2013年06月30日

ホームへの来館

ホームである体育館に、うれしい来館があった。

お隣は、○崎県のチームが、練習試合にやってきてくれた。

小さな新田小学校の体育館で、3チームが練習試合に頑張った。

参加チーム    東○少女さん ・ ○重ジュニアさん ・ 新田ジュニアの3チーム。

参加していただいたチームの子供達、指導者の方々、保護者のみなさんに感謝である。

ホームの体育館での練習試合では、お越しいただけるチームのみなさんにしっかりとおもてなししたいと考えるが、まだまだ至らない部分があったことをこの場を借りてお詫びしたい。

梅雨の蒸し暑い中での環境の悪いなか、一生懸命に頑張った娘達だ。

練習の成果が思うように出せない娘達・・・時として疑問すら生まれてくる。昼食を一緒にとらさせていただいた東○のO監さんから、沢山のお話をきかせていただいた。

娘達ができる様になるその日まで、我々がしっかり勉強しなければならない!!

「常精進」!!

がんばるしかない!!

いろんなチーム、そのチームの子供達、指導者の方々を見て自分の引き出しの中身を増やしていきたい。ためになる練習試合の一日をありがとうございました。

カボスソフト、カップで!!ちゃんと頼めたかな?東○の子供達。

posted by 新田ジュニア H監 at 21:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

迷い・・・

久しぶりのブログ更新だ。

このひと月、自分の指導に迷いを覚えブログの更新に至れないでいた。

迷いの気持ちを振り払う事がまだまだできていない状況だ。

こんな事では指導者失格だな・・・

迷いはまだ続きそうであるが、しっかりと道を見つけなければならないと思っている。

遠い道のりになりそうである。

posted by 新田ジュニア H監 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

考え方

出来る力を持っている。

そう思っていた・・・

能力はあるのに、メンタルな弱さからそれを出せないのだと思っていたが、とんだ勘違いをしていた。

緊張感やプレッシャーから持てる力を発揮できない娘達・・・と、指導者である自分が勝手に思い込んでいただけなのだ。

自分の都合の良い思い込みが、娘達を過信し期待を背負わせてしまったのである。

改めてきがついた。

「娘達はできていない!」と言うことに。

自らの考え方を変え、ふりだしに戻って一からやり直しである。

娘達ができなのは、まさに指導者である自分の責任である。

考え方の修正には、まだまだ時間がかかりそうである。

送り出した娘達に恥ずかしくない様に、自分の指導をここで進化させたい。

今が、踏ん張りどころである。

posted by 新田ジュニア H監 at 19:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

私のバレーボール人生

またもやユーチューブに感銘を受ける動画がありました。

私のバレーボール人生・・・

こんなふうだったかもしれません・・・だからこそ、

こんな人の気持ちが痛いほどわかるのです。

先生に怒られても、怒鳴られても、叩かれても蹴られても、コートに入っていられるのなら幸せだよ!

いいなぁ〜俺も試合に出てーなぁ〜

YouTube: 「最後の試合」篇 90秒

posted by 新田ジュニア H監 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

練習見学会

新田ジュニア初の試み、「練習見学会」を行った。

H25年度のスポーツ少年団登録を控えての新入部員勧誘の一環である。

保護者会が中心となって動いていただいたおかげで3名の見学者が体育館に足を運んでくれた。このまま入部の方向に進んでくれるとありがたいものである。

午前中は自分の仕事の都合で午後からの練習に、仕事が長引き遅刻してしまった。

練習メニューも用意しないまま体育館に駆け付けたため満足な内容で体験入部の子供達をおもてなしできなかったことを反省である。

軽いサーブ練習とボールトレーニングを行った。

ハーフのラインからではあるが、少しの手ほどきでコツをつかんだ子供もいた。新田ジュニアの娘達にとっては、いつもの練習よりペースダウンの練習であったかもしれないが、この様な練習見学会などの機会は、自分が初めてバレーボールを始めたとき、自分が初めてサーブを入れたときのことを思い出す良い機会になる。

そして、監督である自分も、娘達の成長と自らがジュニアバレーのコートに立ったあの日のことを思い出すときでもある。

初心に帰ってもう一度頑張らねば!!そう感じた練習見学会であった。

見学希望の子供達に手ほどきする新田ジュニアの娘達の姿がやけに微笑ましく感じた一日であった。

Dscf0347

posted by 新田ジュニア H監 at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月05日

新田ジュニアOG 〜4代目新田ジュニアの娘達の中体連〜

つい今しがた、4代目新田ジュニア副キャプテン ○美のおかぁさんである R さんから、電話連絡をいただいた。

本日行われた○後大野市中体連の試合結果の報告だ。

○美の中学バレーの集大成である今大会のお話を聞かせていただくことができた。

卒団して3年。わざわざ試合の報告をしてくれる R さんに感謝である。

予選リーグ VS 千○中  VS ○方中との対戦だったとのこと。

千○中とはセットカウント 2−1で惜しくも敗退・・・

しかしながら接戦を繰り広げる好ゲームだったそうだ。

VS ○方戦も、果敢にくらいつく娘達の姿が見えたそうである。

結果は予選敗退・・・決勝トーナメント進出はならず、この結果が4代目新田ジュニアの娘達の中学バレーの成績となった。

R さんから、「ありがとう」と感謝の言葉をいただいた。自分は感謝の言葉をもらうような事は何もしていない。むしろ、中学で頑張る○美の姿を見にいってやる事も出来ず、逆に謝りたいくらいである。

3年前、新田ジュニアから○美を送り出した。この3年間で○美はどのくらい成長したのだろう?今日の試合に負けて悔しがる娘の姿に成長を感じたとの R さんの言葉。

期待に胸を膨らませ入部した中学校バレー部。先輩との上下関係や、顧問の指導にとまどいながら、仲間と一緒に沢山の事を学んだことであろう。

試合結果が全てではない。3年間の経験が必ず彼女たちの今後の人生に役立つときがくるはずである。

最後の試合は後1試合。中学校のコートに忘れ物の無いように、全力をだしきっってほしい。

引退後は、いよいよ受験に本腰を入れなければならなくなる。

少しだけ、バレーボールから離れることになるのかもしれないが、つかの間の休息の間に自らが進むべき道、次のバレーを探してほしいと思う。

良く頑張ったな!! ○美!!

そして、○佳 ・ ゴン太 ・ 美○!!

posted by 新田ジュニア H監 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

いよいよ明日

男子 別府鶴見 ・ 女子 東九州龍谷がインターハイ行きを決めた2013年度高校総体。

ファミリーマートカップ大分県大会出場を果たすことができなかった7代目新田ジュニアの娘達。

そして明日はいよいよ、○後大野市中体連が開催される。

中学校バレーで活躍する4代目新田ジュニアの娘達。

○美 ・ ○佳 ・ 美○ そしてゴン太。

県大会出場に向かって頑張る事であろう。

中学校バレーで学んだすべてをしっかりとコートの中で出し切ってもらいたい。

そして、県大会出場の切符を手にいれてもらいたい。

がんばれ!○美!

がんばれ!○佳!

がんばれ!美○!

がんばれ!ゴン太!

posted by 新田ジュニア H監 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

県大会予選が終わった

新チーム切り替え後から、目標としてきた県大会出場をかけた予選大会が市内小学校で行われた。

結果は惨敗・・・

この予選のために調整し、練習に励み、チャンスをつかみ取ろうと頑張ってきた。

どうすれば、娘達が目標を達成することができるかと考え、練習しそれなりに期待できるところまで仕上げたつもりだった。期待が大きかっただけに悔しさがこみ上げる・・・

試合の内容は、ここにアップできないくらい悪い内容であった。

しかしながら、娘達は決して手抜きをしたわけでもなくさぼったわけでもない。

「県大会に出場したい!!」との気持ちを持って試合に臨んだのは事実である。

一夜明け今日の練習前、数分のミィーティングの時間をもうけた。

娘達の反省の中に、

「試合中ドキドキしていた」

との反省があった。

日々の練習、休日の練習試合と今大会に向けての調整はうまくいっていた。敗因は、娘達のまだまだ未熟なココロに気が付かず、そのココロの指導の仕方を間違った監督である自分の責任である。練習した成果が発揮されるように娘達のココロを持っていく事ができなかったのだ。このことは、おおいに反省し、この悔しさを二度と味わうことのないようにしなければならない。

ある雑誌に、以下のような事が書かれていた。今回の新田ジュニアの敗因。まさにこの通りである。

競技選手は、試合で勝ちたい、上手くなりたいという気持ちで毎日の練習をしています。
            毎日の練習のおかげで、技術は向上したし体力も問題ない。さあ試合で勝つぞ!というのが、今までの「古いパターン」。今はこの毎日の練習で築き上げた「技術」「体力」を試合で発揮する方法、つまり自分の持っている最高能力をいかにして発揮するかという方法(新しいパターン)が使われるようになりました。
つまり、「心・技・体」のバランスのとれた練習をしてその質を高め、技術や体力の向上をはかり、勝つことを目的とした試合で100%の力を発揮するために心理面(精神力)も積極的にトレーニングしようということなのです。その結果、自分の気持ちをうまく調整するセルフコントロール能力が高まり、不安やプレッシャーなどに負けず、自身の持つ最高能力がコンスタントに出せるようになるのです。

娘達のココロの指導の見直しと、今回の敗戦の悔しさと教訓を忘れないようにし、娘達に二度と同じ想いをさせないように今後の練習に活かしたい。

全身全霊で娘達と向き合って行かなければならない!!

再度出直しである。
            

posted by 新田ジュニア H監 at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする