2014年02月24日

県中地区三学期大会

7代目新田ジュニア あ○さ と ○な の残りわずかな公式戦。

そのうちの一試合である県中地区三学期大会が、大分市内小学校で行われた。

大分市内の6年生達にとっては今大会がジュニアバレー最後の公式戦となる。どのチームの6年生達も、そしてその娘達に接してきた指導者のみなさん方もこの試合に賭ける想いが感じられた。

自分もやはり気持ちは同じである。この娘達と少しでも長く一緒にバレーボールをしていたい。新田ジュニアに入部してきて今まで練習してきた成果を少しでも出させてあげたい。

そして、「バレーが大好き」と言って、頑張ってきた娘達のジュニアバレーに賭ける想いをコートの外にいる自分に見せてせてほしい・・・

この時季は、毎年そんな想いで練習に、試合にと取り組んでいるつもりだ。

この大会でも練習の成果を出すために気合十分に娘達と臨んだ。

体育館到着後、すぐにアップ開始!

そのアップに、頑張ろう!!とする娘達の気迫を感じることができた。いつもと明らかに違う声のトーン。体育館に響き渡る新田ジュニアの娘達の大きな声があった。

Dscf0587

開会式終了後、第一試合。VS○隈さん。

大型センタープレイヤーの在籍するチームとの対戦となった。

サーブレシーブからのスタート・・・

気迫十分に臨んだはずが、のっけからの大量失点・・・自分たちのバレーの形が作れない・・・

流れをつかみかけるも、すべて自分たちのサーブミスで勢いをにのる事ができず、15−21でセットを落とした。

仕事の忙しさで満足に練習をつけてあげられない苛立ちと、持っている自分の力を発揮できない娘達に激をとばし、第2セットを迎える。あ○さの気迫のスパイクがようやく高い相手のブロックを抜き始めた。15−9でリード。このまま流れをつかみとれ!!と思ったところに、まさかの凡ミス・・・ラストボールの返球に譲り合いが生じこちらのコートに 

「ポトン・・・」 

とボールが落ちた・・・

大きくリズムが狂った瞬間・・・一気に歯車が狂いまさかの逆転。18−21で敗戦となった。

練習の成果を出し切れなかったことも悔やまれるが、この敗戦に娘達の想いを感じることができなかった。バレーボール技術もあげてやることができてない。そして、試合に負けて本当に悔しい!悔しくて悔しくて仕方がない!!という気持ちまで娘達のココロを持って行ってあげられていない自分の指導の甘さを感じた・・・

二人の6年生の残りの試合が本当にあと1試合になってしまった。今日の敗戦の悔しさはもう味わいたくない。最後の大会まで残り5回の練習しかない。

娘達と1試合でも多く、1セットでも長く一緒にバレーボールができるように、そして絶対にジュニアのコートに忘れ物をさせないために、残りの練習を全力でとりくみたいと思う。

Dscf0588 Dscf0594

あと、少しの時間しかないんだよ・・・

あ○さ 、 ○な

 

posted by 新田ジュニア H監 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

やるのは自分!!

「やるのは自分だよ?」


中学校に行ったら、小学生のように監督やコーチが丁寧には教えてくれない。
自分らで考えてできるようにならなきゃいけない。
「中学に行くと下手になる!」という人もいるけど
それは、教えてくれない中学校の先生のせいではない。
下手になるのは、やらない自分が悪い。

ネット上で交流のある多賀城エンジェルさんのブログを閲覧していて、ココロに響く記事があったので、掲載させていただきました。

新田ジュニアを卒団し、中学校バレー部で活動する娘達に贈りたい。

自分の思いもこの記事によって大きく変えられました。

人のせいにして、ごまかすのは簡単な事です。他人のせいにして自分を守ってもなにも得るものはありません。あれだけジュニアで頑張れたのだからできるはず!!

やらされるバレーボールではなく、自ら進んで取り組もう!!

「バレー大好き!!」の言葉を思い出して!!

posted by 新田ジュニア H監 at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月21日

9歳の誕生日

9歳の誕生日
先日の練習日と誕生日が重なった娘がいた。



3年生の桃○だ。



母体小学校である新田小以外の学校から、新田ジュニアに入部してくれている貴重な娘だ。



バレーボールはチームプレイ!誕生日だからお祝いがあるのでお休みしますでは、チーム練習ができない。誕生日でも練習に頑張った桃○の努力は将来かならず自分の力になるはずである。



恒例の誕生日の合唱と○籐コーチの手作りアンダギーで祝福された桃○。


サーブの確率もあがってきた。コートの中で活躍もそう遠くない。


しっかり練習を頑張ろう。桃○!
posted by 新田ジュニア H監 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

2014年・8代目新田ジュニア 「5年生大会」への挑戦

2013年度、第8回となる奥○後バレーボール連盟主催の5年生大会が行われた。

いわゆる「新人戦」である。

Dscf0584_2

新年度の5年生は、新田ジュニアには在籍しない。

5年生大会に4年生のチームで出場を決めた。今回の5年生大会のテーマは挑戦!

4年生のチームがライバルチームの5年生を相手にどこまでやれるのか?娘達の頑張りに期待した。

昨年末の大友宗麟杯以降、チームを新チームに切り替え、練習に励んできた。

いつもの様に、体育館に6時30分集合。試合前の朝練で体を動かし、朝練終了後、皆で朝食を済ませた。体育館を出発前に6年生の二人から試合い臨む後輩たちのためにと、手作りマスコットが手渡された。後輩たちに秘密で、二人で作ったそうである。後輩思いの二人の6年生の想いにしっかりと答えたい!!気合十分に会場へ移動した。

Dscf0576

開会式前の監督会議でキャプテンによる抽選で組わせを決めた。8代目新田ジュニアキャプテン ○海が引き当てたのは17番くじ。対戦相手は、九州大会出場経験を持つ奥○後バレー連盟が誇る男子チーム ○方アローズさん。そして県南強豪チームの童○さんとの対戦となった。8代目キャプテン○海のこの引きの強さ・・・これもまた強運のひとつと言える。

会場を小学校に移動し、午前中の予選リーグの対戦となった。

Eパート予選第一試合 VS 童○さん

かつてKiri○ataジュニアを率いておられた名将 I監さん率いる強豪チーム。I監さん直伝のドライブサーブに苦戦を強いられる。童○さんのドライブサーブに許した連続失点を取り戻すことができず、14−21で第1セットをおとした。

続く第2セット、コチラのサーブが走り、立ち上がりがら良いリズムがうまれた。相手のドライブサーブを副キャプテンの史○の好レシーブできり、相手のスパイクも練習してきた走るレシーブで拾い、攻撃に転じる。結果21−14で第2セットをとった。予選リーグは2セットマッチ。激戦の末、得失点で引き分けとなった。

予選第2試合 VS ○方アローズさん

男子チームでレシーブよし、スパイクよしの男子チーム。

先程の童○戦で体ができあがっているせいか、こちらの動きがいい。レシーブも走りまくって広いラリーが続くも相手に得点されてしまう。

いい動きながらも、16−21でこのセットを落とした。良い動きができている。頑張ろうと娘達を励まし第2セットのコートに送り出す。相変わらずラリーが続く接戦状態を抜け出させたのは玲○奈のサーブであった。練習してきたサーブの成果をだし連続得点。この玲○奈のサーブとレシーブの粘りで21−19で第2セットをもぎとった。

予選で戦ったこの2チームから1セットとれたことは、今後の娘達の大きな自信にあんることであろう。今大会の大きな収穫となった。この後の○方アローズさんと童○さんとの対戦でセットカウント2−0で○方アローズさんが勝利したため、新田ジュニアはEパート予選2位通過で決勝とトーナメント進出となった。

決勝トーナメント初戦 VS 緒○ジュニアさん

こちらからのサーブスタート。玲○奈のサーブが相手のサーブレシーブを乱し、チャンスボールの返球がきた。しかしながら、これをまさかのポトンミス・・・チャンスボールに触れることなくボールが自コートに落下。この凡ミスがチームのリズムを大きく乱し、立ち直ることのできないどん底の状態まで突き落とされる形となった。一度狂った歯車を元にもどすまでに時間がかかりすぎた。第1セットを最悪の状態で落とした。

第2セット、相手のミスに助けられ何とか取り戻したが、娘達の気持ちまでも取り戻せるほどのリズムで試合をすすめることができなかった。

第3セット、相手のセンター攻撃にレシーブが対応しきれず8−15で第3セットを落とし、8代目新田ジュニアの5年生大会の挑戦が終わった。

凡ミスが招くワンプレイでのリズム崩壊の恐ろしさをあらためて思い知らされる試合となった。

年末から約2ヶ月、新チームで活動したきたが、目標を達成できなかったことが大変悔やまれてならない。この悔しさは新年度がスタートしたときにしっかりと活かすこととして、明日より、チームを6年生チームに戻して練習を再開させたい。今回の5年生大会にて、4年生達は、レベルUPを図ることができた。このレベルUPを今度は6年生の残された2試合のために全力で発揮させたい。

残り10回・・・あ○さ と ○な との残された時間を大切に取り組みたいと思う。

Dscf0585

posted by 新田ジュニア H監 at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月05日

頑張るちびさん 〜 3年生 日○ 〜

先日の練習試合の翌日、ミーティングの時間を設けた。

娘達の練習試合の感想に、「疲れた」との感想があった。

4年生チームで十数セット・・・レシーブフォーメーションで走る事を意識させた。

新チームで1日中走り回った練習試合はおそらく初めてではないか?

今までのレシーブフォーメーションの完成度の低さからあれほど走ることができていなかったのだが、ようやく目指している形になりつつある。まだまだ十分とは言えないが、以前よりコートの中を走ることが多くなった。6年生が抜けた分、自分たちの仕事も増える。その分体力も使う。

「疲れた」との感想もうなずける。

4年生チームの中に一人、3年生の娘が入っている。

入部から1年未満のチビさん、日○だ。

先日の練習試合は、日○にとって初めて1日中コートの中で過ごした練習試合となった。練習したフォーメーションでコートの中を走り回る日○の姿があった。他の4年生達の疲れ以上に3年生の日○は疲れたのではないだろうか?

1日の練習試合で、頑張っていた。

サーブも鋭いサーブで得点をあげたり、サーブレシーブや、フェイントフォローでも活躍をみせていた。

慣れないコートの中で上級生に囲まれながら頑張る日○。

5年生大会での活躍を期待している。

大きな声で頑張ろう!!日○!!

Ca3h0089

posted by 新田ジュニア H監 at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月04日

節分

2月3日は、節分の日。

「福は内。鬼は外」

先日の安○UMEさんの「お・も・て・な・し」の豆まきにならっって、新田ジュニア初の豆まき大会を行った。

この豆まきは、○籐コーチの発案。

仕事が忙しく、ココロの余裕のない監督である自分はこの様な企画を考える余裕もなかったが、娘達を想う○籐コーチの取り組みには、いつも感謝している。

○籐コーチが、袋入りのおつまみ豆を購入してきてくれて練習終了後、保護者、指導者、娘達入り混じっての大豆まき大会となった。

Ca3h0185

豆まきも真剣勝負!!互いの中にある鬼を追い出し、福を呼び込む!

力いっぱいに、マメのぶつけ合い!

「鬼は、外!!!!!」

Ca3h0186

日頃、自分がボールをぶつける娘達から、この日は反対に「これでもか!」と言わんばかりにマメをぶつけられまくった新田ジュニアH監でありました。

○籐コーチの計らいで娘達と楽しい豆まきをする事ができました。

娘達が帰り、静まり返った体育館の中を、○籐コーチと見回りをして帰りました。片づけ忘れたマメが体育館に残っていたら、問題となり体育館の使用ができなくなってしまっては大変な事になります。

卒団していった娘達や、現役ジュニアの娘達にとって大切な場所を守るのも、我々指導者の役目であると思います。

5年生大会を前に、沢山の福を呼び込めたのではないかと思います。

残すところ、木曜日の練習と当日の朝練習を残すのみ!

自分たちの力で、本当の福を呼び込めるように、努力をするだけである!

頑張ろう!!新田ジュニアの娘達!!

posted by 新田ジュニア H監 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

「お・も・て・な・し」のココロ 〜 IN 安○UME 〜

2014年、二回目となる練習試合にでかけた。

Dscf0563

場所は県北 安○ 。

新田ジュニア監督である自分の中の本年度 「大分県NO.1」 の元気印のキャプテンが在籍するチームからのお誘いに、一日練習試合に頑張った。

参加チーム   安○UMEさん、大○西ジュニアバレースポーツ少年団さん、護○さん、安○院さん、新田ジュニアの5チーム。

年明け初顔合わせとなり、「本年度もよろしくお願いいたします」と挨拶をさせていただいた。各チームとも6年生の最後の大会に向けて残り少ない時間を6年生のための練習試合としてとりくまれていた。

こんな大事な練習試合に集合時間の設定時間を見誤り、遅刻しての参加となってしまった事をこの場をかりてお詫びしたい・・・各チームのみなさん、本当に申し訳ありませんでした。

新田ジュニアは今月8日に新人戦ともいえる5年生大会を控えているため、途中から5年生大会シフトで練習させていただいた。

終日、新田ジュニアにとって得るものの多い練習試合となりました。

ありがとうございました。

午前中の最後のセット終了後、今回の練習試合を主催してくださった安○UMEの指導者と保護者会のみなさんが、節分の前日と言う事もあり、豆まきのレクレーションを企画してくれていた。

安○UME流 「お・も・て・な・し」に感謝である。

指導者&保護者会のみなさんの仮装もとびだし、笑の絶えない豆まき大会となりました。

Dscf0567
Dscf0564

子供達の中に潜む悪い鬼を追い出し、沢山の福を呼び込めたのではないかと思います。

自チームの子供達のバレーボールの事だけでなく、練習試合に参加してくれたすべての子供達を想った、安○UMEのT監さんの企画に本当に感謝です。

正確には、カウントしていませんが、1日20セット程の練習試合だったかと思います。前半は6年生チームにて、後半のセットを新チームにて消化させていただきました。

練習試合を終えての感想としては、年明けから練習に取り組んだ、「3人組サーブ練習」の効果が随所に見られた事。さらにそのサーブ練習の効果が○海のサーブミスによって証明されたことです。この日の練習試合で、○海はエンドラインを越えてアウトにするサーブミスを連発しました。このサーブミスは、監督である自分にとってうれしいミスとなりました。サーブミスがうれしいとはおかしな話かもしれません・・・詳細を書くのは控えますが、このミスが練習の効果を充分感じさせる事となったのは間違いありません。

5年生大会に向けて取り組んだ練習の成果が、6年生の残り少ないジュニアバレーの布石になりつつあることも手ごたえを感じる事の出来る練習試合でした。

5年生大会まで1週間。

そして、7代目新田ジュニアの娘である、あ○さ と ○な の最後の公式戦まで1か月・・・

なりふり構わず全力で取り組みたいと思います。

Dscf0572

posted by 新田ジュニア H監 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする