2012年05月29日

オヤジバレー

旅立ちの前夜、は○パパに最後のオヤジバレーを楽しんでもらった。

ジュニアの練習終了後、早速試合開始。参加人数も丁度良く、バランスの良いチーム分けとなった。

この日のオヤジバレーは白熱!!先日のオリンピック最終予選での全日本対ロシアの接戦を思わせるくらいの追いつ、追われつの試合展開。

は○パパの確実な軟打での点を取りに来る頭脳的攻撃が出れば、川○コーチのパワー弾丸スパイクで同点に追いつく!!まさに一進一退の攻防であった。

まるで、参加した皆がバレーでは○パパを送り出そうとしている様にもみえた。バレーボールでココロが繋がった瞬間であった。

一進一退の攻防の中にも笑いありの親父バレーだ。

参加メンバー全員でよい汗を流した。

試合終了後は、ささやかながら は○パパさんに皆からのメッセージの書かれた新田ジュニアトレーナーをプレゼント。

皆からのトレーナーに早速袖を通す オヤジバレーキャプテンだった。

「オヤジバレー、続けてくださいね!!」

は○パパと約束を交わし、体育館を出た。

しばらくキャプテン不在の「オヤジバレー部」となるが、今後も変わらず活動を続けたい。替わりのキャプテンはたてるつもりはない。

あいつは永遠のオヤジバレーキャプテンだ!!

赴任先でも、頑張れ!! ○輔!!

Dsc00456_4

posted by 新田ジュニア H監 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

送別親子試合〜頑張れ!!は○パパ!!〜

5年生のは○のお父さんが、この度仕事の都合で東京へ単身赴任する事が決まった。

保護者会の主催で「親子試合で、は○パパを送り出そう!!」と今日は送別親子試合となった。

5年生のは○のお父さん。

何を隠そう、親父バレーキャプテンでもある。

DSCF0005.JPG

オヤジバレーとは、は○のお父さんを中心に、新田ジュニアのお父さん・お母さん、その他バレーが大好きな人なら誰でも参加できるバレーボールの会だ。毎週月曜日のジュニアの練習後の時間を利用して、オヤジバレーと銘うって活動を続けている。

(オヤジバレーに関する過去のブログはこちらをクリック

( http://aratajr-h.blogzine.jp/blog/2010/10/post_8371.html )

( http://aratajr-h.blogzine.jp/blog/2010/12/post_80c8.html )

日ごろは、コートサイドから子供に激をとばすお父さん ・ お母さん達は、コートに実際に入りプレーする事で、子供達の頑張りや技術を改めて痛感できるのだ。そして何より、我が子と共にプレーする事で親子のコミニケーションに繋がるのだ。

今後もこの親子試合は新田ジュニアの行事に一環として続けて行きたいと思う。

まだまだ、成長段階の5年生のは○の成長を,は○パパに見ていてほしい想いでいっぱいだ。

は○ は責任をもって立派なバレーボーラーに育ててみせる!!

と、は○パパさんと約束を交わした。赴任先でも、は○パパさんにこのブログを見ていただけるようにしっかりと伝えたい。

親子試合では、は○パパ率いるオヤジバレー軍団も参戦!!娘達とバレーボールに汗を流した。

DSCF0007.JPG

試合結果はともかく、親子でバレーボールが出来たこと、今日の1日が、は○パパにとって良い思い出になったに違いない。

親子試合終了後はクールダウンと日ごろの感謝をこめてお父さん・お母さんをマッサージ。

DSCF0012.JPG

親子バレーの疲れを癒した。

オヤジバレーを通して娘達も、監督である自分も学ばされた事が多々ある。純粋に楽しくバレーボールをする。バレーボールの楽しさを教えてくれた親父バレーには本当に感謝だ。そしてそのオヤジバレーを立ち上げた、は○パパとしばらく会えないのは淋しいかぎりであるが、は○パパが帰省された際には、オヤジバレーをまた一緒に出来るようこの取り組みを守っていきたい。

いってらっしゃい!!は○パパ!!

帰ってきたらまた、一緒にバレーをしよう!!

DSCF0011.JPG

  

posted by 新田ジュニア H監 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

練習試合

県大会予選前、練習試合を行なった。

参加チーム

大○西さん ・ 賀○さん ・ 久○さん ・ 新田の4チーム。

参加チームの子供達、指導者の皆さん、保護者の方々に感謝である。

いつもお世話になっている大○西スポーツ少年団さんに初めてこちらにお越しいただいた。満足のいくおもてなしができなかった事をこの場をかりてお詫びしたい。

次は是非新田小学校のの体育館へ起こし頂きたい。貴重な練習試合をありがとうございました。

さて、新田ジュニアの娘達の練習試合であるが、6年生の娘達の気持ちの入らないプレーの連続。あまりの不甲斐ないプレーに、コートから連れ出してココロの指導を行なった。県大会予選を目前にいまだにチームワークの取れない6代目新田ジュニアの娘達だ・・・

自主性のなさから、自分達で自分達のバレーに対するリズムを作れていないのである。

残りの大会までの練習はこのココロの指導を重点的に行ないたい。

県大会予選まで、あと6日である。

posted by 新田ジュニア H監 at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新入部員歓迎会

新入部員歓迎会
保護者会の主催で、地元焼き肉店にて新入部員歓迎会が行われた。 新たに3人の新入部員を迎えにぎわう新田ジュニアだ。

3年生、2名と2年生一名の新田な部員が入部してくれた。 ありがたい話である。

指導者がいくら熱をいれても、バレーボールをやりたいと言う子供達の存在がなければチームは成り立たない。近い将来あやぶまれていたチームの存続も、なんとか継続できそうで一安心だ。

バレーボールの楽しさを教えつつ、チームの戦力として育てたい。


頑張ろう!3人の新入部員達!
posted by 新田ジュニア H監 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月22日

成長の記録

5月19日のO・リーグ、20日の県外遠征とこの2日間で成長を遂げた娘がいる。

3年生の愛○だ。

6年生不在で臨んだO・リーグセッターとして姉のあ○さにしっかりとボールを繋げた愛○だ。

県外遠征での出来事。

5年生で姉であるあ○さが、学校のクラス行事のため午前中だけの練習試合の参加となった。お昼前には、帰らないといけないとのことで、あ○さママから「半日だけ参加します」との申し入れがあった。当然妹愛○も連れてかえるのかと思いきや、

「おねーちゃんが帰れば私が試合に出れるから、私は残って試合に出る」と愛○が言っているのでお願いできますか?といわれた。こちらとしてはねがっても無いチャンスである。

あ○さが帰ったあとフォーメーションを愛○シフトに変更し午後からの練習試合の臨んだ。

昼からの愛○と言ったらそれは大活躍。果敢にボールにくらいつき、与えられた仕事を十分にこなしていた。

中でもサーブについては申し分ない。「1本しか入らない強いサーブより、5本連続で入る確実なサーブ」の教えを守りサーブを打ち込んでいた。

セットの途中、愛○のサーブ順になった時、愛○がコートの外にいる自分のところに駆け寄ってきた。そして「監督、試していいですか?」言うのである。

何を試すのか?と聞いてみたところ、

相手チームのサーブのスイングの仕方が自分と違うスイングをしているので自分もそのスイングでサーブを打ってみたいというのだ。

練習試合に向け出発前に

「相手チームのよいところは真似できるようにしなさい」

と指導して出発したのだが、愛○はそれを実行し、なおかつコートの中で実践しようとしたのだ。前向きな愛○の姿勢に嬉しくなった。

コートの中の声も仲間の為にかける声、大きな声でチームの力になっていた。上級生の娘達も、3年生の愛○をカバーしようと、コートの中でプレーする姿が見えた。

愛○効果である。

19・20日と2日間、試合に出ずっぱりの愛○が帰りの車の中でこう言っていた。

「監督、私テレビで見る全日本の選手がバレーをしているオレンジ色の本物のバレーのコートで試合がしてみたい。」

こう言ったのだ。

純粋にバレーボールが大好きと言う気持ちが、愛○のプレーや言動に表れている。

この気持ちを忘れさせないように、指導をしていきたい。

愛○の言葉に気分良く遠征地をあとにした。

DSCF0003.JPG

ありがとう!!愛○!!

 

posted by 新田ジュニア H監 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

初県外遠征

兼ねてから念願であった県外への遠征がついに実現した。

○岡への練習試合だ。

しかも、憧れのチームである東○さんとの練習試合。

チームの子供達、監督さん、保護者の皆さんに感謝である。

○岡への遠征はチーム立ち上げ1年目の時からあったのだが、なかなか実現に至っていなかった。一度目は、旧犬○ベアーズの監督であるK監督からお誘いをうけた。そのときは練習試合先のチームでインフルエンザが流行。やむなく断念となった。2度目は、旧明○ジュニアのH監督の紹介であったが、口蹄疫の為これまた断念・・・

近くて遠い○岡だった。

参加チーム  東○少女さん ・ 宇○ジュニアさん ・ 新田ジュニアの3チーム。

東○少女のO監督さんとは、ホームページ上でもお付き合いさせていただいており、兼ねてから一度お付き合いさせていただきたいと思っていた。念願がかなって嬉しく思う。

O監督の熱い指導・子供達の必死にボールを繋ごうとする姿勢。大変勉強となる1日を過ごさせていただいた。

最近自分の指導に迷いを感じていたが、O監督とお話させていただいてふっきれた。的確でココロのこもったアドバイスをいただけて嬉しかった。

娘達も何かを感じることができたのか終日大きな声を出し練習試合に臨むことができた。自分にとっても娘達にとっても得るものの多かった練習試合となった。

何かと想いいれのある○岡だ。これからも交流を深めて行きたい。

O監督、本当にありがとうございました。これからもよろしく御願いいたします。

DSCF0004.JPG

 

posted by 新田ジュニア H監 at 22:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

2012年 O・リーグ第1節〜荻小学校〜

2012年のO・リーグ第1節が行なわれた。

奥○後バレー連盟が主催するこの大会は、連盟登録チームを集めて年間3回のリーグ戦を行い、3大会のトータル勝率でその年のリーグ優勝を決める。

会場準備等で動いていただいた地元チームの関係者の皆さんに感謝である。

残念な事に、6年生は修学旅行で不在・・・

しかしながら、下級生の腕だめしと言う事で、6年生不在の中このリーグ戦に臨んだ。

6年生が修学旅行と言うことで、出場を辞退と思ったが、

「監督、試合に出たい〜ぃ!!」と、出場辞退では不満気なチビさんたち。やる気満々の3年生である。

そんな娘達のやる気を無駄にしてはならない。少し早めの「7代目新田ジュニア」の試合だ。

試合の結果は、案の定練習不足も手伝って4戦中、1勝3敗・・・

しかしながら随所に良いプレーが見られた。

特にセッターに起用した、愛○。持っているを全て出し切ったといわんばかりのトスアップは将来の活躍を期待したくなるプレーだった。サーブもほとんどミスなし!

「1本しか入らない強いサーブより、5本連続で入る確実なサーブ」を見事に実践してみせた。

また、5年生のは○は、ライトからのスパイクを果敢に打っていった。突き刺さるとまではいかないものの、普段であればあたりそこないのミートが多々見られるのだが、セッターの荒れるトスの中確実なスパイクミートの音が何度も聞かれた。今後の活躍に期待だ。は○には、気持ちの弱さが多く見られる。自らのマイナス的な思考で自分のプレーに限界を決めている感じが見受けられる。強い気持ちを持って練習に取り組み上達をしてほしい。

普段試合に出る機会がなかなかやってこない下級生であるが、試合や練習試合で休むことはない。試合に出なくてもその会場の雰囲気をあじわうだけでも、娘達は成長するのだ。試合にでないからと言ってその日を休むのと、試合にでなくても休まず参加するのとでは、大きな差が生まれる。

今大会は、辞退することなくチビさん達の経験値UPの為に出場してよかったと思う。

体力的にも精神的にも少し成長したチビさん達。

今のやる気をそのままに、大きく成長してもらいたいものである。

Dscf0048

posted by 新田ジュニア H監 at 06:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

敗戦・・・

県中地区交流大会が市内小学校を会場に行なわれた。

パート優勝すれば、県大会出場枠を獲得でき、準優勝であっても県大会予選のシードをもらえる重要な大会だった。

優勝を目標に望んだ試合であったが、悔しくも決勝トーナメント初戦敗退・・・

県大会出場枠どころか地区予選のシードさえ掴み取ることが出来なかった。

敗戦のショックは大きい・・・

この敗戦の原因は、自分の指導にある。娘達が目標を達成できる様に娘達に指導が出来なかった自分の指導の甘さがもたらした敗因だ。

予選リーグから、終始弱気な娘達。自分の苦手なプレーから失敗を恐れ逃出している。ベンチから見た娘達のプレーは自分にはそう見えた。

ボールが落ちるまで何がなんでも拾ってやろうと言う姿勢が見えない。何がなんでも決めてやる!!と言う強いココロが見えないのである。

得点差を縮め、同点に追いついても強気のココロとそのプレーが無い為、自力で得点する事ができない。相手のミスでしか得点することができず、たった2点をもぎとることが出来ないまま敗戦となった。

自力で得点できないのも、娘達が「何が何でも!!」と言う気持ちをもてないのも、全ては監督である自分が、娘達がその様な気持ちを持てるような練習をしていないからだと痛感した。

次の大会までに、娘達に強気のココロを持たせられるよう指導方を変えたい。

自分の甘さを克服したい。

posted by 新田ジュニア H監 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月13日

県中地区交流大会

県大会予選前の大事な大会の朝を迎えた。予選の組み合わせに関わる大切な試合だ。

4月からの新チーム切り替え以来、目標としてきた県大会出場。娘達と一緒に気合いをいれて向かいたい。


娘達の持っている力を引き出せるようベンチワークに全力でつとめたい。
posted by 新田ジュニア H監 at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

賑わう体育館〜頼もしいOG達〜

新田ジュニアの体育館が賑わいをみせている。

OG達が自分達の部活を終わらせて練習の為に体育館にやってくる。

4代目新田ジュニア キャプテン 美○

5代目新田ジュニア キャプテン ○奈

5代目新田ジュニア 副キャプテン 弥○ の3人だ。

自分が体育館に到着するやいなや、4代目新田ジュニア キャプテン美○が体育館からかけだしてきて、

「監督、お願いします!!」

と挨拶しにきた。

美○のこう言うところは、実に気持ちがよくスポーツマンらしい。美○のおかげで気持ち良く体育館にはいることができた。

先日の大会の敗戦から集中的にサーブカットの練習に取り組んだ新田ジュニア。

その練習にも積極的に取り組む美○の姿があった。

新田ジュニアも大事な試合を控えているが、中学校のバレー部も来月おこなわれる中体連にむけて練習中のようだ。

その大会に向けて自らの課題を克服すべく、気迫充分に練習に取り組む美○である。

練習した努力は決して自分をうらぎらない!!

頑張れ!!美○!!

DSCF0009.JPG

頑張れ!!三○中バレー部!!

頑張れ!!新田ジュニアOG達!!

posted by 新田ジュニア H監 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月05日

ミニ合宿への参加

いつもお世話になっている大○西のH監督からのお誘いで、2日間開催される合宿に1日だけ参加させて頂いた。県内外からチームが集まり沢山のチームと対戦することができた。

この様な場所を与えてくださるH監督には本当に感謝である。

H監督のネットワークの広さ、懐の広さにはいつも感心させられる。見習わなくてはならないところが多々ある。いつも勉強になる練習試合だ。

対戦チーム   午前中は、丹生小学校にて、 ○KIUMEさん 、 駅○ジュニアさん 、南○ジュニアさん 、 若○ジュニアさんと対戦。

午後からは、会場を移動し、 大○西スポーツ少年団さん 、 東○少女さん と対戦させていただいた。

久々の我武者羅gireたちとの再会、憧れのチームとの対戦、前日の大会からの縁ある対戦と監督である自分にとっては、嬉しい1日となった。

練習試合の内容はとにかくとして、1日の練習試合を通じて他のチームより刺激を受けた。

痛感したことはチームの甘えである。

監督である自分ももちろんの事、娘達、保護者、新田ジュニアと言うチームに甘えがある。

上には上がいる!と言う事だ。井の中の蛙にならないよう、気持ちを入れ替えてがんばりたい。

1日お相手してくださった各チームの皆さん、本当にありがとうございました。

また機会がありましたらよろしく御願いいたします。

またの再会を約束し、練習会場を後にしたチームもある。再会までに恥ずかしくないチームにしてレベルを上げていきたい。

本当に良い練習試合であった。DSCF0037.JPG  

posted by 新田ジュニア H監 at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月04日

童話の里玖珠町小学生バレーボール大会

今年も、ゴールデンウィーク恒例の童話の里バレーボール大会に出場した。

大会事務局の皆さん、協賛頂いた関係各所の方々、このような大会の場所を与えていただいた玖珠町に感謝である。

この大会に参加させていただくのも今年で3回目となる。玖珠町の童話際の一環として行なわれるこの大会。毎年地元チームの皆さんの暖かいお出迎えがある。

開会式会場に到着するやいなや、スパイダーマンと吉四六さん(多分・・・)のお出迎え。娘達は毎年このお出迎えを楽しみにしている。

DSCF0022.JPG

開会式では、参加チーム49チームを一同に会しての開会式。

開会式前には、地元玖珠町の特産品であるお米(ひとめぼれ 5kg)の抽選会が行なわれた。新田ジュニアは毎年この大会で、このひとめぼれ米をGETして夏の合宿に美味しくいただかせてもらっている。今年もと思ったが残念ながら合宿米をGTEすることができなかった。

抽選会の後は、地元バレーチームの玖○ジュニアの男女のキャプテンが桃太郎とかぐや姫にふんして歓迎の挨拶で出迎えてくれた。

DSCF0025.JPG

ちなみに今年はかぐや姫が男子チームのキャプテン、桃太郎が女子チームのキャプテンであった。なかなかの美男・美女であった事をお伝えしたい。

開会式終了後は、試合会場へ移動。予選リーグ1位通過をめざして試合を頑張った。

予選リーグ第一試合 VS 若○ジュニア

北九州から来られたチームだ。サーブ力の強いチームであった。

相手の強いサーブに苦しみながらも、21−18で第1セットをとる。

リズム良く得点をとれないもののサーブスパイクともにまずまずのポイントをあげている。自分達のミスを出来るだけ少なくするよう指導し、第2セットのコートへ送り出す。

第2セットも第1セットとおなじ様な展開が続く。得点差が開かずシーソーゲームの状態。こうなるとミスを犯した方の負けになる。

終盤、あ○さがスパイクを連続ミス。○里とな○さのサーブミスも響いて第2セットを19−21で落としてしまう。

第3セットも同じような展開。自分達のリズムが作れず、ミスで足踏みしてしまう。シーソーゲームに自分達のミスで相手に得点を与えリードを奪えず19−21で敗戦となった。

第2試合 VS 中○北部

この試合もやはり第1試合と同じように自分達のミスで得点を相手に上げていく。スパイク等で良い動きをみせるものの、自分達で得点をとるよりも、ミスの回数が上回ってセットを取れない。

予選リーグ2敗で、決勝トーナメント進出はなくなった。

県大会予選前の課題が見つかり大変貴重な試合となった。

不足部分の修正をきっちりと行ないたい。

勝てる試合だったのになぁ〜と感じるも実際のところは敗戦している。勝てていないのだ。

勝てる試合ではなく、勝つ試合が出来るよう目標の試合まで全力で走るのみである。

娘達と一緒にまた頑張りたい。

Dscf0030

posted by 新田ジュニア H監 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする