2014年07月31日

OG来館

本日の練習にうれしいOGの来館があった。

4代目新田ジュニアキャプテン 美○

6代目新田ジュニア副キャプテン 結○

6代目新田ジュニア セッター 果○の3人だ。

せっかくのOGの来館であったので、現役新田ジュニアの娘達とゲーム形式の練習をしてもらった。

久しぶりのOGの来館。卒団してもなお、体育館に訪れてくれる。娘達の成長した姿を見れるのはこの上なく嬉しいことだ。

バレーボールと言うスポーツをやらなければ、出会うはずのなかった娘達。あの娘達と過ごした体育館での時間は自分のかけがえのない宝だ。

夏休みを利用して、後輩たちを鍛えに、そして監督である自分に力をくれたOG達。

試合前の練習に弾みがついた新田ジュニアであった。

美○ ・ ○結 ・ 果○ ありがとう!

Img_1395 Img_1396

posted by 新田ジュニア H監 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月27日

避暑地での練習試合

梅雨明け、夏本番といった感じで猛暑日が続いています。

○後大野市○飼町では、37度・35度と連続真夏日を記録したそうで、いよいよ、

「本当の夏がきた♪〜」 (SONG BY 渡辺 美里)と言った感じです。

その夏到来の中、避暑地に練習試合に出かけました。

練習試合会場は久住。

久住山の麓、久住総合運動公園体育館で行われた。

Img_1389

参加チーム

久○ジュニアさん ・ ○江ジュニアさん ・ 戸○ジュニアさん ・ 清○スマイルピーチーズさん ・ 緒○ジュニアさん ・ 新田ジュニアの6チーム。

今回の練習試合は。久○ジュニアさん主催の夏季宿泊合宿の一環の練習試合であった。当初この宿泊合宿に新田ジュニアも参加させていただくつもりでいたのだが、こちらの都合で、初日の練習試合だけの参加にさせていただいた。

この日も朝から、猛暑を感じさせる快晴の天気であったが、会場の久住運動公園に着くと明らかに地元○後大野市との気温差を感じた。肌に心地よい涼しさ。こんな環境の中で練習試合が出来ることに感謝である。

練習試合主催チームの奥○後バレーボール連盟加入チーム 久○ジュニアさん。

監督である S監さんが熱心に指導されている。

チームは、なかなか遠征できない諸事情があり、地元中心に活動されているチームだ。

久○ジュニアのS監さん曰く、 

「こちらにチームが練習試合に来てくれるのは、大歓迎!」

とのこと。

練習試合の後に疲れた体を癒せる温泉が、近隣に沢山あります。

この夏、ぜひ、久○ジュニアさんに練習試合に行かれてみてはどうでしょうか?涼しく快適な久○。この夏、おすすめです。

さて、この避暑地での練習試合。今回も充実した練習試合をすることができました。

午前中と、午後で2パターンのシフトで練習。戸○ジュニアのN監さんの好意で、ちょっと早めの10代目新田ジュニア(4年生以下のチーム)での対戦もさせていただくことができました。

今、自分の練習の中での一番の重点項目にある○愛のスパイク。

本日の練習試合にて、1本ではありますが練習の成果を見る事ができました。

玲○奈も練習したスパイクをセンターから打ち込む場面をみせてくれました。

サーブに至っては、史○のドライブサーブの成功率が少しのびてきました。

○結のサーブも成功率が高く、今後の練習次第では新田ジュニアの強力な武器になりそうな予感です。

少しずつではありますが、伸びてきていると感じさせてくれる娘達です。

この夏、一気に伸ばしていきたいと思います。

仕事の都合で練習試合の途中で、チームを保護者にお願いして、体育館を後ろ髪をひかれる想いで後にしました。

挨拶もおろそかに、練習試合を途中で抜けてしまった事をこの場をかりてお詫び申し上げます。

快適な、環境での練習試合、ありがとうございました。

熱中症対策として、保護者の方が持参してくれた冷たいトマトに塩ぶっかけて塩分チャージで頑張った娘達でした。

Img_1390 Img_1391 Img_1392

posted by 新田ジュニア H監 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月19日

H26年度スポ少九州予選 〜 IN 日田 〜

H26年度スポーツ少年団九州大会予選に出場させていただいた。

試合会場は、日田。

新田ジュニア史上、2番目の長距離移動記録だ。歴代1位の記録は5代目新田ジュニアのスポ少九州予選であった。

http://aratajr-h.blogzine.jp/blog/2011/07/post_6ad4.html)←5代目新田ジュニアスポ少九州予選の記事はコチラ

移動時間にして約2時間であったが、AKI○MEさんや○築さんとの練習試合等で、娘達はこの移動時間の備えもできている。保護者のみなさんには、長距離の送迎協力ありがとうございました。

Img_1378

第3試合にて、VS 豊○さんとの対戦となった今回の大会。

3試合目と言うことで、第一試合の審判を務めたのちの試合となった。

新田ジュニア単独での第1試合の審判。新田ジュニアKコーチと学びながらの審判となりました。審判として勉強になる場面が数回あり審判技術の向上につながることができたのではないかと思いました。

プロトコールに入り、いよいよ試合。今回の対戦相手の豊○さんとは前回の国○高校杯でも対戦させていただきました。良く走り良く打つ攻守ともにバランスのとれた素晴らしいチームです。子供達の得点を取った時のあの笑顔いっぱいのガッツポーズは印象に残ります。お手本にしたいチームです。新田ジュニアの娘達も豊○さんとの対戦を楽しみに本日の試合に臨みました。

第1セットサーブからのスタート。出だし良く中盤までは、良い感じでついていけていたと思います。娘達のリズムも良い。と思ったのですが、やはりサーブレシーブでの連続失点がでて途中離され、第1セットを落としてしまいました。

セット間で娘達に暗示をかけてコートに送り込みましたが、サーブレシーブのスタートからカットミスのオンパレード・・・セット中に相手のサーブに翻弄され2−21でセットを落とし一回戦敗退となりました。1セット目と2セット目のこの点数の違い・・・

サーブレシーブの練習のやり直しです・・・

大会スケジュールが終了後、体育館の使用時間に空きができたとのことで、別○西の監督さんのご厚意により練習試合をさせていただく事ができました。こちらの都合で時間より早く切り上げさせていただく事になり申し訳ありませんでした。娘達の良い練習となりました。ありがとうございました。

今日の大会の反省点をきちんと修正できるように、また娘達と頑張らねばと感じました。

娘達のラインジャッジに、他のチームの監督さんからお褒めの言葉をいただきました。次はバレーボールお褒めの言葉がもらえるように頑張りたいと思います。

この夏、娘達がグンとレベルUPできるように、暑い夏を乗り越えたいと思います。

posted by 新田ジュニア H監 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月15日

誕生日おめでとう

誕生日を迎えた娘がいた。

5年生の那○だ。

試合出発前、みんなでハッピーバースデーの合唱で祝った。

Img_1360

バレーボールを初めて2ヶ月が過ぎた那○。

他の5年生に追いつき追い越せと練習を頑張っている。

恵まれた体格の持ち主。バレーボールの技術は努力で伸ばすことができるが、

身長は努力で伸ばすことはできない。恵まれた体格を大いに生かせるようにしっかり指導していきたい。

技術はそう簡単に身につくものではないが、前を向いてしっかりと練習していってほしい。

頑張れ!那○!

誕生日おめでとう!!

posted by 新田ジュニア H監 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

理にかなったバレーボール

夜勤明けの身体を奮い立たせ、練習試合にでかけた。

参加チーム

戸○ジュニアさん ・ 別府大○山クラブさん ・ 杵○ジュニアさん ・ ○野ジュニアさん ・ 駅○ジュニアさん ・ 新田ジュニアの6チーム。

県内トップレベルのチームのみなさんから終日鍛えていただいた。

自分の指導と、他チームの監督さんの指導はどう違うのか?終日それに趣を置き過ごした。

練習試合開始前のアップ練習。この時点で技術に違いを感じる。戸○ジュニアさんの子供達へのレシーブ練習。あのマシンガンショットは圧巻だ。

練習試合中もアドバイスをいただくことができたが、そのアドバイスの中にはしっかりとしたバレーボールの理論がある。

自らが経験したバレーボールをただ子供に伝えるだけではだめなのである。子供達が理解できるように指導できるようにするには、その理論を自らが知っていないといけないということだ。

子供達に教える前に、まずは自らが学び、自らがレベルUPしなければならないと感じた。

大変勉強になった今回の練習試合。娘達と一緒に学ばせて頂きました。

ありがとうございました。

posted by 新田ジュニア H監 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月13日

第16回挟間町スポーツ少年団長杯

久々の、ブログの更新となる。

今週は、仕事が夜勤勤務であったため更新ができなかった。

沢山UPしたい事があるのだが、本日のUPは出場した大会の事を伝えたい。

挟間町で開催された、スポーツ少年団長杯に参加させていただいた。

後援をいただいた、由布市教育委員会さん・由布市スポーツ少年団さん。会場準備等をしてくださった地元チームのみなさんに感謝である。

今大会で16回となる団長杯。由布市内のバレーボールチームの減少により大会開催が危ぶまれたそうであるが、市街チームへの呼びかけで、我が豊後大野市内のチームにお誘いがかかったそうである。地元バレーボール連盟の関係者の熱意を感じ、新田ジュニアも今大会に参加させていただいた。

由布市体育センターにて開会式。

会場移動もなく、予選リーグを

VS○野ジュニアさん

VS由○川イエローさんとの対戦となった。

予選リーグは2セットマッチのポイント制で行われた。前日の練習試合で得たものがどれだけだせるのかこの試合で確認することができた。

前日の練習試合については、後日のブログにて伝えたいと思う。

走るレシーブの練習の成果が沢山見られた試合となった。前半は、サーブも走りリードしながら進むも、どうしてもサーブレシーブの連続失点が重なりセットが取れない。

予選は2試合で2ポイントを獲得し、上位トーナメント進出を果たした。

決勝トーナメント第1試合 VS ○ポーターズ

昼食後の第一試合、午前中の予選で見せたサーブは、影をひそめサーブミスのオンパレード・・・自分達で苦しい試合展開にして第1セットを落とす・・・

続く第2セットもサーブミスでリズムを作れない・・・ディユースにもつれ込みディユース・ディユースと苦しんで27−25でようやくこのセットをとった。

第3セットは、娘達にチェンジコートまでに先に8点をとるように指示をだしコートへおくりこんだ。サーブのミスも減少し、3セット目をとり準決勝に駒を進めた。

準決勝 VS ○間ジュニアさん。

5月の県中交流大会では、1セットに4点しかとれなかった苦い経験が頭をよぎった。

試合が始まり、流れもいい感じなのだが得点が取れない・・・ミスが多いわけではないのだが得点が取れない不思議な感覚であった。第1セットは前回対戦と同じく4点・・・

娘達は動けているのにボールが繋がらない。コートを走りまわりスパイクも打ったが及ばず、21−12で敗戦となった。

結果、上位トーナメントの3位入賞となった。

Img_1368

娘達が頑張った結果が入賞と言う結果をもたらした。頑張った娘達を褒めてあげたい。

しかしながら、現状のチームの実力は優勝・準優勝と言う上のステップに行けないのが現状だ。娘達の実力をあげるのが我々指導者の役目!明日からの練習にしっかりと熱をいれていきたい。

ただ練習をするだけではだめである。

前日の練習試合で学んだ

「理論のある練習」

を実践しなければならない。

何はともあれ、入賞したことは素直に喜びたい。

貴重な体験ができた、今回の団長杯。

娘達の頑張りにも、お褒めの言葉をいただくことができた。

今大会へお誘いいただいた由布市バレーボール連盟のみなさんほんとうにありがとうございました。

Img_1372

posted by 新田ジュニア H監 at 21:05| Comment(6) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

ハッピーバースデー

ハッピーバースデー
本日の練習日と誕生日が重なった娘がいた。


4年生の○菜だ。

今日も1日バレーの練習に頑張った。




新田ジュニアに入部してちょうど一年が過ぎようとしている○菜。類い希な運動神経でどんどん上達して行っている。



きちんと人の話が聞けて吸収力のある娘だ。仲間を思う気持ちも仲間をいたわる気持ちも出来ている。これから先もしっかりと伸ばして行きたい。



娘達思いの○籐コーチからの手作りサーターアンダギーのプレゼントにハッピーバースデーの合唱でお祝い。


誕生日おめでとう! ○菜!


また一緒に練習頑張りましょう!
posted by 新田ジュニア H監 at 21:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月02日

練習試合〜吉四六の里〜

新しいチーム作りに向かって動き出した新田ジュニア。

練習試合に出かけた。

参加チーム 戸○ジュニアさん ・ 久○ジュニアさん ・ 大○ジュニアさん ・ ○雲ジュニアさん ・ 新田ジュニアの5チーム。

新田ジュニアを鍛えていただいた各チームのみなさんに感謝である。

駒作りが出来上がっていないままの練習試合・・・当然結果は1セットも取れないまま一日を終えた。

これが、試合ならがっくり肩を落とさなければならないが、「もう一度」ができるのが練習試合。生きたボールを触る事ができ、一度しか起こりえない場面を経験しプレイしながら、神経回路をつなぐ。終日の練習試合で繋がりかけた神経を、ホームに戻りさらに撚りあわせ強くする。

この練習試合でまいた種が一日でも早く目を出すように、指導を繰り返したい。

参加チームの子供達を久しぶりに見ましたが、どのチームもレベルUPしていました。

新田ジュニアもゆっくりしてはいられない!!この夏をしっかりと頑張らなければならないなと感じました。

Img_1336

posted by 新田ジュニア H監 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする