減させたこと。負けはしたものの、今後のチームの大きな収穫となりました。

そして、第3試合 VS ○川ジュニアさん

このチームとは、4月の未来杯にて、笑顔の部 決勝戦にて激闘を繰り広げたチーム。未来杯以来の対戦にすごく力が入りました。監督のH監さんにも何かとお世話していただいています。この日の〇川のベンチに、H監さんの情の熱さを感じました。この指導者にしてチームの子供達あり!と言ったチームです。

第1セットは、第2試合のリズムをそのままに、良い形で21−6でとることができました。この試合でもチームに流れを呼び込んだのはピンチサーバーで投入した4年生の桃〇。先ほどの第2試合〇陽戦でも、サーブでコチラに流れを引き寄せ相手のブレイクを誘いました。サーブ打数は3本。イン 2 ・ ミス 1 で得点としては1ポイントですが、桃〇のピンチサーバーはリズムを作り流を変える何かがあります。今後の桃〇に期待です。

Img_1517

第2セットは、11月に行われる大会に向けて下級生の経験を上げるためにメンバーチェンジを多用しました。ピンチサーバーでコートに入った娘達も、桃〇に続いてしっかりと得点にからみ、経験をつむ事ができ21−19でこのセットをとり初日予選を3位通過と言う結果となりました。

まだまだ、チーム完成度の低い娘達ではあるものの、初日予選はこのひと月の基礎練習の効果が100%出せたのではないかと思います。

3位通過で、大会2日目は 「銀太刀の部」下位パートへ駒を進める事になりました。

予選終了後思ったより早く日程が終了したので、明日の事を考え解散撤収とすることにし、娘達を集めて「明日の試合に備え、気持ちをしっかりバレーモードにしておくこと!!」と伝え解散としました・・・が、

なぜか娘達の気持ちは「バレーモード」ではなく、会場近くにあった立派な公園の遊具に持っていかれ、「監督、公園であそんできてよいですかぁ〜?」と、「公園モード」で走って行ってしまいました・・・このバカタレ!!(怒)と言いたいところでしたが、まぁ、子供らしくていいのかなと言った感じでした。

「公園モード」が気分転換になり、明日の試合の良い効果をもたらせてくれればと願いながら、遊具ではしゃぐ娘達をみていました。

posted by 新田ジュニア H監 at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 読売杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第8回  読売杯 仏の里国東小学生バレーボール大会

今年で第8回を数える「読売杯仏の里小学生バレーボール大会」に本年もお招きいただき、参加させていただくことができた。

まずもって、第8回開催となったこの仏の里の大会開催を喜びたい。

そして、今大会開催にあたりご尽力いただいた大会役員の方々、準備おもてなしをしていただいた地元チームの関係者のみなさん、協賛いただいた読売新聞富来販売店さん、大塚製薬さん、株式会社モルテンさん

後援していただいた国東市関係各所のみなさんに、この様な素晴らしい大会を開催していただいたことに感謝の意を伝えたい。

県内外から36チームがこの国東の地に集い熱戦を繰り広げた。

Img_1507

新田ジュニアにとっては、今年で4回目の参加となるこの大会。

娘達が繋いでくれた様々な人達との出会い。

開会式前に、ライバルチームの指導者の方々や、お世話になった人たちとの再会があった。

お隣の宮崎や佐賀からも参加してくれるチームがあり、日頃対戦する事のないチームとの試合が大きな経験になる。

開会式では、地元チームのキャプテン3名が歓迎の挨拶で出迎えてくれた。

Img_1510

一人は、いつもお世話になっている〇岐UMEのキャプテン。立派で堂々とした挨拶に関心させられた。

国東市のキャラクターである「さ吉くん」もお出迎え。

暖かい開会式となった。

Img_1508

開会式終了後は、初日予選リーグ。

会場を、〇岐中学校に移動し4チーム総当たり戦の予選リーグを戦った。

予選リーグの対戦結果については、後日のブログにてお伝えしたい。

2日間、本当に充実した大会になった第8回 読売杯 仏の里小学生バレーボール大会であった。

posted by 新田ジュニア H監 at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 読売杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月10日

練習見学者

先日の練習に、3名の子供の新田ジュニアの練習見学があった。

母体小学校の新田小学校以外の学校の子供であった。

現在、地元〇重町には、3チームのジュニアバレーチームが存在する。

バレーボール人気の低迷、少子化のご時世・・・県内のバレーボールチームが減少する中で同じ町内に三つのチームが存在する。

その3チームの中で、新田ジュニアに入部しようとしてくれるのは、本当にありがたい事である。

せっかく練習見学にきていただいたので、さっそくボールに触ってもらった。

娘達も、新しい部員が増える事はうれしい様子で、進んでボールの扱いなどを説明していた。

このまま、正式入部に繋がってくれるとありがたい。

現在、新田ジュニアには2人の2年生が在籍している。この2人の2年生が6年生になった時、チームが存続するには、新入部員が入部してくれることが絶対条件だ。

そして、自分がチームの監督として存在していけるのも、頑張る娘達がいるからこそなんである。

卒団していった娘達が、戻ってこられる場所が、いつまでもあり続けるように頑張っていきたい。

増えるといいな。

新入部員。

posted by 新田ジュニア H監 at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月08日

クリーンヒット

本日のスパイク練習にて、5年生の那〇に初めてのクリーンヒットが見られた。

今年の5月から、入団してきた那〇

同級生に追いつくために練習に頑張っている。

恵まれた体格で前衛選手としての期待が大きい。しかしながら、バレーボールのスパイクと言うスキルは、なかなか身につくものではない。

空中を移動するボールにタイミングを合わせてジャンプし、これを空中でたたく。しかも下向きに相手コートの床に向かって叩きつける。

力の加減、腕の使い、スイングの強弱、スパイクのスキルには様々な要素が含まれてすべてがかみ合わなければ、打てない。

そんな難易度の高いスパイク練習で、那〇に初めてのクリーンヒットを見ることができた。

最近、練習に取り組む、ココロの矢印が少々下向きになっている那〇

このクリーンヒットを機に、ココロの矢印を上向きに頑張ってもらいたい。

Img_1192

すでに、先日から始めた基礎練習の効果が見える娘がいる。

引き続き、娘達のスキルUPに努めたい。

posted by 新田ジュニア H監 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月02日

夏が終わって・・・

9月に入り、朝夕は秋の気配を感じられるようになりました。

この夏、娘達を伸ばす事ができたのか?沢山の取り組みを行ってきましたが、チームの方向性を、自分が中々見出す事ができず、娘達に足踏みをさせてしまったように感じます。

監督である自分自身が、こんな事では娘達が戸惑うばかり・・・

どうしたものかと頭を痛めていたのですが、バレーボールを通じて知り合ったある方にお願いして、チームを見てもらう事にしました。

この方については詳細は書き控えたいと思いますが、各地でバレーボール教室を開催されたりと、指導については信頼のおける方で、こちらのお願いに快く引き受けてくれました。

本当に感謝です。

1日チームを見ていただき、何か得られるものがあれば!そして今後の方向性にヒントが見つかればとの思いでした。

終日、基本に戻っての練習。

娘達と自分に、いろんなご指導をいただき導いていただきました。

1日の練習の中で、自分がやらなければならない事、進むべき道が見えたような気がしました。

本当に感謝です。

実りの秋に向かって、もう一息、チームに手を加えたいと思います。

ありがとうございました。

posted by 新田ジュニア H監 at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする