2012年03月30日

ピンチの時に!!

ジュニアの練習に先代新田ジュニアの娘達が来館してくれた。

3代目 新田ジュニア キャプテン 茉○

4代目 新田ジュニア キャプテン 美○

4代目 新田ジュニア エーススパイカー ○佳 の3人だ。

自分達の忙しいスケジュールの中、ジュニアの練習に参加してくれた先代ジュニアの娘たちに感謝である。

ジュニアを送り出してからのこの娘達との久しぶりの練習。あの頃と変わらぬ楽しさがあった。練習の時の表情からあの頃と変わらぬ「バレーが大好きです!!」と言う気持ちが伝わってくる。

練習の終わりに、先代新田ジュニアの娘達からありがたい言葉をいただいた。

3代目キャプテン茉○が、「まだまだ、練習中に声が出ていないので大きな声を出してがんばってください。」といってくれた。

元気な声が代名詞だった新田ジュニアだが、3代目・4代目のジュニアの娘達にくらべると最近元気のない新田ジュニアである。先輩達が築いてくれた元気を取りもどせるよう、指導に励みたい。

以前のブログにも書き込んだことがあるが、先輩達の来館はとてもうれしい。

ウルトラマンで言えば、弟のウルトラマンタロウのピンチに、初代ウルトラマンやセブン・ジャックが駆けつけてくれたような、仮面ライダーで言うなら、V3のピンチに1号ライダー・2号ライダーが駆けつけてくれたような頼もしい気持ちになる。

頼もしい先輩達に感謝だ。

ありがとう!!茉○ ・ 美○ ・ ○佳 !!

Ca3h0076

posted by 新田ジュニア H監 at 22:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

切り替え

新チーム始動から半月が経過した。

ジュニアバレーの指導を始めて、何度かチームの切り替えを経験したが、この時季のバレーが一番自分にとっては、難しい。

なかなか、毎年気持ちの切り替えに時間がかかる自分がいる。

そんな中、卒団していった5代目新田ジュニアの二人が、毎回練習に参加してくれている。新チームの指導をしている間に卒団生に後輩の指導を御願いしている。

娘達には、「人に教えられる様になった時が、本当に自分で理解できていると言う事だ」と指導している。

ジュニアバレーで得たことを、新入部員に教えている頼もしい卒団生だ。

ブランクは少ない方がいい。

次のバレーに進むまで、いつでも体育館にきてほしいものである。

ありがとう! ○奈先輩 ・ 弥○先輩!

Ca3h0075

posted by 新田ジュニア H監 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

6代目 新田ジュニア始動

涙・涙の6年生を送る会を終え2週間が過ぎた。

チームを新チームにきりかえ、いよいよ6代目新田ジュニア、な○さ ・ 結○ ・ ○里 ・ 果○ ・ 未○ ・ ○穂 達が新しい一年をスタートさせた。



新チームの始動をブログへと書き込みたかったのだが、ここのところの激務のため、パソコンに向かう事が滞っていた。遅れてしまったが新チームの始動をブログに残したい。


新キャプテンには、な○さ

新副キャプテンには、結○で6代目新田ジュニアを動かして行く事になった。新キャプテン・新副キャプテンの二人については、後日のブログで詳しく伝えたい。


チームの始まりに、毎年娘達に伝える言葉がある。それは、新チームのスタートをきったと言う事はいよいよ卒団への第一歩を踏み出したと言う事である。これから始まる試合の一つひとつが終わる度、ジュニアバレーの終わりが近づいて来ると言う事だ。一年間しっかりと頑張ってほしいものである。


初練習試合も早速こなした。


6代目新田ジュニアの娘たちの新しい一年に期待である。
posted by 新田ジュニア H監 at 11:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月13日

6年生を送る会

試合終了の翌日、午前中の練習でチームを新チームに引継ぎ、午後からは恒例の親子試合に汗を流した。

参加していただいた保護者の皆さん、本当にありがとうございました。娘達のよき思い出になった事と思います。

親子で同じスポーツに汗を流せる。これほど我が子とのコミニケーションをとれることはないなぁ〜

怪我も無く無事に親子試合を終了。

2dscf0061

5代目新田ジュニア保護者と娘達で記念撮影をおこなった。

2dscf0063

18:00より、場所を変えての6年生を送る会。

涙・涙の送る会となった。

まずもって、卒団する娘達にお疲れ様を伝えたい。そして保護者会を退会される保護者の皆さんも本当にお疲れ様でした。この4年間、休日ともなれば、練習や練習試合の送迎、自分の予定もさしおいて娘のためにご協力いただき本当にありがとうございました。

送る会では、この会でしか聞くことの出来ない、4年間の間の裏話も聞かせていただきました。体育館では見ることの出来ない、娘達の悩みや葛藤があった事もお聞かせいただきありがとうございました。

保護者の皆さんには、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

11ca3h0069

そして、卒団していく2人の6年生の言葉。

コーチに対して、監督である自分に対して、嬉しい言葉を頂きました。

そして、指導者である自分達にとって最高に嬉しい言葉・・・「中学に行ってもバレーを続けます」

また今年も最高の言葉を貰うことができた。

5代目新田ジュニアの2人の想いはしっかりと後輩達に受け継がれることであろう。4年間本当にお疲れさま!!

そして、ありがとう!!5代目新田ジュニアの娘達!!

11dscf0010

Pdscf0070

posted by 新田ジュニア H監 at 22:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

選手宣誓〜5代目新田ジュニア キャプテン○奈〜

8dscf0008

宣誓!!

私はバレーボールが大好きです!!

6年生にとっての最後のこの大会を悔いの残らないよう、正々堂々と最後まで戦う事を誓います!!

H24.3.10 選手代表 新田ジュニア キャプテン 神○ ○ 奈

8dscf0009

5代目新田ジュニアキャプテン○奈の最後の選手宣誓の全文をここに残したい。

posted by 新田ジュニア H監 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5代目新田ジュニア最終戦〜6年生お別れ大会〜

H24.3.10  ついにこの日がやってきた。

5代目新田ジュニア最終戦である6年生お別れ大会だ。

5年生大会終了後、チームを6年チームに編成しなおし、この日の為に練習を重ねてきた。5代目新田ジュニアの4年間の集大成を発揮すべく試合に臨んだ。

いつも通り、6時30分 新田小学校集合。試合前の早朝練習を済ませ、円陣を組んで気合十分で新田の体育館を後にした。

8dscf0003

大会会場である犬○中へ移動。監督会議終了後、キャプテンのくじ引きにより対戦相手が決まる。5代目新田ジュニア○奈のくじ引きで、1番くじをGET!!見事シード枠を引き当てた。

対戦相手は、宇○ジュニアさんと千○スマイルさんの勝者との対戦となった。しかも1番くじと言う事で選手宣誓のおまけつき!記念すべき最後の大会で選手宣誓を引き当てた5代目新田ジュニア キャプテン○奈のひきの強さに驚きである。

キャプテン○奈の選手宣誓については、後日のブログで伝えたい。

8dscf0007

どちらが上がってきてもやりなれた相手だ。試合の結果、千○スマイルさんとの対戦となった。気合十分で臨んだ第1セット。

出だしの結○のサーブポイントで良いリズムで試合を進める。2点リードの試合中盤、まさかのアクシデントが起こった。副キャプテン弥○がブロックの着地に失敗し、コートにうずくまる。まさかの捻挫だ。すぐさまメンバーチェンジでコートから出し代わりにあ○さを投入。ベンチにて弥勒の応急処置にあたった。こちらのリードで相手チームがタイムアウトをとるも、応急処置に追われ娘達にアドバイスを言い渡すことも出来ず、終わってみれば、17対21で第1セットを奪われた。

弥○にとってジュニアバレー最後の試合。本人がコートに戻りたいと言えば少しでも長くコートに立たせてあげたかった。弥○に「コートに戻れるのか?」と問いかけるも、涙を流すばかりで返答が帰ってこない。

コートの中の娘達には、弥○をなんとしてもコートに戻す為に、2セット目を必ずもぎ取ってくるよう指示を出し2セット目のコートに送り出した。

キャプテン○奈が2セット目のコートの中から終始、ベンチの弥○を意識してプレーしているのがわかった。「私が頑張るから、必ずコートにもどってきて!!」そんなココロの声が聞こえてきそうな○奈のプレーはサーブにもスパイクにも表れていた。その○奈の執念で見事2セット目を取り、3セット目に繋いだ。

ラインアップシートを弥○に書き換え、最後のセットに臨む。

試合直後、弥○が動けない。怪我をした足をかばいプレーにならないのである。すぐさまメンバーチェンジであ○さと入れ替えた。弥○の怪我が娘達の動揺を誘い、連続サーブカットミスからの大量失点。弥○のサーブで逆転の望みをかけてメンバーチェンジしたが、最終セット14対21で5代目新田ジュニアの最後の試合のホイッスルがなり4年間のジュニアバレーが終わった。

8dscf0012

最後の最後で弥○に怪我をさせてしまったこと、試合中の怪我に対して十分な対応ができなかった事が悔やまれたならない。5代目新田ジュニアの娘達をコートの中で完全燃焼させてあげられなかった監督としての自分の責任は大きい。

悔やんでも悔やみきれないが、今日と言う日は、二度と戻らないのである。結果はどうあれ、5代目新田ジュニアの最終戦を終えて、6年生の二人にココロからお疲れ様でしたといってあげたい。

情熱のキャプテン ○奈

元気いっぱいの声の持ち主 弥○

本当にお疲れ様。

監督と一緒にバレーをしてくれて本当にありがとう!!

8dscf0019

posted by 新田ジュニア H監 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 5代目新田ジュニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

あれから1年・・・

本日、3.11、あの東北を襲った大震災から1年が経った。

地元豊後大野市でも、サイレンの吹鳴と共になくなられた方々のご冥福を祈り黙祷をささげた。

何気なく普通に生活できる・・・これほど幸せな事はないんだろうな。

復興にむけてまだまだやらなければならない事は沢山あるのだろうけど、少しでも自分がやくに立つことがあるのなら協力をしたい。

遠く大分の地から、被災地の復興を切に願いたい!!

「頑張ろう!!日本!!」

posted by 新田ジュニア H監 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月10日

5代目新田ジュニア キャプテン ○奈

5代目新田ジュニア キャプテン ○奈

歴代新田ジュニアのキャプテンの中では、弥勒とならんで泣き虫だったが、ココロの底から振り絞る情熱のバレーをする娘だ。

1DSCF0001.JPG

新田ジュニアのキャプテンとして、本当に良くチームをまとめてくれた。監督である自分やコーチの問いかけに対して、自分の想いをしっかりとした口調で伝えてくれる。

打てば響く!!  力強いキャプテンだ。

3年生の頃からバレーを始めた○奈。恥ずかしがりやで自分の前でいつももじもじしていた○奈が、今では立派な新田ジュニアの5番目のキャプテン。4年間の彼女の成長は著しいものがあったと思う。

○奈の覚醒が始まったのは、4代目新田ジュニアの奥豊後大会での事である。スターティングメンバーの○佳にかわって出場した試合。○奈の執念のカバーがチームに力を与えた。

http://aratajr-h.blogzine.jp/blog/2010/06/post_a40b.html

朝○での練習試合でのセッターとしての活躍。そして5年生大会での頑張り。まじめで一生懸命な○奈が自分自身を成長させていったのである。

特に印象に残っている出来事は「未来杯」での○奈の執念のスパイクだ。打って打って打ちまくってそれでも試合に勝てず、涙を流した○奈の顔を忘れられない。

SCF0015.JPG

苦手なことから逃出そうとする悪いクセがあるが、ひたむきな努力で自分なりに克服しようと頑張ってきた○奈だ。

ココロの底からの、叫びにも似た気合の声は正に 「情熱」である。

いよいよ明日は○奈との最後の試合だ。4年間の○奈の情熱のバレーをしっかりと見せてもらいたい。未来杯のときの様な涙でなく最高の笑顔が見られるように明日の試合を○奈と一緒に頑張りたい!!

1試合でも多く、1セットでも長く○奈と一緒にコートに立っていられるよう頑張りたい。

最後の試合、全力で頑張るぞ!! ○奈 !!

DCF0005.JPG

 

 

 

posted by 新田ジュニア H監 at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5代目新田ジュニア 副キャプテン 弥○

5代目新田ジュニア 副キャプテン 弥○

新田ジュニア歴代副キャプテンの中でも一番の泣き虫だったかもしれない。

そんな弥○であるが、最上級生になってからのこの1年で大きく成長した弥○だ。

1DSCF0002.JPG

3年生からバレーを始めた弥○。

高い身体能力を持った弥であったが、神経回路のつながりがなかなかできあがらず、それでいてもゆっくりとゆっくりと成長を続けてきた弥○だ。

以前のブログでも紹介したことがあるが、練習日に手作りのおやつを持ってきて後輩達に食べさせたり、チームのぼろぼろになったうちわを家に持ち帰り修理してきてくれるなど、優しい一面をもった弥○である。

http://aratajr-h.blogzine.jp/blog/2010/12/post_6c0a.html

最上級生になるまでは、なかなか試合に出場する機会がなかったが、4代目新田ジュニアの県大会出場を賭けた試合で、メンバーチェンジでコートに入った弥○が連続のサービスエースを決めてくれた。コートに入っては、執念のフライングレシーブでボールを繋ぎ県大会出場へ大きく貢献してくれた弥○のプレーが頭から離れない。

合宿の後の川遊びでは、弥○の勇気をしっかりと見せてくれた。

Dscf0059

5年生大会前の厳しい練習、その他結構きつい練習もしてきたが、くじけることなく決して途中で止めず最後まで頑張った弥○だ。苦手な事から逃出すこと無くコツコツゆっくりではあるが成長してくれた。苦手なレシーブだって本当に良く頑張ったものである。

vDSCF0016.JPG

試合でも、しっかりと結果を残してくれた。1年間で何度も表彰台にあがった5代目新田ジュニアの娘達。弥○にも本当に感謝だ。

iDSCF0024.JPG

今では、素晴らしいサーブホームを手に入れパワー溢れるサーブを打ってくれる頼もしい存在にまで成長してくれた。最後の試合でもそれをしっかりと発揮してほしい。

弥○には、指導者として本当に勉強させてもらった。まだまだ、弥○とバレーを続けたい心境であるがいよいよ明日が5代目新田ジュニアの最後の試合である。

1試合でも多く、1セットでも長く同じコートに立っていられるように頑張りたい。

明日の試合、一緒に頑張ろう!! 5代目新田ジュニア 副キャプテン 弥○ !!

 

 

 

 

posted by 新田ジュニア H監 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

最後の練習

5代目新田ジュニアの娘達、○奈と弥○との試合に向けた最後の練習を終え今、PCに向いブログを綴っている。今週末はいよいよ、5代目新田ジュニアにとっての最後の公式戦である

「6年生お別れ大会」

が行われる。

また、今年もこの時季がやってきた。

5代目新田ジュニアの娘である○奈と弥○と同じコートに立てるのが、次で最後かと思うと、淋しい気持ちでいっぱいだが淋しさに浸っている場合ではない。

最後のホイッスルが鳴るまであの娘達と一緒に全力でコートに立っていられるように、試合当日までバレーモードに気持ちをもって行きたい。

5代目新田ジュニアの○奈・弥○については、この後のブログで伝えたい。

週末の最後の大会に向けて自分の中のバレーモードを高めたい!!

1試合でも多く、1セットでも長く、○奈と弥○とバレーが出来ることを願いたい。

○奈 ・ 弥○ 、一緒に頑張るぞ!!

posted by 新田ジュニア H監 at 22:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

気迫溢れる声

6年生の最後の大会に備えてレシーブの強化に力を入れている。

3分間の対人レシーブ練習だ。その練習の中、3分間をしっかりと声を出し切り、レシーブ練習を頑張る娘がいた。

2年生の○結だ。

コートの中での気迫溢れる声は、レシーブを打ち出すこちらの気持ちをも楽しくさせてくれる。

レシーブのボールが取れなくても、弾いても、大きな声で

「来いっ!!」

と声を出し続ける○結。ボールを恐れずに向っていく勇気の声である。コートの中の弱い自分に打ち勝つ為の声。

○結のコートの中での声は、やる気が伝わってくるいい声だった。

○結の声に引っ張られ、こちらも○結との練習がたのしくてたまらない。

2年生の気迫の声に、良い練習を行う事ができた。

気迫の声、大きな声を忘れるな!!

いいぞ!! ○結 !!

uDSCF0004.JPG

posted by 新田ジュニア H監 at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

県中地区3学期大会

5代目新田ジュニアの娘達の残り2試合の「県中地区3学期大会」が大分市内の小学校で行われた。

大会結果は、Hパートにて3位入賞。

卒団前の記念の表彰台へ上がった。

第1試合 VS お○

地元奥○後の大会でも対戦させていただいているチームだ。

終始優位に試合を進め第1試合を勝利する。しかしながら、レシーブに課題が残る試合内容。娘達に試合終了後、喝をいれる。

第2試合 VS ○野

スパイク力のあるチームだ。選手層も厚い。

新田ジュニアの娘達のレシーブ力が下回り、相手のスパイクを拾えない。中盤まではなんとか食らいつくも、後半突き放され第1セットを失う。

続く第2セット

6年生の二人が頑張りを見せる。弥○のセンターからのスパイク、○奈のブロックで得点するものの、バックの5年生の守備と残り少ない6年生との試合をチーム一丸になり戦えず第2セットを落として敗戦となった。

一緒に頑張ってき仲間との残り少ない大切な試合に、「6年生の為に!!」と頑張れなかった5年生達の気持ちの弱さが招いた敗戦であった。

そしてチームを一つにまとめ上げられなかった監督である自分の責任でもある。

キャプテンである○奈は悔しそう泣いていた。5代目新田ジュニアの娘達に残された試合もとうと、1試合を残すのみとなった。

5代目新田ジュニアの娘達、○奈と弥○と同じコートに立てるのもあと1試合しかない。1試合でも多く、1セットでも長くあの娘達と試合が出来るよう残りの練習を頑張りたい。

最後の大会までに、レシーブ強化あるのみである。

○奈 ・ 弥○ 3位入賞おめでとう。

最後の1試合、全力で頑張ろう!!

uDSCF0002.JPG

posted by 新田ジュニア H監 at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする