2011年05月29日

審判講習会

先日県中地区審判講習会が行われ、H23年度の審判実施要綱が伝達された。

大きなルール改正はないものの、細かい反則やルールの確認がなされた。

ルールブックを熟読し審判の責務について理解を深めておきたい。

今日の練習では講習会でのことを娘達に指導した。

パスやスパイクも大事であるが、やはりルールを知らなければバレーは出来ない。ルールの説明やラインズマンのフラックの振り方などを再確認。小一時間ほどルールの勉強に取り組んだ。

(以下のURLにて、バレーボールルールのテストができます。興味がある方は挑戦されてみてください。)

http://www.volleyball.gr.jp/cgi-bin/qindex.cgi

実際にゲームをしながら、娘達を審判台に立たせて審判の練習もした。反則をとる為に、審判に笛を吹かせるよう、自分で反則を考えてやってみるように娘達に伝えた。

実際にやってみることで反則やルールを覚えることができるのである。しかしながら、わざと反則を犯すというのは娘達にとって難しいようで、反則を繰り出すために悪戦苦闘する娘達の姿がほほえましかった。

バレーボールを知る事で技術の上達につなげられる。

少しだけ成長した新田ジュニアの娘達であった。

posted by 新田ジュニア H監 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

練習試合〜ブログでの繋がり〜

県大会予選前、練習試合に頑張った。

参加されたチームの子供達、指導者の皆さん、保護者の方々に感謝である。

特にこの練習試合のお誘いをくれた「妙天平山さん」には本当に感謝だ。

今回の練習試合、自分としてはとても楽しみにしていた練習試合であった。

自分のブログにコメントを頂いた「妙天平山さん」からのお誘いで実現したこの練習試合。まさにネットで繋がった御縁である。(コメントを見るには以下のURLにてご覧下さい)

http://aratajr-h.blogzine.jp/blog/2010/07/post_8380.html

妙天平山さんは野球のご指導をされており、娘さんがジュニアバレーをされている。息子さんは野球をされていたそうで、指導者として親として共通する部分を感じる。

昨日の練習試合では、つかの間の親としての時間を体育館にて過ごされていたようだ。ゆっくりお話できなかった事が残念であるが、機会があればまたお話させていただきたい。機会がありましたらまた御願いいたします。本当にありがとうがざいました。

さて、練習試合での新田ジュニアの娘達。

県大会前の前哨戦として臨んだ試合であったが、終日ダメダメの新田ジュニアの娘達・・・月曜・木曜とホームの体育館でよい形で練習を終えて意気揚々と臨んだ練習試合であっただけに、練習の成果が出せなかったことがくやまれる。

親バカと言う訳ではないが、新田ジュニアの娘達は出来る力を持っている。その力を発揮できない要因をしっかりと探し、取り除いて持っている力をコートの中で出させてあげたい。

技術と言うよりもココロの状態が大切な様に思える。娘達のココロの指導・・・指導者としてまだまだ勉強が必要なようだ。娘達のココロの状態、指導者としてのココロの状態、チーム全体のココロの状態を上向きにしなければならない。

目標の試合まで後1週間。

1週間かけて娘達のココロを快晴の状態にもっていきたい。

接近中の台風を吹き飛ばす勢いで練習に励みたい。

DSC0004.JPG

 

 

posted by 新田ジュニア H監 at 11:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

ノートの目標

先日の練習、バレーノートに練習に向けての目標を自分で書いて、その目標を全て達成した娘がいた。

5年生の結○だ。

結○のノートには、

「今日の練習で頑張る事」

・キャプテンと同じ気持ちになる

・シート練習でフェイントのボールを拾う

・声を出す

・練習の最後に笑顔で終わる

など、数項目の目標が書かれていた。

練習前に確固たる目標を掲げ、それを達成する為に考え、工夫し実行する。とても大切な事である。書くだけなら誰にでもできる。書いた事を実行すると言う事は大人でも容易な事ではない。しかも、掲げた目標を全て達成するとなるとかなりの努力と意思が必要だ。

その容易でないことをやってのけた結○の頑張りを褒めてあげたい。

練習後の整列時、キャプテンと同じ笑顔で輝く結○の顔があった。

ノートの活用がうまく出来た結○であった。

最近ノートをサボり気味であった結○。

ブログのコメントにも、茉○ママが書いていた!

「バレーノート、大事だぞ!!」

posted by 新田ジュニア H監 at 18:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

勝利を呼ぶ・・・

試合当日の朝、いつもの様に新田小学校の体育館へ向った。

体育館に到着し車へ荷物を運びこんでいると、○里が体育館の入り口であるものを発見した。

「監督、クワガタ!」

少々肌寒い朝、夏の足音を感じさせるちょっと早めのクワガタのお出ましであった。

cDSCF0001.JPG

これは、新田ジュニアに勝利をもたらす為に現れたに違いない!と勝手に解釈し、

「勝利のクワガタ様」

と名づけた。

クワガタ様に見送られながら新田小の体育館を出発した。

良い結果で大会を終えるはずであったが、他力本願で勝てる程あまくはない・・・まだまだ練習が必要な新田ジュニアであった。

大事な大会を前に娘達の調子が上がり始めている。

今度の大会では、勝利のクワガタ様にしてやれそうである。

夏の到来も、すぐそこである。

posted by 新田ジュニア H監 at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

ココロのバレー 〜キャプテン ○奈の進化〜

先日の練習から、キャプテンである○奈のココロに進化が見られた。

3分間のレシーブ練習。繰り返し、繰り返しボールを追わせ声を出し続けさせた。コートの中で走る。声を出す。追い詰められた環境の中で○奈のココロがはじけた。

やらされるのではなく、自ら練習に挑み乗り越えようとする事で○奈のココロに変化が現れたのだ。偽りのないココロの底からの叫びにも似た声で自らを奮い立たせようとする○奈はコートの中で輝いていた。

そして、そのココロの底からの声が周りをも巻き込み、チームメイトのココロとココロを繋いだ。

キャプテン○奈の声と練習に対する姿勢に触発されるように、下級生達の声も自然とおおきくなった。キャプテンの頑張る姿に皆が引き込まれたのである。

気持ちが上がると、不思議と良いプレーも生まれる。

高鳴るココロから打たれた○奈のスパイクは今までに無く最高のスパイクであった。

その日の練習終了後、整列した○奈は最高の笑顔で練習を終えた。

あんなきつい練習の後、あれほどすがすがしい顔で練習を終えた娘を見たのは初めてだ。よほど自信になったに違いない。

自らが頑張ることで、周りの娘達のココロを動かせる力をキャプテン○奈は持っている。成長を続けるキャプテン○奈と共に、来る県大会予選に挑みたい。

県大会予選まで後わずか!

頑張ろう!キャプテン ○奈!

DSCF002.JPG

posted by 新田ジュニア H監 at 19:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

試合後の練習

O・リーグ翌日、午後からの練習に頑張った。

新チームに切り替わってから、過密な試合スケジュールが続き、チーム練習が出来なかった最近。今日はホームの体育館で久しぶりの練習となった。

最近の試合では、なかなかリズムに乗り切れない娘達・・・。県大会前の本日の練習、娘達のやる気のココロを引き出す為、少々荒めの練習に取り組んだ。

ボールを追わせコートを走り回らせ、時にはボールをぶつけ娘達を追い詰めていく・・・

これでもかと言うくらいボールを負わせて、声を出させて追い詰めていくうちに娘達のココロに変化が見えてきた。必死になる事で集中力が生まれ、持っている力を発揮できるようになってきたのである。声を出し、必死になり、汗まみれになりながらボールを追うことでコート内での気持ちも繋がってくるのだ。

追い詰められた集中力の中から、キャプテン○奈が、素晴らしいスパイクを決めてみせた。

やれば出来るのである。

このテンションを落とさずに、娘達のココロを県大会予選まで引っ張りたい。

しかしながら、追い詰められてやっと力を出せるようになるのでは駄目である。娘達に練習の中でしっかりと自信をつけさせて自らの力で輝く姿を見せてほしい。

県大会予選までの娘達のココロのバランスを保ちつつ、モチベーションのUPに努めたい。

県大会予選まで、娘達のココロと格闘である。

posted by 新田ジュニア H監 at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

O・リーグ 〜第1節〜

奥○後バレー連盟主催の恒例のO・リーグが、お○小学校を会場に行われた。

5代目新田ジュニアの娘達にとっては、7試合目の公式戦である。

参加チーム 11チーム。

参加された各チームの皆さん、大変お疲れ様でした。

開会式の連盟会長の挨拶に、「この大会は年間を通しての成績を争うのでトーナメントの様に負けたら終わりではありません。試合をしっかり楽しんでください」との言葉があった。

新田ジュニアも、今日のO・リーグはメンバー全員を試合出場させた。

対戦相手は以下の通り。

VS 千○

VS ○方アローズ

VS お○

VS 緒○ジュニア

4試合を消化したものの、リズムに乗れない娘達のい姿があった。

県大会予選を目前に、課題の残る試合内容であった。県大会予選までに修正を施さなければならない。

この大会に、3月の移動で新田小学校から転勤された菊○先生が応援にかけつけてくれた。

cDSCF0003.JPG

離れても尚、子供達の事を気にかけていただける。ありがたい事である。学校以外の活動を先生に見てもらえる事は娘達にとっては、かなりの力になるようで、張り切る娘達の姿があった。良い結果をお見せできなかった事は残念であるが先生よりお褒めの言葉をいただいた。胸に受け止めて頑張りたい。

次は県大会予選。娘達がしっかりと輝けるように、指導に熱を入れたい。決戦の日まで後13日である。

posted by 新田ジュニア H監 at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

happy birthday 〜その3〜

先日の練習日、新田ジュニアの娘の誕生日が重なった。

5年生のな○さの誕生日である。新田ジュニア恒例のhappy birthday songで誕生日を祝った。

dscf0002.jpg

先日のブログでもお伝えしたが、前回の試合の敗戦から練習に熱を入れるな○さ。出来ない事を出来る様に努力するな○さの頑張りは明日の試合で必ず良い結果を生み出してくれるに違いない。

明日は奥○後バレー連盟の主催するリーグ戦第一節のO・リーグが開催される。年間を通しての成績で優勝を争う大会だ。

明日のO・リーグではな○さの誕生日に勝ち星を添えられる様頑張りたい。

娘達の頑張りに期待である。

 

posted by 新田ジュニア H監 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

その後のチビ達 〜2年生トリオの活躍〜

上級生の娘達を尻目に、2年生のチビ達が驚異的な頑張りを見せている。

○結 ・ ○海 ・ 玲○奈 の3人のチビ達だ。

この3人のチビ達が今、試合出場を目指してがんばっている。

先日の練習試合では、相手チームの指導者の方のご配慮で低学年チームでの練習試合をする事ができ、2年生トリオを早速投入!今までピンチサーバーでしか試合にでていなかったチビ達が練習試合とは言えど、初めて1セットまるまる試合に出場した。

初めての試合であったが、2年トリオの動きがいい!

コートの中の声も上級生顔負けのはつらつとした声!ボールに触ろうと、動き回るチビ達の顔は真剣そのものだ。バレーが楽しくてたまらないらしい。これが良いのである。サーブを失敗しても、監督である自分や、川○コーチに注意されて怒られてもバレーが楽しいのである。コートの中が楽しくてたまらないのだ。

最近では、練習中でもチビ達の勢いに上級生がのまれている。監督である自分も、チビ達に

「監督、どうして私達を試合に出してくれんのっ!!」

などと怒られる始末である。なんともなんともであるがこの勢い、気持ちをそのままに成長していってもらいたいものである。

さぁ、果たして次の試合で出番はあるのか?2年生トリオの今後の練習次第だな。

頑張ろう! ○結 ・ ○海 ・ 玲○奈

dscf0003.jpg

posted by 新田ジュニア H監 at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

強いココロを手に入れろ!〜成長しようとする な○さ〜

不調続きであったな○さが、今成長しようともがいている。

先日の試合でも、終始調子の出ないままであったな○さ。後日のノートには、悔しさと前に進もうとするな○さの意気込みがつづられていた。内容については、ブログに書くことは控えたい。

さぞかし悔しい思いをしたであろうな○さの思いと、その悔しい気持ちに負けることなく立ち向かおうとするな○さの意思が書かれたノートであった。

書く事で自分の目標や今やらねばならぬことが明確になる。

な○さの意思がだんだんと練習に表れ始めた。

先日の試合での敗戦から始めたレシーブ練習。な○さのレシーブに変化がみられてきた。そのレシーブ練習の際の仲間への声かけにも変化が現れはじめている。

自分自身に強くなりたいと言うな○さの意思は練習中の態度からも伝わって来る。このな○さの意思がチーム全体に広がる様に指導を施したい。

次の試合では、練習した成果が試合と言う発表の場でしっかりと出せる様に頑張ってほしい。コートの中に自信満々で立つ な○さ の顔とコートの中で輝く姿を見れるのが楽しみである。

posted by 新田ジュニア H監 at 00:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

県中地区交流大会

県中地区交流大会が、大分市内小学校を会場に行われた。

5代目新田ジュニアにとっては、早くも公式戦6戦目である。3チームでのリーグ戦の後、1位チームが決勝トーナメントに進出できる。

この日の新田ジュニアの娘達、終始ココロの弱さが見えた試合であった。

サーブレシーブからの乱れ、トスの乱れから攻撃に繋がらない・・・

良いトスがあがっても決め手がない・・・

娘達が皆「ボールが私のところに来なければいいのに・・・」そう思いながらプレーしているように見えた。そんな弱気な娘達は当然決勝トーナメントにあがれることはなかった。ココロの弱さが娘達の実力の半分以上を奪ってしまった。会場でお会いした某チームの監督さんに

「監督やコーチ、ベンチの精神状態がコートの子供達に表れるのだ」

と注意を受けた。確かにここ最近、娘達を気持ちよくコートに送り出す事が出来ていない自分がいるのは分かっていた。

ありがたい忠告をしっかりと受け止めたい。

保護者の皆さんにも、早朝よりお付き合い頂いたのに娘達の輝くところをお見せできなくて申し訳ない。

出来る力を持っている娘達。娘達の輝くところをお見せできるよう、また練習です。今後ともお付き合いを御願いいたします。

次は、O・リーグ!

敗戦から得たものを次の試合で活かしたい。

娘達とまた、練習あるのみである。

posted by 新田ジュニア H監 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

ココロの指導

新チーム5代目新田ジュニアに切り替わって早いもので1ヶ月が経過した。年間のスケジュールの試合もすでに5試合を消化した。

新チームに切り替わって以降、娘達のココロの指導におわれている。バレーボールを一生懸命取り組んでくれる事はありがたいのだが、他の事(学校生活や守らなければいけないこと)がおろそかになっている。

集合時間に遅れる、試合前日の用意を自分でしない、宿題をしないまま学校へ行く、忘れ物が多い、何度も何度も同じことを注意される。

本来であれば言われなくても出来る事が、言われても出来なくなっている。

娘達には、学校で出来ていない事は体育館にきても出来ないし、体育館でできなければ学校でも出来ないと指導している。

いくらバレーボールがうまくてもバレーがうまいだけでは駄目なのである。

今日も体育館に入るなり、4名の娘を指導した。過去数回注意をしていたが、反省の色が見えない。ココロの指導を施した。

4人の娘達のココロにどれほど響いたのか?今後の娘達の行動に着目したい。

そんな中、下級生の2年生トリオが良い感じでチームを動かしている。2年生トリオの活躍については後日のブログでお伝えしたい。

チビ達の頑張りややる気を見て、何かを感じてもらいたい。

バレー技術の向上の前に、娘達のココロの向上に努めたい。

ココロの指導、娘達のココロの鐘にしっかりと響く様、伝えて行きたい。

明日は、5代目新田ジュニア第6戦 県中地区交流大会である。

posted by 新田ジュニア H監 at 22:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

OG達の活躍

ゴールデンウィーク中、新田ジュニアは練習をお休み。

ジュニアの練習の休みの合間をぬって娘の部活の練習試合に同行した。

中体連の県大会予選を前に三○中バレー部も練習に励んでいる。

DSCF0004.JPG

現在、バレー部には2代目新田ジュニア 5名 3代目新田ジュニア 3名が所属している。

娘も県大会出場を目指して練習を頑張っている。

OG達の活躍は、現役新田ジュニアの娘達にとって励みになる。目標に向ってしっかりと頑張ってほしい。

新田ジュニアも、ゴールデンウィーク明けの明日は練習試合、その翌日は県中地区交流大会である。先日の大会での課題を埋めつつ、練習に取り組みたい。

posted by 新田ジュニア H監 at 17:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

童話の里玖珠町・小学生バレーボール大会

5代目新田ジュニア・公式戦第5戦 童話の里玖珠町 小学生バレーボール大会が県内・外より48チームを集めて玖珠B&Gをメイン会場として行われた。

主催していただいた、玖珠郡バレーボール協会・玖珠郡小学生バレーボール連盟、協賛をいただいた玖珠町内の関係各所の方々、後援を頂いた企業の方、そして参加48チームの子供達、指導者の皆さんに感謝である。

昨年度から参加させていただいているこの大会、きっかけは3代目新田ジュニアの湯○院での練習試合、玖○ジュニア総監督であるM監督との出会いからである。

3代目新田ジュニアの娘達が作った繋がりに本当に感謝だ。

開会式では、主催地のチームである玖○JrVBC男女チームのキャプテンであろう2名のふんする桃太郎とかぐや姫が歓迎の挨拶をしてくれた。

jDSCF0007.JPG

ココロ暖まるもてなしだ。

さて、今回の試合、新田ジュニアは予選Gパートにて、玖○JrVBCさん、○UKUSHIクラブさんと対戦させていただき、決勝トーナメント(かぐや姫パート)進出をかけて戦った。

予選第1試合、VS ○UKUSHIクラブ

隣県である福岡県のチーム。元気いっぱいのムードのとても良いチームであった。めったに対戦する事のない福岡県のチーム、新田ジュニアとしては良い経験をさせていただいた。ありがとうございました。

第1セット、1番手結○のサーブでスタート。

しっかりと出だしのリズムを作る。続く2番手果○、3番手○奈、4番手○里とサーブの調子が良い。中盤まで良いリズムで試合を運んでいた。しかし、試合開始直後から硬さの取れない5年生達の動きの悪さから終盤リードを縮められ、ついには逆転を許し第1セットを25対23で落としてしまう。レシーブの要であるな○さとセッターの結○のトスの乱れがスパイクへの組み立てに至らず得点できなかった。

第2セットでも結○とな○さは復調しない。トスの乱れから失点をしていく中、川○コーチからの提案でレフトの○奈をライトへ移し、トス幅の少ない結○のフォローをするシフトをとった。これが何とか機能し2セット目を奪いかえす。

よき作戦参謀が隣にいてくれて本当に助かった。

やっとエンジンのかかり始めた新田ジュニアの娘達。第3セットはいつものバレーで勝利!辛くも初戦を突破した。

第2戦 VS 玖○JrVBC

全員で一生懸命ボールを追い粘り強いバレーをするチームだ。あの子供達の一生懸命さはお手本にしたい。練習で鍛えられている事がよくわかる。

第1セット、試合に臨む娘達の気持ちに緩みが出て1セット目を簡単に落としてしまう。自分達の試合にしっかりと臨む気持ちができない5代目新田ジュニアの娘達。

第2セットも足踏み状態が続いて冷や汗をかきながら第2セットを奪った。相変わらず復調の兆しが見えない結○とな○さ。このリズムの悪さをカバーしたのが、4年生のあ○さだ。

このところ急激な伸びを見せているあ○さ。

dscf0010.jpg

特にサーブは勢いがついてきた。そのサーブで連続ポイントをとり第2セットをとるきっかけとなった。おおいに活躍をしたあ○さであった。

本日2回目の3セット。あ○さの作ったリズムをそのままに勝利。

Gパート 1位通過で、決勝トーナメントかぐや姫パートへの進出をきめた。

会場をメイン会場であるB&Gへ移動し、決勝トーナメント VS ○MIクラブ

機動力のあるバレーをするチームだ。レシーブも素晴らしいがスパイク力もある。そのスパイクをこちらがレシーブする事ができない。その上、自分達のリズムを自分達で断ち切るサーブミス、がむしゃらに打ちネットにかけて自滅するスパイクなどミスを連発。

決勝トーナメント、準決勝にて敗退。結果はかぐや姫パート3位と言う結果に終わった。

内容は悪かったものの、3位と言う結果で娘達には嬉しい盾と賞状・記念品の玖珠町の特産品であるお米をGETした。

Dscf0013

くじ運に助けられた部分もあるが、チームにとっては、久しぶりの表彰台。運も実力のうちである。この3位と言う結果は間違いなく娘達の頑張りで成し得た結果である。形に見える結果は娘達の自信に繋がる。素直に喜びたい。

しかしながら、この結果におごる事なく更なる練習に励まなければならない。近く行われる県大会予選に向けて課題の修正に努めたい。

決勝戦では、大○ジュニアさんと○MIクラブさんに大変良い試合を見せていただいた。

追いつき追い越せるように頑張りたい。

かぐや姫パート

優勝 大○ジュニアさん

準優勝 ○MIクラブさん

3位 GS院○さん ・ 新田ジュニア

各チームの皆さん、本当にお疲れ様でした。

jDSCF0017.JPG

posted by 新田ジュニア H監 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

練習試合〜VS ○野 〜

某チームの監督さんより、お誘いを受けゴールデンウィークの1日を練習試合に費やした。

6DSCF0001.JPG

参加チーム ○野 ・ ○畑 ・ ○岡エンジェルス ・ ○立 ・ 新田ジュニアの5チーム。

お誘い頂いたH監督、関係チームの子供達、各チームの指導者の皆さん、保護者の皆さんに感謝である。

まる一日の練習試合で、今後の課題をしっかりとみつける事ができました。お相手していただいたチームの皆さん本当にありがとうございました。

終日調子の上がらない新田ジュニアの娘達・・・

課題はやはり、レシーブだ。

いくら良いアタッカーがいても、レシーブが上がらないことにはスパイクには繋がらない。

今日は、な○さ のレシーブの乱れが目立った。

サーブレシーブの確率が一番多いポジションを守る な○さ 。このポジションのレシーブが勝利の鍵になるといっても過言ではない。そこのレシーブの乱れがあっては、攻撃を組み立てることが出来ないのである。な○さには、最近サーブについても課題をあたえている。サーブでも調子の上がらないな○さの姿が最近気にはなっていた。しかし、この不調しっかりと自分で乗り越えてほしい。これを乗り越える事でひとまわり成長する事ができる。

な○さ には、今日の悔しさをバネに頑張ってもらいたい。

そんな中、今日の練習試合で輝いた娘がいた。

セッターの結○である。先日まで結○は、トスUPに不安をかかえていた。トスの高さが出なく、アタッカーの○奈とのコンビネーションが合わなかったのである。

結○の為と言う訳ではなかったのだが、パス力の簡単なトレーニングを娘達に紹介し、自宅でのトレーニングを強制ではないが進めてみた。

セッターの結○は、このトレーニングを自主的に毎日取り組んだそうである。そのトレーニングの効果が今日の練習試合で現れた。結○のトスは見違えた様に変わりトスに高さが出ていたのだ。その高さのあるトスがアタッカーの○奈を光らせた。

元気いっぱいコートを走る結○の姿があった。

6DSCF0002.JPG

後は課題のレシーブである。

いいセッター、いいアタッカーがいてもレシーブが上がらなければ機能しない。

次の大会までに、この課題をしっかりと埋めたい。

練習あるのみである。

しかし、今日の結○の動きは良かった。結○の自主練習の成果に拍手である。

 

posted by 新田ジュニア H監 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする