2011年12月30日

2011年まとめ〜1年を振り返って〜

2011年も今年も残すところ、大晦日を残すだけとなった。

1年経つのは早いものである。

2011年の始まり、ホームの新田小体育館が耐震工事で使用出来ず、秘密の練習場での練習始め。正月の休みをとりすぎて娘達が調子を壊してしまったのを思い出す。

あっと言う間に3月になり、4代目新田ジュニアの娘達の卒団。○佳が「コートの中に忘れ物があります」と泣いていた。

新チーム切り替えの4月。未来杯での新キャプテン○奈の覚醒。スパイクを打って打って打ちまくった白熱の試合を展開した。

県外チームや、県北のチームとの対戦が多かった今年。

ブログを通しての繋がりが広がりバレーボールの輪がひろがった。

東北を襲った大震災では、バレーボールが出来る環境がある事のありがたみを改めて考えさせられた。

試合では、童話の里大会でのかぐや姫パート第3位、奥豊後大会での3位パート優勝。大友宗麟杯5年生の部第3位と表彰台にあがることもあり、随所に子供達の頑張りがあった。

自信の反省では、仕事が忙しくなり、公式戦に2試合も参加できない悔しい想いをした。仕事の忙しさにかまけてチーム運営がおろそかになり、練習試合の連絡の遅れや練習計画立案の遅れなどで保護者会にもご迷惑をおかけした。

夏の合宿、県北への練習試合や公式戦。保護者のみなさんの多くの協力で今年も充実した活動ができた。感謝の気持ちでいっぱいである。

新たな活動として、他チームの監督さんからのお世話で新しい各種の大会へ参加させて頂けたことも新田ジュニアにとっての多くの収穫となった。お世話頂いたチームの監督さんにはこの場をかりてお礼を述べたい。本当にありがとうございました。

2011年で吸収した多くの事をしっかりと自分の物にし、来年の活動に反映させたい。

来年も子供達とまた、一緒にがんばりたい。

2011年、活動の締めくくりとしてこの場をかりて、今年1年新田ジュニアにかかわったすべての人にお礼を述べたい。そしてみなさんにとって来年が良い年であります事をお祈り申し上げます。

2012年練習始めは、1月5日から。ブログの書き込みもそれにあわせて再開したい。

それでは、今年1年、大変お疲れ様でした。

みなさん、良いお年を!!

posted by 新田ジュニア H監 at 12:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011練習納め

2011年最後の練習を行った。

毎年17時で練習を切り上げるのだが、この時間帯では川○ ・ ○藤両コーチが仕事の都合で来られないので、今年は全員揃って最後の練習納めを迎えたかったため、時間帯をずらして練習を開始し、全員揃っての練習納めを迎えることができた。

練習はレシーブを中心とした練習を行い、練習終了後1年間お世話になった体育館の大掃除を行った。

3DSCF0003.JPG

1年間溜まったホコリをきれいに落として、体育館の各所を掃除した。

掃除をすることで気持ちもクリアになる。1年を振り返りながら気持ちをクリアにし新しい年を気持ちよく迎えられるのだ。

掃除の様子を見ていれば、娘達の性格も見えてくるからおもしろい。几帳面にすみからすみまで掃除できる娘もいれば、逐一指示を出さなければ動けない娘もいる。いろんなところの汚れが目に付いて進んで掃除が出来る。気が付くことは大事な事だ。このような気付きはバレーボールの上達にもきっと繋がってくる。

特に感心したのはトイレ掃除をしていた弥○だ。便器に手を突っ込んで隅々まで行き届いた掃除をしていた。細かいところまで気が利く家庭的な娘だ。将来きっといい奥様になるであろう。

3DSCF0006.JPG

1年間の努力と汗の染み込んだボールも皆できれいに磨いた。

「監督〜新品みたいになったよ!」と自慢げにボールを見せる娘達であった。

3DSCF0010.JPG

ホコリを落とした後は、体育館の床を雑巾がけ。お世話になった体育館に感謝の気持ちをこめて雑巾がけを行った。

3DSCF0013.JPG

バレーボールが出来る場所があること、当たり前の様なことであるが、幸せな事である。バレーボールが出来る道具があること、全ての環境に感謝の気持ちを忘れてはならない。

雑巾がけの締めくくりは、雑巾ダッシュ!!

体育館もぴかぴかになり、娘達の笑顔もぴかぴかだ!

dscf0014.jpg

この笑顔がコートの中で沢山溢れるように来年もまた頑張りたい。

1年のまとめは後日のブログにまとめたい。

良い形で2011年の練習をしめくくれて、体育館もぴかぴかになった。

体育館の神様、今年1年怪我も無く娘達を守っていただき、ありごとうございました。

posted by 新田ジュニア H監 at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

happy birthday

今日の練習日、めでたく誕生日を迎えた人がいた。

新田ジュニア 炎のコーチ ○っさんこと○藤コーチである。

新田ジュニアでは、練習日と誕生日が重なった日は、みんなで「happy birthday」を合唱する事にしている。

昨年も、娘達に「happy birthday」を歌ってもらった○藤コーチ。娘達から祝ってもらえる!

最高に幸せな事である。先ほど掲示板にも、○藤コーチへのお祝いのメッセージが寄せられた。

改めて、誕生日おめでとうございます!!○藤コーチ!!

Ca3h0056

posted by 新田ジュニア H監 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きり番

ホームページ開設以来、アクセス数が8,700を超えた。

きり番にしている 9232人目のバレー部員まであと500である。

多くの方が、新田ジュニアの娘達の活動の記録を閲覧していただいたことに感謝である。

ブログ「監督のバレーノート」にも多くの方からコメントをいただいた。本当にありがたい。

これだけ多くの方が、新田ジュニアの娘達の活動の記録を見つめているという事をしっかりと頭にいれてこれからも娘達の頑張りを記録として残していきたい。

2011年も残りわずかである。反省と気持ちの切り替えをしっかりと行って、新年を迎えたい。

ホームページの9232人目のバレー部員のきり番をGETされた方は、掲示板の方へ書き込みをお願いしたい。くだらない取り組みであるが、このきり番GETは今後も続けて行きたいと思っている。

さぁ、この後も娘達と練習だ!!

posted by 新田ジュニア H監 at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

Merry X'mas

今日はクリスマス。

新田ジュニアの娘達、どんなクリスマスを過ごしているのかな?

今日は夏にお世話になった「三好ヴァイセアドラー」のV・リーグ開幕戦。

バレーボール教室のお礼に是非とも応援にかけつけなければならなかったのだが、あいにくどうしても都合がつかず、応援にかけつけることができなかった。本来であれば、バレーボール教室のお礼に、試合会場で橘・石垣両選手に大声援を送らねばならなかったのであるが、申し訳ない気持ちでいっぱいである。次回行われる試合には、娘達と一緒に応援にかけつけたい。

本日で自分は2011年の仕事納め。明日より連休に入る。バレーに集中できる時間がたっぷりできた。

新田ジュニアの2011年の練習は、残すところあと2回。

新しい年に繋がる充実した練習で2011年を締めくくりたい。

そして今夜、新田ジュニアの娘達と新田ジュニアにかかわるすべての人達にサンタさんが訪れて、小さな幸せをいっぱい運んできます様に!!

posted by 新田ジュニア H監 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

素晴らしい取り組み

先日の奥○後会長杯にて、スポーツ少年団として実に素晴らしい取り組みをしているチームがあった。

お○ジュニア K監督率いる 「お○ 男子」 チームである。

この、お○男子チームは冬季限定のチームである。

なにを隠そう、このお○男子チーム、夏場は野球部なのである。気温が下がる冬季の野球シーズンOFFの期間はバレーボールに取り組み、この奥○後会長杯に毎年冬季限定チームとして参加してくるのだ。

野球部だからといってあなどれないお○男子チーム。しっかりとバレーの形になっているのだ。冬季限定でなければきっと素晴らしいチームになる事であろう。

お○ジュニアのK監督の子供達の可能性を広げるこの取り組みに拍手である。

ほほえましいのはこの野球部の男の子達。お○ジュニアのK監督の「声をださんか!!」の激にしっかりと声を出すのだが、グランドで出す声をそのままコートの中でだすところがとてもほほえましかった。

野球をご存知のかたはおわかりいただけると思うが、野球のグランドでの「さぁ〜こ〜い〜!!」と言う声が体育館のコート中で出されているのだ。文章では伝えにくいのだが、想像していただきたいと思う。

スポーツ少年団の理念として、ひとつのスポーツの固執せず、子供達の無限の可能性を広げるために、いろいろな種類のスポーツを経験させてあげることもスポーツ少年団の大事な取り組みなのだそうである。

夏場は野球部・冬場はバレー部

スポーツ少年団として素晴らしい取り組みだと感じた。

来年も会えることを楽しみにしておきたい。

野球部員のバレーボールチーム!!

posted by 新田ジュニア H監 at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

師走の連戦3戦目〜大友宗麟杯〜

2011年最終戦〜大友宗麟杯が津○見市を会場に行われた。

大会関係者のみなさん、地元チームの方々に感謝である。

2連チャンでの早朝の移動で保護者のみなさんにも本当に感謝だ。

今年で3回目の出場となるこの大友宗麟杯。

過去の大会では、4代目新田ジュニアの○佳をキャプテンとした5年生チームが3位入賞。昨年の6年生の部では、強豪チームによもや勝利するのではないか?と言う白熱の試合を繰り広げた。今年はどんなドラマが待っているのか?非常に楽しみにして試合に臨んだ。前日の大会の反省として、娘達には気持ちの切り変えと、バレーモード全開で試合に臨むようにと指導した。

そして、嬉しい事に結○が完治しての出場。メンバー揃って今年最後の試合に臨めることに感謝しなければならない。結○の出場で当初の予定通り、チームを2つに分けて5年生の部への参加ができた。

10DSCF0008.JPG

開会式終了後、低学年チームは会場を津○見小へ移動し高学年チームは審判終了後の第2試合 VS 千○  6試合目で玖○男子との予選リーグとなった。

第1試合の千○戦では、サーブが走りいいリズムで1セット目えを取れた。しかしここから最近ンの新田ジュニアの娘達の気持ちの緩みが出る。1セット取った事であたかも勝ってしまったような気分になり2セット目からくずれてしまう。気持ちを引き締めようと厳しく叱咤すると、怒られたことで気持ちが沈み、自分のプレーができなくなっていってしまうのだ。結局2・3セットを奪う事が出来ず、リーグ初戦をおとしてしまった。しかも、スパイクポイントがあまりにもすくねすぎる。昨日の試合同様、相手のミスが多くないと勝てない展開であった。今日の試合は祖先1位のみ決勝トーナメント進出。3セットの展開は非常にまずい展開であった。

3チームで争われる予選リーグ。第4試合で対戦相手の千○が玖○男子を2−0で破ったため、新田ジュニアの決勝トーナメント進出はなくなった。

第6試合 VS 玖○男子

試合に入る前、川○コーチからの連絡で低学年チームの決勝トーナメント進出が報告された。ちび達も頑張っている事を伝え、娘達をコートに送り込む。

低学年の頑張りに刺激を受けたのか、動きの良くなってきた娘達。

ここまでスランプ気味であった○里もよいスパイクが決まる様になってきた。

しかしながら、やはり相手ミスで得点を重ねる事しか出来ない。が、なんとか良いリズムが見え隠れし、いい状態で2011年最後の試合を終了することができた。

試合終了後は、ただちに低学年チームの元へ移動。閉会式終了直後で、5年の部、第3位で表彰台の上った。

賞状・盾・そして嬉しいボール1個GETである。

10DSCF0013.JPG

10DSCF0014.JPG

10DSCF0015.JPG

高学年チームの練習に時間を費やし、全くと言っていいほど練習ができていなかった低学年チーム。結果は3位ではあるが、娘達には大きな自信になった事に違いない。

良く頑張った!と誉めてあげたい。

「監督!ボールもらったよ!!」この一言と娘達の嬉しそうな笑顔があった。

娘達の大きな自信となったことは間違いない。この気持ちをばねに年明けの大会に向かって頑張りたい。

さっそく明日より、2月の5年生大会に向かっての取り組みを始めたい。

事実上の新チーム指導といっても過言ではない。気持ちをしっかり切り替えて今大会の反省を活かしたい。

2011年最後の試合となる大友宗麟杯。

お疲れ様!!新田ジュニアの娘達!!

Dscf0017_2 

posted by 新田ジュニア H監 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

師走の連戦〜第2戦奥○後会長杯〜

師走の連戦の2戦目、奥○後会長杯兼九電杯が地元小・中学校を会場に行われた。協賛をいただいた九州電力○重支店さんに感謝である。

10DSCF0007.JPG

前日からの急な冷え込みで極寒の中での試合にもかかわらず19チームの参加があり、午前中の予選リーグの後決勝トーナメントによって優勝が争われた。

体調不良であった結○はついに復調できず、フォーメーションを変更して試合に臨んだ。

監督会議後のキャプテンの抽選で対戦相手が決まった。

10DSCF0005.JPG

予選リーグは、Cパートにて VS 宇○   VS お○男子との対戦となった。

宇○ジュニアは、新田ジュニアの姉妹チームである。

http://aratajr-h.blogzine.jp/blog/2010/08/post_3003.html

久しぶりの姉妹チームとの対戦は年末の連戦にふさわしいカードだ。

結○不在の為、4年生のあ○さを器用した。来年の新チームでの活躍が期待されるあ○さである。このあ○さのスパイクが良く決まり、初戦の宇○戦を勝利した。

しかしながら、なかなかリズムに乗り切れない新田ジュニアの娘達。スターティングメンバーである結○の欠場が他の娘たちのココロに与える影響が大きいのか、なれないポジションでの不安からか、連続失点を許してしまう娘達。「やるぞ!!」と言う覇気がやはり感じられない・・・

第2試合、VS お○男子

翌日の試合の事考慮し、低学年チームに6年生の弥○を入れて試合に臨んだ。しかしながら、チームをひっぱるはずである6年生の弥○のミスと練習不足が浮き彫りとなった低学年チームの娘達が1セットを落としてしまう。2セット目は、な○さ ・ 果○を投入。

果○がスパイクを決めて2セット目を奪い返した。3セット目はきっちりスターティングメンバーで押え切り、予選リーグを辛くも2位通過で決勝トーナメント進出を果たした。

決勝トーナメント初戦、奥○後常勝チームの緒○ジュニアとの対戦。

「やるぞ!!」・「頑張るぞ!!」と言う覇気が伝わってこない娘達・・・1セット目は簡単に落としてしまう。2セット目は終始2点差で終盤まで食らいつく。19対16の3点リードで迎えた終盤、○里のサーブカットミスからの連続失点19対20で逆転を許してしまう。最後は弥○のサーブミスで試合終了となった。

やはり、気持ちの弱さが目立つ娘達。そして課題は得点力不足である。相手のミスによる得点が大半を占め、相手のミスがなければ勝てない状態になっている。この課題は早急に修正しなければならない重要な課題である。

連戦が終わったら克服に向けての練習に取り組みたい。

今年最後2011年を締めくくる大友宗麟杯にむけて頑張るのみである。

posted by 新田ジュニア H監 at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

奥○後会長杯

奥○後会長杯
師走の連戦、奥○後会長杯が終わった。 予選リーグ終了後の決勝トーナメント戦。対戦結果は後日詳しくお伝えしたい。


今回の試合、二人のコーチは残念ながら仕事の都合参加できなかった。指導者揃っての試合が最近出来ていない。娘達には申し訳ない限りだ。

仕事で来れなかったがコーチ二人の想いは試合会場に連れて行った。

川○コーチの大切な目標ボールと、○籐コーチの炎のアゲアゲ○ーターアンダ○ーだ。

コーチ二人がどの様な気持ち、想いでこれらを託したのか? 娘達に他人の気持ちをしっかり感じられる人になってほしいと話して聞かせた。

今日の試合の教訓をバネに明日の試合も頑張りたい。


明日はいよいよ、2011年を締めくくる最後の試合である。
posted by 新田ジュニア H監 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

試合前の練習を終えて

師走の2連戦に向けて最後の練習が終わった。

後は、明日・明後日の試合を待つのみである。

自分の仕事の都合で、試合前の練習を一日休んでしまった。また、結○の体調不良のため万全とは言えない体制で試合に臨まなければならない。娘達の頑張りに期待である。

結○が出場できない最悪の事態も想定し、フォーメーションを変更しての練習も行った。慣れないポジションではあるが、出来ないなどと言ってはいられない。コートの中でその逆境をも自分の力に変えれるような強いココロで試合に臨みたい。

チーム一丸となって2連戦を乗り切りたい!!

明日の試合が楽しみである。

posted by 新田ジュニア H監 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

年内残すところ、後2試合

2011年、今年も残り3週間をきった。

週末には、年内の試合が2試合消化される。師走の2連戦だ。

その2試合が終われば、5代目新田ジュニアの娘たち ○奈と弥○の残りの公式戦は、残り2試合になる。

新田ジュニアの新チームへの切り替えは、6年生が卒業してからだ。よそのチームは、すでに新チームで始動しはじめているチームもあるようだが、これは監督である自分の方針である。

今まで頑張ってきた6年生。ジュニアバレーと言う時は今しかない。在籍している以上、最後の最後まで6年生を使いたいという自分の考えである。この方針はチームが存在し続ける以上、ずっと続けていくつもりだ。

年明けに5年生大会が予定されているが、6年生の二人には後輩の指導をしつつ自分のスキルUPを図らせるつもりだ。先輩として後輩達に残せるものをしっかりとさがしてほしいと思う。3月まであと3ヶ月だが、5年生大会の練習期間を除けば、5代目新田ジュニアの○奈と弥○との時間は実質3週間たらずしか残っていない。

大切な大切な5代目新田ジュニアの二人との時間を有効に使いたい。

年明けの3ヶ月は、毎年身を削るような思いでバレーをしている自分である。

また、今年もこの時期が訪れたんだな〜・・・

週末の試合、娘達の気持ちを高めて挑みたい!!

まずは、奥○後 会長杯である!!

posted by 新田ジュニア H監 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

練習試合

黄色い風に誘われて、久しぶりの練習試合に臨んだ。

対戦チーム

由○川イエローさん ・ 浜○さん ・ ○川さん ・ 別○西さん ・ 東○分さん

参加チームの子供達、指導者の皆さん、保護者の皆さんに感謝である。

新チーム中心の練習試合と言う趣旨の中、新田ジュニアは終日6年生を起用して練習試合をさせていただいた。快く承諾してくれた各チームの監督・コーチの皆さん、ありごとうございました。

師走の連戦に向けての練習試合。終日どこかに置き忘れてきた○色い声を取り戻す為の練習試合となった。

チームのリズムを作るのに必要な事、やはり声である。

大きな声、元気な声ではない。リズムを作り出すために必要な声とは、喜びの声である。

1点をとることの喜び!自分が得点した時には喜ぶ!!自分の仲間が得点した時には、自分が得点した時以上に喜ぶ!!その歓喜の声こそがチームの原動力、リズムになってくると自分は考えている。

そして1点を喜べる選手は、1点に泣ける選手でもあるのだ。

喜びがわからなければ、悔しさもわからない。

娘達には、コートの中でしっかりと自分を表現できるようになってほしいものである。

今日学んだ大切な事をしっかりと来週の2連戦につなげたい。

明日からの残りの練習を充実させなければならない。

今日の練習試合の中、気になる選手が一人いた。

黄色い新鍋チャンである。

コートの中での動きを止めないステップ、前に出る気持ちの表れが外から見ていても気持ちの良いものがあった。新田ジュニアの娘達にも見習わせたいところである。また次に出会うのが楽しみである。

いよいよ5代目新田ジュニアの試合も残りわずかとなってきた。次の試合に娘達をどれだけ上げてあげれるか、が自分にとっての課題である。

明日もまた、練習あるのみだ!!

posted by 新田ジュニア H監 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

川○コーチの想い

現在、精神的に伸び悩み中の新田ジュニアの娘達・・・

やる気、覇気、気合いがコートの中で中々表現できない娘達だ。

そんな娘達を見かねてか、川○コーチがある行動にでた。

川○コーチがマイボールを持参して、そのマイボールに娘達の目標を書く様にしたのである。

そして、練習中見えるところにいつもそのボールを置いて、自分達の目標を娘達に意識してほしいとの行動である。

娘達にわかってほしい。

ボールに目標を書くことの意味、他人のボールに文字を書くことの重み、そしてそのボールに書いた確固たる目標を達成させるための努力。

軽はずみな想いで書いてほしくない。あいまいな目標を書くことは川○コーチの想いを踏みにじることになるのだ。

いつも、監督である自分に足りない部分を、娘達に対する優しい愛情でフォーローしてくれる熱い想いの川○コーチに感謝である。

川○コーチの熱き想い、娘達が少しでも感じてくれることを願いたい。

川○コーチのマイボールが、川○コーチの熱い想いと、娘達の気持ちでいっぱいになることを願いたい。

posted by 新田ジュニア H監 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月02日

スポ少全国予選

師走の3連戦の初戦。スポ少全国予選が明日行われる。残り少なくなった5代目新田ジュニアの娘達との大事な試合に、仕事の為参加する事ができない。悔しい気持ちでいっぱいである。

先日の練習では、試合前にもかかわらず、気迫を感じない娘達の姿があった。試合前の大事な練習と言うのにやる気と言うか、娘達の意思が全く感じられない。

大切なジュニアバレーと言う時間。戻りたくても時は巻き戻しは出来ない。子供達にとって「今を大切に!!」と言っても、分からないかもしれない。バレーボール一色になれというのも難しいことなのかもしれない。しかし、自分の好きな事には、全力で打ち込める人になってもらいたい。

なんで、あんなに覇気が無いんだろう・・・試合前の大切な練習で娘達の気持ちをあげることが出来なかった。監督である自分にも原因はあるのだろう。

最近、仕事が忙しくバレーに集中できていない。忙しさのあまり、全ての事が後手後手になっている。身の回りの整理整頓もできていない。忙しさにかまけて、その場その場をやり過ごしている感じだ。

以前は、終始バレーの事を考える時間があり、試合毎や練習毎に気持ちの切り替えや整理ができていた。ココロに余裕があったのだろう。

今はココロに余裕がない。そんな余裕のなさが、きっと娘達に伝わっているのだ。どんな状況にあったとしても、ココロに余裕をもてるように与えられたことをしっかりとこなして行きたい。

反省しなければならない。

明日は、川○コーチにチームを託して出勤である。仕事の最中も娘達の活躍を祈りたい。

年内残り3試合。娘達の笑顔が沢山みられるように、ココロに余裕をもって指導にあたりたい。

娘達の覇気を取り戻せるように頑張りたい。

posted by 新田ジュニア H監 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする